MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

RIZE

2017.02.28UPDATE

2017年03月号掲載

RIZE

メンバー:KenKen(Ba)

インタビュアー:吉羽 さおり

今年結成20周年を迎えたRIZE。メジャー・デビューをした古巣であるEPIC Records Japanに復帰しての第1弾シングル表題曲「SILVER」は、ソリッドでドライヴ感のあるナンバー。キャッチー且つ、RIZEならではの高い温度のアンサンブルで魅せる1曲だ。人気アニメ"銀魂"のエンディング・テーマでもあり、"銀魂"ファンのKenKenがあたためていた曲だという。ファンキーでダイナミックなグルーヴが冴える「ONE SHOT」や定番曲「日本刀」の再録と共に、今一度RIZEの必殺技たるサウンドをパッケージしたシングルになっている。今作について、また20周年を迎えてのこれからについて、KenKenに話を訊いた。

-ニュー・シングルの表題曲「SILVER」(Track.1)はKenKenさんがだいぶあたためていた曲だとうかがっていますが。

あたためていたというか、"銀魂"というアニメがすごく好きで、5~6年ほど前に勝手に作っていただけなんですよ(笑)。使われるかどうかもわからないし、趣味と言うと変ですけど、もちろんタイミングがあったらすぐにでも出せるようにと思っていた曲ではあるんです。今回は、いろいろなタイミングがハマッたのかなと思いますね。

-ちょうど今作で、古巣のEPIC Records Japanに復帰するタイミングでもありますしね。

そう。今回はRIZEの20周年だったり、"銀魂"の放送が夜の時間帯になるタイミングだったり、いろんなピースが揃った結果なのかなと思ってます。

-最初に作ったときから、アレンジ面などで変化しているんですか。

もともとRIZEでやるつもりで作ってなかったので、自分のソロっぽい曲だったんですけど、わりとRIZE風にアレンジしたりはしましたね。Aメロとサビは、もうちょっとファンキーな感じだったのを、少しロックにしてみたりとか。

-久々にシンプルで爽快なロック・サウンドで、キャッチーさがすごくいいなと思いました。

このくらいシンプルな方が、キッズもコピーしやすいし(笑)。RIZEは基本的に、極力シンプルに作ってるんだけど、そのシンプルなものをかっこよく聴かせるのって、意外と一番難しかったりするので。RIZEの魅力は、そういうところにもあるのかなといつも思いながら作っているんですよね。

-特にサビのどストレートさも肝ですね。

なんか、怖い人だと思われてるので(笑)。もうちょっと怖くないことを伝えようかなと。

-(笑)そんなイメージを払拭するような、爽快な曲になっていると思います。KenKenさんが思う、"銀魂"のテーマ曲ってどういうものだったんですか。

もともとオープニング用とエンディング用とで、1曲ずつ作っていたんですよ。「SILVER」はオープニング用に作ったものが、エンディングとして使われているんです。だから最初はオープニングをイメージした出だしだったり、もちろんベースから始まりたいっていうのがあったり。

-あぁ、最高なベースのスラップで曲が始まりますね。曲中でも、このスラップは効いてます。

そう(笑)。ベース・イントロの曲って意外と日本にはないから。そういうキャッチーさとかが、アリかなと思って作ってますね。ベース・キッズが絶対にやりたくなるようなこととか。これまでの"銀魂"のテーマ曲って、ラップとか英語詞はあまり入っていないんですけど、本来その両方ともRIZEの武器だったりするから(笑)。英語を使わないで、どうRIZEっぽくできるかなみたいなところは、サウンドもそうだけど、JESSE(Vo/Gt)も悩んだんじゃないかなと。でも、いいところに落ち着いたのかなと思ってますね。

-歌詞としては、アニメの内容も絡めてはいるんでしょうけど、こうしてRIZEとして久々に出す曲ということや、20周年を迎えての思いも込めたものにもなっていますしね。

まぁ、僕たち1年に1曲しか出していないので(笑)。たまにはこのくらいボリュームのあるものが出せてよかったなと思います。最近は配信リリースが多くて、こうして盤になるのって久しぶりですからね。

-CDになるということで、気合は入るんですか?

どういう形で出るかは、俺はあまり気にしないタイプで。音が届けばなんでもいいと思っているんですけど、形になるのはやっぱり嬉しいですよね。CDになると、ちゃんとブックレットがあって、クレジットとかが入って。今の子たちがそこを見るかはわからないけど、どういうスタジオで録っていて、誰がエンジニアでとか、どういう人たちが関わっていてとか。俺らはそういうのを見るのが大好きなキッズだったんですよね。"このスタジオってあのアルバムと一緒だ"とかさ、"このスタジオでは、ドラムはこういう音が鳴るんだ"っていうところで、ガキのころは勉強したというか。そういう意味では、ブックレットとかも大事だなと思います。もちろんアートワークもね。