MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

そこに鳴る

2017.02.07UPDATE

2017年02月号掲載

そこに鳴る

メンバー:鈴木 重厚(Gt/Vo) 藤原 美咲(Ba/Vo) 真矢(Support Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

男女ツイン・ヴォーカルでエヴァーグリーンな美メロを響かせながらも、3ピースによるテクニカルなアンサブルで、濃厚な独自の音世界へと聴き手を連れていく"そこに鳴る"。最新作『METALIN』は、メタルがテーマ。といっても、一筋縄ではいかないのがそこに鳴るだ。卓越した技術で、タッピングあり高速ツーバスあり、重低音リフや様式美的なメロディック・サウンドありと、メガトン級のバーベルを軽々持ち上げる感覚でメタルをものにしている。そしてその憂いある、繊細な歌心と屈強なサウンドを混ぜ合わせてしまっているのだ。飄々とした佇まいで、この重厚感。いったい、何なんだ!?

-今回、メタル要素を盛り込んだ理由は何が大きかったんですか。

鈴木:メタルを流行らせようと思いまして(笑)。

藤原:(笑)

鈴木:今のギター・ロック・シーンとしては、流行りのものに四つ打ちがあって、シティ・ポップがあるんですけど、次はメタルやろと。

-3ピース形態で、男女ツイン・ヴォーカルという武器もあってというところで、メタルに振り切るうえでの難しさはありましたか。

鈴木:いえ、なんとかなるかなと(笑)。でも逆に、3ピースで男女ツイン・ヴォーカルでメタルをやることの方が、面白いなと思ったんです。ジャズマスタージャズコーラスを使ってメタルをやるバンドなんて、絶対にいないですしね(笑)。

-たしかに。持っている楽器、ギターの種類を変えることなくそのままやろうと。

鈴木:そうですね。レコーディングのときはギターを借りたりもしたんですけど、ライヴのときはそれができないので、ジャズコーラスでやります。

-みなさん、もともとメタルは通ってきているんですか。

鈴木:実はあまり通っていなくて。

藤原:通っていないんですよね、にわかです(笑)。

鈴木:もう、申し訳ないくらいに。

-それでここまでやっちゃうのは、面白いかも。

鈴木:きっかけはノクブラ(NOCTURNAL BLOODLUST)なんです。このバンドを観て、久しぶりに衝撃を受けたんです。あとは、大学の軽音楽部の先輩がNameless Oneというエピカル・メロディック・デスメタル・バンドをやっていて、その影響も多いと思いますね。

-洋楽の、いわゆる王道のヘヴィ・メタルやメタルコアも通ってないんですね。

鈴木:ちょっと英語が難しいからかな。でもデスメタル・バンドだと日本語っていう感じでもないか(笑)。

-そうですね(笑)。

鈴木:例えば、ノクブラを聴いて"このギター・ソロすごいな"と思って、インタビューを読んで。"ルーツはSLAYERです"と言っていたから、SLAYER を聴いてみようと思って聴くんですけど――これを言うと怒られるかもしれないですけど、ノクブラの方がいいなと思ってしまったんです。やっぱり、昔の音源にある生音っぽい音よりも、現代のミックスが好きなんです。ノクブラとか、今時のデスコアとかって、音圧が笑えるくらいに上がっているんですよ。たぶん、そこが響いたんだと思います。他にも、教養として聴いとかなあかんバンドは聴いたんですけどね。

-メタルとなればツイン・ペダルが基調になってくると思いますが、真矢さんはルーツにメタルはあるんですか。

真矢:ずっとメロコアは好きだったんですけど、ツイン・ペダルをバチバチに踏むっていうのはなかったです(笑)。だからもう、"つらいな、ドラマーって"と思って(笑)。

藤原:ははは、つらい。

鈴木:すごいよな、ずっとツイン・ペダルっていうのも。

真矢:いや、すごいっすよ。