MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Sick.

2017.03.09UPDATE

2017年03月号掲載

Sick.

メンバー:詩季(Vo) 風輝(Gt) 吏(Pf) Avel(Ba) 豪(Dr)

インタビュアー:杉江 由紀

殺気さえ感じさせるほどの、鬼気迫る圧倒的音像。極めて切れ味が鋭く、聴き手の意識を斬りつけてくるようなハイトーン・ヴォーカリゼーション。そして、明確なメッセージとドラマチックなストーリー性を下敷きとした歌詞に、その世界観を如実に具現化したヴィジュアリズム......。まだ始動から半年も経っていないというのに、Sick.が提示するバンドとしての姿勢はあまりにも明確だ。このたび発表された彼らの2ndミニ・アルバム『II i I vii』は、あらゆる面でインディペンデントでありたいと願い欲するSick.による、シーンに向けたある種の宣戦布告とみていい。大阪発の異色にして異彩を放つ気鋭の新バンド Sick.が、いずれ世界を賑わせることになる日は近そうだ。

-昨年、大阪にて結成/始動したというSick.は、そもそもどのような志のもと、どうやって集まった面々なのでしょうか。

詩季:Sick.は、僕がひとり路頭に迷うところから始まりました(笑)。前にやっていたバンドが解散してしまったあと、自分から"新しいバンドを組まないか?"と人を誘ってはいたんですよ。だけど、どうしてもヴィジュアル系のシーンだと僕が目指していた激しいサウンドだとか、ヘヴィな音楽性で一緒にやっていきたいという人材があまりいなくて。かれこれ、1年くらいはまったくメンバーが決まらないまま途方に暮れていたんです。そして、そんなときに先輩の誘いで占いに行ってみたんですね。

-もしや、その占いで何かの啓示がありましたか!?

詩季:今になって考えると、そういうことになるんだと思います。まずは、"あなたは外国の人と縁があるよ"と言われたんですよ。まぁ、たしかに僕自身も母親が外国の人ですし、"なるほどな"とは感じたんですけどね。さらにそこで、"バンドのメンバーとしてはどんな人とやればいいですか"と訊いたら、"メンバーにも外国の人がいるといい。あるいは、何かに新しく挑戦しようとしている人、年下とも相性がいい"と言われて、ちょうどその次の日にメンバー探しのために行ったライヴハウスで、僕はベースのAvelとドラムの豪に出会ったんです。

-それはすごい。占いの次の日とは、さすがに運命的なものを感じますね。

詩季:Avelと豪はそれぞれ違うバンドで出ていて、Avelはもう見るからに"外国の血"が入っている顔じゃないですか(笑)。しかも、プレイもカッコいい。豪は豪で、使っているドラムがそれこそ激ロックが好きそうな人ならではのセッティングだったんですよね。だから、僕としては速攻で"僕はこういう者で、新しくバンドをやりたいと思っているんです"とふたりにすぐ声を掛けたんです。

豪:いや、そんな行儀のいい感じではなかったですよ(笑)。

Avel:いきなり、"俺とバンドやろうや!"みたいなノリでした(笑)。だから、最初は詐欺か何かかな? と思ったんですよ。"バンド資金が必要だから"って、お金を騙し取ろうとしている人なんじゃないかなって。でも、しばらく話をしていたらこの人は本気なんだなということがわかったんです。

詩季:詐欺だなんて、人聞き悪い(苦笑)。ちなみに、このふたりが当時それぞれやっていたのはヴィジュアル系とは全然関係ないメタルコアのバンドだったんですよね。だけど、話を聞いていたらふたりとも"次にやるなら、ヴィジュアル系のシーンでやってみたい"と言っていて、その点でも彼らは"新しいことに挑戦しようとしている人"に当てはまったんです。年齢的にも俺より年下だったし、"これは間違いない!"って俺はピンと来ました。

-では、ギターの風輝さんとはどんな接点が?

詩季:風輝とはもともと知り合いで、彼と僕はヴィジュアル系のバンドをやっていたんです。だからよく対バンもしていたし、ギターが上手だっていう印象も強くあったので、お互いのやっていたバンドが解散してからはよく一緒に飲むようになって、その流れのなかで自然と"一緒にやろうか"となった感じですね。

風輝:僕からすると、新しいバンドを始めるにあたっては制御不能なくらいに破天荒なヴォーカリストを探していたんですよ。言うたら"ケモノみたいな奴"を探していたんですけど、それが意外と身近なところにいました(笑)。

-なるほど。第5の男にして"Pianoforte."の吏さんとは、どのような出会いがあったのかも非常に気になりますが。

詩季:ものすごく簡単に言うと、吏は豪の友達です。

豪:実は、風輝さんが入る前に別のギタリストがふたりこのバンドにいたことがあるんですよ。そのふたりが抜けて、風輝さんが入ってきて"もうひとりのギターはどうしようか?"となったときに、"いっそのこと、俺らの音楽性やったらピアノがおった方が渋くてカッコえぇんちゃう?"という話になって、そこで僕の地元のツレやった吏に声を掛けてみたんです。"ピアノ探してんねんけど、お前入るか?"って。