MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NoGoD

2017.04.21UPDATE

2017年04月号掲載

NoGoD

メンバー:団長(Vo) K(Dr) Kyrie(Gt) Shinno(Gt) 華凛(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-今までもダークでシリアスな楽曲はありましたけど、今作は1曲1曲がよりディープで、独自の世界観を持つ曲調が揃ったなと。

Kyrie:今回の3曲はダークでゴシックな雰囲気を持ったものを選びました。

団長:アーティスト写真もそういうイメージですからね。大人というか......。

-大人のNoGoDを見せたかった?

団長:次はまた普通にガチャッとしたロックをやるかもしれないけど、"今の俺たちならできるでしょ!"って。

Shinno:今作は団長のヴォーカリストとしての表現力の豊かさが出てるかなと。楽器も当然大事だけど、歌を聴く人が多いと思うんですよ。歌、歌詞の良さが前面に出てますね。

-演奏面で特に心掛けたことは?

Shinno:シンプルさを意識しました。どうしても入れたいフレーズは入れてるけど、昔だったら、我を出して音がケンカしていたところも共存できるようになりました。メンバー個々が自分の役割をわかったことが大きいですね。

K:今まで以上に感情を擦り合せたんですよ。曲に対する感情の出し方はそれぞれ違うけど、それがひとつにまとまるようにしようと。だから、凝縮されて濃いものになったと思います。特に「Missing」はそうですね。

華凛:「Missing」の2回目のBメロはもともとベースが入ってなかったけど、後半にベースを入れてみたくて。昔はソロっぽい目立つフレーズを入れてたけど、シンプルなベースが入った方がもっと面白いのかなと。極力シンプルにした結果、NoGoDの色もより濃く出たと思います。

団長:今回は「Missing」、「Nightmare」はKyrieが歌詞を書いてて、それも珍しいですからね。最後の「不完全肯定論」だけ俺が歌詞を書いたんですけど、この曲は今回のシングルの中ではオーソドックスなNoGoDっぽい感じが出ている曲かもしれません。でも今回はあえて今まで表題曲にしてこなかったバラード曲「Missing」をリードにしようと。

-今作を通して、最も伝えたいことは?

Kyrie:作品通してのメッセージは特に一貫してないけど、どの曲もすごく内側を向いてるなと。

-内側を向いてますけど、外側へ向かおうというエネルギーを感じます。

団長:「Missing」では欠けているものを悔やんでいるKyrie、「不完全肯定論」では欠けているものを認めちゃう俺、という感じですかね(笑)。両極端な歌詞になってます。最後の「不完全肯定論」で俺なりの回答を用意したんですよ。欠けているなら、しょうがないでしょ! って。「Nightmare」は欠けている状況にモヤモヤした状況ですからね。

-そういう意味では、歌詞にもちゃんとストーリー性があります。では、今作のレコ発ツアーはどんな感じになりそうですか?

団長:今年は現メンバーで10周年を迎えますからね。去年から新人バンドの気持ちでやっているけど、今回のシングルの雰囲気を漂わせたモダンで大人なNoGoDも見せながらも、今までと変わってないところも見せられたらいいなと。ライヴでは「Missing」と以前の曲との融合だったり、今回のツアーは以前のNoGoDからさらに進化したものを見せられると思います。バラードは生で聴くのが一番だと思うし、ぜひ生で「Missing」を聴いていただきたいです!

-「Nightmare」もライヴで映えそうですよね。

団長:そうですね。あと、「不完全肯定論」はライヴの終盤でも使えそうな力強い曲なので、早くライヴで披露したいです。我々はどこまでいっても、ライヴ・バンドですからね。