MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BRIDEAR

2017.03.13UPDATE

2017年03月号掲載

BRIDEAR

メンバー:KIMI(Vo) 美弦(Gt) Misa(Gt) 晴琉(Ba) KAI(Dr)

インタビュアー:米沢 彰

-そうですね。それはすごく思いました。特にこの「Remedy」は......DESTINY POTATOって知ってます?

KIMI:わからないです。聴いてみます!

-結構面白いバンドなんですけど、こういうDjentノリの女の子のヴォーカルで。

KIMI:えー! 気になる!

美弦:何ポテトでしたっけ?

-DESTINY POTATOです、"運命のジャガイモ"......。

一同:(笑)

-めちゃカッコいいです。ちょっとそういうバンドとかと海外で共演したら面白いなと思いました。

KIMI:したいですね!

-ちなみに、海外でのライヴは対バン形式だったんですか?

KIMI:ほぼそうですね。9.5割くらい対バンで1公演だけワンマンがありました。

-海外で同じようなバンドとか、ガールズ・バンドとかと共演したことはありますか?

KIMI:1組だけいましたね、チェコで。カッコいいバンドでした。

-チェコのバンドだったんですか?

Misa:そうですね。

KIMI:なぜかチェコでは私たちはVIP待遇で、わざわざ向こうのバンドの方が通訳までつけてくれて、ありがたかったです。

-すごいですね。

KIMI:チェコに初めて来た日本人のバンドだったらしくて、すごいバンドだと思われちゃったんじゃないかな(笑)?

晴琉:チェコ初の日本人バンド(笑)!

一同:(笑)

-そうなんですか!?

KAI:だからチェコでも珍しい女性バンドをつけてくれたみたいで。

-へぇ、面白いですね。

Misa:盛り上がりましたよ。

-作品に話を戻しますが、「Get Over」(Track.4)はドラムがまるで運動会で......。

Misa:あ、"運動会"って表現もいいね(笑)!

KAI:今までは"工事現場"でした(笑)。

晴琉:あ! "道路工事"、激ロックのインタビューで(笑)。

-言ってましたね(笑)。体力的にもテクニック的にも大変そうだなと思いました。

KAI:大変でした、これも(笑)。「Remedy」とは別の意味で。「Remedy」よりパターンは多くないんですけど、これも細かいのが多くて、"このあとにこれ来るかー!?"みたいな(笑)。

-いじめ抜く、みたいな感じの構成でしたね。

Misa:愛の鞭、だね(笑)。

KAI:愛の鞭が激しすぎ(笑)! 愛が感じられなくなってくる......。

一同:(笑)

-愛の鞭が激しすぎって(笑)。あと、聴いてて思ったんですが、みなさんX JAPAN好きですよね?

美弦:好きです。今までモダンなものを取り入れてきたんで、あえて懐かしいものを取り入れてみようと思って、X JAPANをはじめ、そのころの王道さを出そうと思って作ったんです。

-その思いはすごく感じました。

KIMI:みんなのファースト・インプレッションが完全にX JAPANでした(笑)。

Misa:ピアノのところは、KAIちんが"ドラムを抜けて弾く"って言ってました(笑)。

KIMI:言ってましたね、"クリスタル・ピアノ置こう"って(笑)。

一同:(笑)