MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×HOTSQUALL×FEELFLIP

2017.06.06UPDATE

2017年06月号掲載

Zephyren代表GEN氏×HOTSQUALL×FEELFLIP

HOTSQUALL:アカマトシノリ(Vo/Ba) ドウメンヨウヘイ(Dr/Cho)
FEELFLIP:TOMOYA(Vo/Gt) IKKE(Ba)
Zephyren:GEN(代表)
インタビュアー:米沢 彰

"激ロック"と"Zephyren"がライヴをテーマに、それぞれの強みであるメディア、ファッションをクロスオーバーする、次世代ロック・バンドを本気でサポートするコラボ・イベント"In The Family"。vol.1の開催を直前に控え、出演バンドよりHOTSQUALL、FEELFLIPのメンバーを集めZephyren代表GEN氏との対談を実施。イベントへのそれぞれの思い、そしてそれぞれの出会いなどを語ったインタビュー。

-まずは今回のイベント"In The Family"の立ち上げについて、GENさんにうかがいたいと思います。スタートするに至った経緯を教えていただけますか?

GEN:それはブログに書いたのでそれを読んでください、以上!

一同:(笑)

GEN:まぁ、昔の話になるけど、もともと一緒にブランドやっていたデザイナーがバンドマンで、よく一緒にライヴを観に行って、そこから友達が増えていって。そのうちバンドをサポートしていくようになって、"なんか面白いイベントやりたいよね"ってことになって。そのときにやったイベントが"旧A.V.E.S.T"で、実を言うと最初にやったのがSHIBUYA THE GAMEの前身のEarthly Paradiseだったんですよね。

一同:へ~!

GEN:もともとはそれでスタートして、だんだん"もっと面白いことやろう"っていうことになって。その旧A.V.E.S.Tのときに一番大きかったのは、メタル・バンドが2バンド出て、FLOW、10-FEET、妄走族、ラッパ我リヤも出て......っていうのがそのときの全盛期かな。そのあと、旧A.V.E.S.Tはなくなったんだけど、いろんなバンドと仲良くしてサポートしたりするなかで、"またイベントをやってほしい"っていう声が上がって、"じゃあ、A.V.E.S.Tやろう"ってことになったんだよね。それで、QUATTROでまたA.V.E.S.Tが復活して。そのときはUNITEDが出て、dustbox、10-FEET、DOORMAT、あとUZUMAKIかな。

一同:おぉ~。

GEN:それが復活一発目で。でも、そのときは別に毎年やろうとかいうわけでもなくて、また気が向いたらやろう、ってぐらいで。初めて自分がオーガナイザーとしてやったのが、そのQUATTROのA.V.E.S.Tだったんだよね。それまでは、一緒にブランドやってた仲間がやってくれてたんだけど、自分でやるようになってから、どんどん関わり合いが増えていって、それからこの激ロックでの連載も始まって。そのちょっと前に"PUNK Ollie"っていうイベントもやってたことがあって、そのときに出てたメンバーがMY FIRST STORYだったり、MAN WITH A MISSIONだったり、WANIMAだったり、SiMだったり。A.V.E.S.Tってやっぱ大きくやってるから、もっとちゃんと生々しいのも観たいっていうのがあって。今でこそ有名なバンドばかりだけど、そのときはまだお客さんも全然入ってないころで、むしろPUNK Ollieだから来てくれるお客さんもいて、自分で宣伝とかしながら自分のお客さんも集めて、ってやってた時代で。またそういうイベントができないかなって思って、それでこのイベントを立ち上げたんだよね。もちろんA.V.E.S.Tもあるんだけど、もうちょっと近いっていうか、もっとちゃんとみんなを観たいっていうのと、もっともっと若い子たちも引き上げていけたらいいなっていうのもあって。それで、このイベントを隔月でやろうってことになって。あとは、そこに行けばイベントがあって、楽しく酒が飲めてっていう、溜まり場っていうか、そういうのを作っていきたいなと。......まぁ、ブログにも書いたんで(笑)。

一同:(笑)

GEN:ブログはこんなに詳しく書いてないけどね(笑)。

一同:(笑)

GEN:ブログの方はね、なんとなく雰囲気で書いてあるから(笑)。

-今回のこの2バンドのイベントへの出演はGENさんからの声掛けですよね?

GEN:そう。

-2バンド、それぞれどういった理由で声を掛けたんですか?

GEN:まず、HOTSQUALLはA.V.E.S.T(※vol.10/2017年4月15日開催)のときは日程が被ってて。それが一番かな。

ドウメン:俺らが、下北でワンマンやってたんですよ。昼夜2公演っていうのがあって、それはもうだいぶ前に決まってたんです。そこに、まさかのA.V.E.S.Tが被ってるっていう。

アカマ:俺たちはA.V.E.S.T出る気満々だったのに、GENさんに"A.V.E.S.Tいつ出してくれるんですか?"って言おうとしたら、おいおい、被ってんじゃねーか!

一同:(笑)

ドウメン:さらに、NUBOのツアー・ファイナルが被ってたから、バンドがもう渋谷界隈に集まっちゃって(笑)。

GEN:まぁ、被ってたってのが一番だけど、あとはちょいちょい飲んでるからね(笑)。始めるにあたって、やっぱり親しいところと最初にやりたいっていうのがあって。撮影も然り、2バンドともよく知ってるというか、A.V.E.S.Tにも出演してもらっているし、もちろんライヴも何度も観てるし。じゃあ、今度こういうイベントをやったら、どういうふうに見えるのかなって。フェスとかA.V.E.S.Tで観るのと、今回みたいな規模で観るのとではまた違うのかなって。要はちゃんと観たかったんだよね。ワンマンとかフェスじゃなくて、いわゆるライヴハウスのイベントで観てみたいっていうのがあって。

-逆に2バンドとしては、声掛けを受けてすぐに決めましたか?

ドウメン:結構サックリ決まりましたね。

アカマ:一瞬だったよね(笑)。

TOMOYA:うちも即答しましたね。

IKKE:"聞いてみま......OKです!"みたいな(笑)。

一同:(笑)

アカマ:GENさんってやっぱ、手当たり次第に誘ったりしないから。人を見てたり、それこそタイミングが合わないと誘わないし。そういう人だから、そのGENさんが今"一緒にやろうよ"っていうことは、"あぁ、今なんだな"って。

TOMOYA:一緒ですね。

-HOTSQUALLはA.V.E.S.T vol.8に出演されていますよね。

GEN:あんときは......トリじゃなかったっけ?

ドウメン:トリではなかったですね。で、次の日が大移動だったんですよ。

アカマ:あぁ、そうだ! 四国じゃなかった?

ドウメン:四国かな。だから、"打ち上げ出たいなー"とか思いつつ、終わったら速攻出て、後ろ髪引かれながら四国へ向かうっていう(笑)。