MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

INCUBUS

2017.04.18UPDATE

2017年04月号掲載

INCUBUS

メンバー:Brandon Boyd(Vo)

インタビュアー:山本 真由

-先行シングル曲「Nimble Bastard」(Track.2)は、まさに今作を代表するような、スピード感があって力強いオルタナティヴ・ロック・ナンバーですが、反響はいかがですか?

今のところとてもエキサイティングな反響だよ。みんなポジティヴな反応を見せてくれているみたいだし、音楽メディアの人たちもインタビューをして僕たちと話をしたいみたいだし(笑)。......でも一番大事なことは、メンバーのみんなが嬉しい気持ちになっていることだと思う。バンドのすべてがいつもここから始まるんだ。メンバー全員が新しい楽曲について喜びがあると、それを人と共有したいと思う。共有したいってことは、自分たちのすごく厳しい評価に合格しているクオリティだってことなんだ。その過程を経てレコーディングして形にしていくから、メンバーの思いがポジティヴだと結果もポジティヴになるみたいだよ。

-今作では長年タッグを組んでいたプロデューサーのBrendan O'Brienではなく、MARILYN MANSONやOASISの作品を手掛けているDave Sardyを起用していますが、彼を選んだ理由は?

彼は昔からの友人だったけど、プロフェッショナルな関係は今までなかった。だから今回、仕事関係を築くいいチャンスだと思ってお願いしたんだ。Daveは僕たちのファンでもあったので、サウンドを知り尽くしていた。彼はクオリティの高いものを求めるタイプだから、常に押されて、いいものを作る意欲が溢れていたんだ。それで、レコーディングのプロセスの終わりの方でSKRILLEXとも仕事をすることになった。彼はアルバムの大部分に共同プロデューサーとして携わるだけでなく、アルバムのミックスも担当することになったんだ。バンドとしては、今までとまったく違う経験をすることもできたし、予期せぬ方向に向かったりもした。26年間バンドをやっているので、特にレコーディングのプロセスではいろんなことが起きることはわかっているんだ。今回は非常にいい方向に行ったと思うけど、"何でもあり"という精神に心を開かないといけないとメンバーは常に感じているんだ。余裕を持って取り組むといろいろな展開に自由に対応できる。これが大事だと思う。

-今回SKRILLEXが共同プロデューサーとして参加しているだけでなく、ミックスも担当したということですが、彼を起用した経緯は? また、彼との仕事はいかがでしたか?

本当に楽な作業だった。彼の人柄だよね。Michael(Mike Einziger/Gt)は別のプロジェクトで彼と一緒に仕事をしてたから、他のみんなより仲良くしていたけど、バンドとしてはSKRILLEXと仕事をしたことが今までなかったんだ。アルバムがほぼ完成していたときに、SKRILLEXがスタジオに友達として遊びに来て、アルバムを聴く感じだったんだけど、数曲聴いたあとに、"1曲リミックスをやってもいいか?"と聞かれた。僕たちは熱心に、"もちろんだよ! お願いします"みたいに答えた。2時間も経たないうちに彼はリミックスした楽曲を聴かせてくれて、あまりにも良かったので、アルバム全体のミックスを頼むと同時に、共同プロデュースも依頼した。随分あとの方での予想外の展開だったけど、僕たちは大満足しているんだ。

-さらに、DEFTONESのChino Moreno(Vo)とのレコーディング風景も公開されていますが、彼が参加した内容について教えてください。

まぁ、その曲はまだ完成してないからアルバムには含まれてないんだけど、近いうちに公開されると思う。Chinoがロサンゼルスに来ていて、同じように曲を聴きにスタジオに遊びに来てくれたんだ。なんとなく一緒に曲をやり始めたら、かっこいいものになったって感じ。