MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

INCEPTION OF GENOCIDE

2017.06.12UPDATE

2017年06月号掲載

INCEPTION OF GENOCIDE

メンバー:Isam(Vo) Jiro(Gt) U-ske(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

東京発デスコア・バンド、INCEPTION OF GENOCIDEの1stミニ・アルバム『Bullseye』は、従来の凶暴なサウンドはそのままに、ライヴにおけるコール&レスポンスや、フィジカルに訴えるリズムやグルーヴ感に傾斜したタフな音像を掲げている。メンバーもツアーの経験が大きく今作に反映されたと言っているとおり、楽曲自体もスリム化を図り、1音1音の衝撃度は倍増された印象すら与える。聴き手との一体感を求め、初めてライヴを意識したという今作の内容について、メンバー3人に話を訊いた。

-今作はまた凄まじい仕上がりですね。

Jiro:前作と比べて、バラエティに富んでますからね。いままでの良さも残しつつ、また違うIOG(INCEPTION OF GENOCIDE)の個性が出せたんじゃないかと。

-えぇ、各曲の個性がより際立ってきました。

Isam:「Bullseye」(Track.2)、「Living this life」(Track.3)の2曲はJiroとふたりで作ったんですよ。デスコアはもともと複雑な構成だから、僕個人はもう少し聴きやすいデスコアをやりたくて。本当に僕らのやりたいスタイルを突き詰めた結果、「Bullseye」ができたから。僕の声質もいままでのハイトーンやロートーンのシャウトだけじゃなく、ほかの声色も出してみました。

-それが曲の表情の豊かさにも繋がっていると。

Isam:曲自体の表情が豊かだったので、それに合わせたことが大きいかもしれない。それとミックス、マスタリングも今回は別の方にお願いしたので、よりクリアなサウンドになったと思います。現代的な音作りだし、それも聴きやすさに繋がっているかなと。

Jiro:曲自体はシンプルになりましたからね。いままでと比べて速いパートが減って、ミドル・テンポだったり、重さを強調したんですよ。ドロップGチューニングの曲が3曲あるんですけど、特に「Living this life」は重めのミドル・テンポですからね。

-今作の中でも「Living this life」はとんでもなく重厚です。

Jiro:いままでのIOGになかった部分ですからね。

Isam:単調と言えば単調だけど、歌の譜割に関しては悩みました。リズムを重視して、縦ノリ、横ノリ、裏ノリをちゃんと意識しながら、言葉をはめ込みましたからね。それがうまくいったと思います。重いけど、ノれますから。この曲はリリックも一番悩みました(笑)。

PANTERADEFTONESを足して2で割ったような曲調ですよ。

Isam:ははははは。

Jiro:わかる気がします。リフを適当に弾いたものが採用されたんですけどね(笑)。

-U-skeさんはどうですか?

U-ske:シンプルになったと思います。いままで面倒くさい曲ばかり作っていたので、どうした? って感じですね(笑)。でも普通に作品を聴いたら、かっこよかったので。


今回はほぼ全曲、いままでとは違うことをやっているので、各曲に個性がある


-今作で新たに挑戦したことはあります?

Jiro:今回は僕らが初めてコーラスを取ったんですよ。「Crisis」(Track.1)、「Bullseye」は掛け合いも入ってますからね。お客さんとライヴでコール&レスポンスできたらいいなと。

Isam:それは僕がやろうと提案したんですよ。お客さんはキラキラした目で観てくれるけど、圧倒されている感じで......ただ唖然としてるんですよね。ライヴというより、映画を観ているような感じになっていたから。それじゃあ、楽しくないなと。それでコール&レスポンスを意識して、ライヴ感が出る曲を作ろうと。「The end of your time」(Track.5)以外はサビがあるし、「Crisis」でも掛け声を入れたかったんですよ。いままでは僕らとお客さんの間に距離があったので、それを縮めたくて。

-それはライヴで得た感覚が大きい?

Isam:「Bullseye」もツアー中に曲を考えましたからね。ツアーはやるものだなと(笑)。

Jiro:ほかのメンバーはいろんなバンドを経ているけど、僕はIOGで初めてツアーを経験したので、つらい部分もありつつ、勉強になりました。ツアーを経た結果が詰まった作品ですね。とにかく、今回はノリを重視したかったんです。お客さんと一緒に騒げる作品にしたかったから。「The end of your time」はいままでどおりのガチのデスコアになってますけど......僕個人は「Beating」(Track.4)が気に入ってます。エスニックな雰囲気があって......仮タイトルも"エスニック"だったんですけどね(笑)。

Isam:アラビア音階みたいな感じで、最高のフック曲になってますね。すごくいいと思う。