MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

touch my secret

2017.04.17UPDATE

2017年05月号掲載

touch my secret

メンバー:Anne(Vo/Gt) Chloe(Ba/Cho) Louie(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-人気ゲームのタイアップの話がきたときはどう思いました?

Anne:私はゲームに詳しくないので知らなかったんですけど、ほかのふたりは有名なゲームだから、知ってたみたいで。今は何でもやりたいと思っているので、すごくありがたい話だし、全力でやろうと。

Chloe:なかなかないチャンスですからね。こんな早くに話をいただけて、嬉しさもありつつ、頑張らなきゃいけないなと。挑戦でした。

Louie:僕は普段地元で遊ぶ友達にゲーマーが多くて、話をもらったときはオッ! と思いました。Chloeが言ったみたいに、これはほんとに頑張らなきゃいけないなと。

-「GET YOUR WORLD」(Track.1)は、人気ゲーム"GOD EATER ONLINE"のテーマに沿って作ろうと?

Anne:はい。だから、私はイチから勉強して、どういうストーリーか知ったうえで取り組みました。あと、(ゲームの)プロデューサーの方と話したときに、テーマは"暗闇から希望を見つけて、立ち上がっていく"ということで、"そのまま自分たちのバンド生活を投影していいから"と言われて、アニメのテーマに沿いつつ、自分に対しても歌ってる感じに仕上げました。イントロのギターも強めだし、好きな曲調ですね。

Chloe:正直言うと、まだつかめてないところもありますね。世界観のある曲なので、これをライヴでどう表現しようかなと。歌詞も好きなところがあるし、それも伝えられたらなと。

-好きなところとは?

Chloe:"ただ君の世界を守れるのは君しかいなくて"の歌詞とか......。

-Anneさんらしい歌詞ですよね。

Anne:前作はそういうニュアンスが多かったですからね。

Louie:この曲はレコーディングしているときも戦ってるイメージはありましたね。ライヴでもパワーだけじゃなく、身振り手振りでも伝えられたらいいなと。

-曲調的にはダンサブルなパートあり、壮大なスケール感もあり、サビは豪快に突き抜けてます。

Anne:歌モノだし、わりと素直にできました。今回は1曲1曲テーマもはっきりしてますからね。前作はわからないままやったところもあったので、気に入ってない音もあるんですよ。今回はtouch my secretのサウンドの形をわかったうえでやりましたから。より一歩前に行けたかなと。

-今作の中で「I am」(Track.4)はデジタル色の強い異色ナンバーですね。

Louie:同期、シンセ、ドラムもわりとバチバチしているけど、それも味になってるかなと。バラードの「mirror」(Track.3)を除いて、ほかの曲は全体的にパワフルで、ガツン! といってますからね。それぞれの曲でサウンドも違うし、生ドラムじゃない、機械っぽいものを使った曲もあるので。「mirror」は前作の「オレンジ」とはまた違って、サビは爽快感もあるし、そこがすごく好きなんですよ。

-バンド的に新しい挑戦というと?

Anne:「I am」ですね。歌は全部歪んでたり、歌詞も結構ひどいことを言ってますからね。

-はははは。

Anne:私的にはギター・ロックっぽくない曲調だし、歌と歌詞だけで伝えなきゃいけなかったから。最初はどうしようと思ったけど、そのまま自分のことを言えばいいかなと。この曲は自分がムカついたことを、そのまま書いてます。

-今作の中では一番驚く人が多いでしょうね。「I am」は振り切ってますもんね。

Louie:ライヴでやるのが楽しみですね。どんな感じになるのかなって。自分たちのパフォーマンスを含めて、お客さんはどんなふうにノるのか、その反応が楽しみですね。

-この曲はライヴを意識して?

Anne:完全にライヴ用ですね。ネタではないけど、ちょっと面白い曲があればいいなって。この曲は、ライヴでChloeが歌うパートがあってもいいのかなと。

-音源でもChloeさんは歌ってます?

Anne:レコーディングでは歌ってないです。女のバンドマンが言われて嫌な歌詞も入れてるので、そこはChloeが歌ってもいいかなと(笑)。

Chloe:この曲はお互いに助け合ってやってもいいかなと。模索中ですね。

-"豪華絢爛なそのネイルをピックにしてやろうか?"の歌詞はちょっと恐いです(笑)。

Anne:よくないですねぇ(苦笑)。

Chloe:Anneらしいけどね。

-"踊れない女に知る価値はない"の歌詞にはどんな意味があるんですか?

Anne:簡単に言うと、私たちの年齢で、金持ちの男性の助手席に乗ってる女の人に......ギターを背負ってスタジオに向かう自分たちを見下されているような感覚があって。じゃあ、その男がいなくなったら、あなたの価値は何ですか? 自分で踊れないでしょ? って。女に向ける女の感情って、リアルだし、鋭利ですからね。