MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

PassCode

2017.04.18UPDATE

2017年04月号掲載

PassCode

メンバー:南 菜生 今田 夢菜 高嶋 楓 大上 陽奈子

インタビュアー:吉羽 さおり

-バンドの見せ方とも、いわゆるアイドルの見せ方とも違いますしね。

南:模索やな。手探りで。

今田:最近はバンド・セットが増えてたから、音源でのライヴのときに差を感じたりして、そのバランスが難しかったりしますね。今までは音源でのライヴが多かったから、逆にバンド・セットでのライヴが不安だったんですけど。最近は音源の方がより、どう見せていけばいいか、難しい感じが増えました。

高嶋:後ろにバンドさんがいないと、より4人のダンスも見られますし。

大上:どちらの形でも、私たちが納得できるようにするにはどうすればいいんやろうっていうのは、見つけたいところですね。

南:バンド・セットは自信持ってできるぶん、音源もライヴも上げていかないと。やっぱり音質的にも迫力的にもバンド・セットの方がいいと思うので。音源のライヴで見たときでも、かっこいい状態に持っていきたいですね。そこは、課題です。

-ライヴ以外で、例えば自分たちPassCodeをアピールする方法、知ってもらう方法として、何かやっていることはありますか。

南:ライヴのほかとなるとやっぱり、CDになるんですかね。音、音楽が、PassCodeの大きな魅力だと思うので。事務所が大きくはないので、特に何かほかのことはやっていないですし。音楽を聴いてもらって、いいよっていう口コミとかが、PassCodeにとっては大きな宣伝になっていて、とてもありがたいんです。その、いいよって言ってくれる人がもっと増えてくれたら、好きになってくれる人も増えると思うので。作品を大事に作っていくことを頑張っていくだけですかね。

大上:今回のシングルの初回限定盤には、昨年末の新木場STUDIO COASTでのライヴ(※"PassCode MISS UNLIMITED Tour 2016 at STUDIO COAST")のDVDも付いているんですよ。まだライヴに行こうかどうか悩んでいる人や、ライヴに行って大丈夫かなって思っている人が、それを観て、面白そうって思って来てくれたらなという思いがあるんです。この新木場でのライヴ映像は、自信があって。みんなで観たときも、"かっこいい!"って思ったんです。

南:PassCodeのライヴ映像をよく楓ちゃんと一緒に観るんですけど、"かっこいいやん!"、"一番かっこいい!"ってすごく褒めるんですよ。それを横で聞いて、また嬉しい気持ちになって、頑張ろうなって思うんです(笑)。

高嶋:特に新木場のライヴではカメラ・ワークとか映像がきれいで、臨場感があるんですよ。PassCodeのライヴがどんな感じかが伝わりやすいんです。

南:今、トレーラーも公開されているんですけど、トレーラーの頭から、客席がパッと映るとそこでサークルしていたりして。観ていてすごい面白いし、自分たちでも交ざりたくなるような映像なんですよ。1回でいいから、自分たちがライヴしてるのを客席で観たいくらい。

大上:観たい!

-たしかに観れませんもんね(笑)。6月からはツアーもありますが、今年実現したいことは何かありますか。

高嶋:これまではワンマンでのツアーも多かったんですけど、6月のツアーは初の対バン・ツアーなので楽しみですね。

南:3ヶ所のショート・ツアーなんですけど、ジャンル問わず対バンを呼んでいるので。PassCodeはジャンルにこだわらず頑張りたいというのは、目標なんです。対バン相手のことを観に来た方でも、PassCodeのことを好きになってくれるようなツアーにしたいです。すごく楽しみですね。

高嶋:バンド・セットでツアーを回って、自信がついたので。今年は、そのバンド・セットで、フェスにもいっぱい出たいです。

大上:そこで初めて観てくれる人も多そうですし、観てもらえたらいいなって思います。