MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

(株)やみつきカンパニー

2017.03.15UPDATE

2017年03月号掲載

(株)やみつきカンパニー

メンバー:村田実果子 憑妄つく 五条香月 清乃きこ

インタビュアー:荒金 良介

-そうなんですね。やみカンの音楽的なコンセプトは?

五条:先にラウド、エモという音楽があって、それからコンセプトをどうするかという流れだったんですよ。最初に楽曲を聴かせていただいたときに、やりたいなと。

-みなさんの音楽の好みというと?

村田:私はハロプロとかのアイドル・ソングを聴いてました。バンドもクリープハイプとか、いろいろ聴いてます。あと、アニソンも好きです。"銀魂"が好きで、主題歌でSPYAIRを聴いて好きになりました。

五条:私はロックに詳しくないけど、ラウド、エモと言われる音楽を聴いたときに"やってみたい!"と思いました。やみカンはアイドルっぽくない激しい曲が多いから、やってみたいなと。

-やみカンを始めてから、いろんな音楽を聴くようになった?

五条:そうですね。シャウトが入ってるロックの方で、ヒステリックパニックさんとか。それで、シャウトでもいろいろあるんだなと。

憑妄:私はもともとアイドルオタクで、週末になるとイベントやライヴに行ってました。だから、基本的にアイドル、アニソンが好きですね。今はアイドルの中でも音楽性が多様化してるじゃないですか。いかにもアイドルっぽい曲も好きだし、PassCodeさんも好きだし、名古屋のゆくえしれずつれづれさんも、もともと好きだったんですよ。シャウトするアイドルさんが好きだったから、やみカンに入って良かったですね。

清乃:私は最初に椿屋四重奏相対性理論を聴いて、それからいろんなフェスや音楽に興味を持ちました。同じ名古屋のヒステリックパニックやフォーリミ(04 Limited Sazabys)も好きですね。

-そして、現在は唯一のMV「病ンデレ///Sickness」が公開されてます。ほかにも楽曲はあると思うんですが、この曲をMVに選んだ理由は?

憑妄:「病ンデレ///Sickness」は初めてやみカンのために書いていただいた曲なんですよ。ちょっとアイドルっぽいサウンドも入ってますからね。

五条:それ以外の曲は以前からあった曲なんです。

-「病ンデレ///Sickness」は、やみカンのキャラを踏まえた曲なんですね。

憑妄:曲に対して要望はしてないけど、激しさとアイドルっぽさがあるから、やみカンらしい最強ソングだと思います!

-では、ほかの曲はもっと激しいんですか?

憑妄:そうですね。最初に「病ンデレ///Sickness」を聴いたときは、いままでの曲と感じが違ったので驚きました。

村田:すごく病ンデレな歌詞なので、"オッ!"と思いました。今は社員からも一番人気なんですよ。

清乃:今流行ってるメンヘラっぽい歌詞だけど、メロディはポップですからね。そのギャップが私的には面白くて。

憑妄:社員の方にも、歌詞に共感できると言っていただけるので。

-社員の方はどこに共感するんですか?

五条:女性はちょっと病んでるところに共感できると思うし、男性は"俺もアイドル好きすぎて、病んでるよ"って感じかな。

一同:ははははは(笑)。

-曲調的にはスクリームが入ってるのもポイントですね。

憑妄:みんなでシャウトにトライしたときに、唯一私だけができたんですよ。それから私がシャウト担当になりました(笑)。

清乃:でも最近、私もできることに気づいたんです(笑)。もし(憑妄が)シャウトできない日は、カバーできたらいいなと思って、実は極秘で家で練習してます。でも難しいから、いつもやってる専務はすごいなと。