MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FAKE?

2017.02.23UPDATE

2017年03月号掲載

FAKE?

メンバー:KEN LLOYD

インタビュアー:荒金 良介

FAKE?が昨年6ヶ月連続で開催したライヴ"Live Wonderland"の会場にて限定販売した楽曲「MAD HATZ' MERRY GO ROUND」が、めでたく配信リリース! 現在はプログラマー、CGアーティストなどからなるデジタル・クリエイティヴ集団 BRAND 360と共にWhite Rabbit Inc.を結成し、音楽と映像を繋ぎ合わせ、独自のサウンド・スタイルにさらなる磨きをかけている。その中心人物であるKEN LLOYDに自身の音楽観や、これまでの活動を振り返ってもらった。インタビュー自体は歯切れのいい発言の連発で、彼の音楽に対する真摯な人柄が窺える内容になった。2月25日には15周年ライヴを計画されているので、要チェック!

-KENさんの音楽キャリアのスタートはOBLIVION DUSTですよね。1996年の結成当時はグランジの影響が大きかったんですか?

リアルタイムで聴いてましたからね。NIRVANAが大ブレイクしたときも覚えてるし。当時イギリスにあるアメリカン・スクールに行ってたんですけど、急にみんなの服装も変わりましたからね。MÖTLEY CRÜEのTシャツ着ていた奴がフランネルのシャツを腰に巻いて......俺もそうでしたけど(笑)。

-今、GUNS N' ROSESのW. Axl Roseはそんなファッションですね。

そうですね。ただ、アメリカン・スクールはみんな聴いてる音楽が違うんですよ。日本人はわりと同じものを好んで聴きますからね。というのも、アメリカン・スクールの前は同じイギリスにある日本人スクールに通ってて、そこではひとりの音楽好きがいたら、そこからみんなが借りて聴く感じだったから。

-そうなんですね。

アメリカン・スクールのころは寮に住んでいたんですけど、左の部屋からPUBLIC ENEMY、右の部屋からNINE INCH NAILS、正面の部屋からはR.E.M.が流れてきて......。

-よく覚えてますねぇ。

覚えてますよ(笑)。壁から爆音で聴こえてくるから、かっこいいじゃん! って。そういう意味ではいろんな音楽に影響を受けてます。もともと音楽は好きでしたからね。

-グランジ以前はどんな音楽を聴いてました?

先輩が聴いてたGUNS N' ROSES、MÖTLEY CRÜE、WHITE LION、SKID ROWとかですね。

-80年代のLAメタルが入り口ですね。

今でも好きですけどね、懐かしいなぁと思って。シャッフルで聴いて、急に流れると恥ずかしい気持ちになりますけど(笑)。

-はははは(笑)。

あと、昔は絶対認めなかったけど、今すごいバンドだなと思うのはBON JOVIですね。曲作りする人間として聴くと、絶対行ってほしいところに行ってくれるんですよ。ここでアガってくれると気持ちいいというポイントを押さえてるし、サビはみんなで歌えますからね。でも当時は無理でした。高校のころは聴いちゃいけないバンドのトップ3に入ってました(笑)。

-えっ、そうなんですか?

かっこいい奴らはMETALLICA、ダサい奴らはBON JOVI、POISONみたいな。

-(笑)POISONもいい曲をたくさん書いてますけどね。

そうなんですよね。ただ、POISONは金曜、土曜の夜にパーティーして、お姉ちゃん4、5人いるみたいな歌詞だから、高校生は共感できなくて。NIRVANAは"やってられねぇ!"という歌詞なので、当時の高校生はみんなNIRVANAに共感したんですよ。

-グランジのサウンド面に関しては?

初めて聴いたときは、なんじゃこれ!? と思いました。70年代にSEX PISTOLSがやったことをあの時代にやったのかなと。そう考えると、00年代以降はそういう人がいないんですよ。ダブステップぐらいですかね、日本ではあまり流行ってませんけど。FAITH NO MOREも好きで、いろんなものを取り入れてるじゃないですか。僕はMike Pattonが好きで、そこからジャズ・ラウンジ、ヒップホップに枝分かれしていって。