MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THE SLUT BANKS

2017.01.10UPDATE

2017年01月号掲載

THE SLUT BANKS

メンバー:TUSK(Vo) DUCK-LEE(Ba) 参代目ACE DRIVER(Gt) カネタク(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

2016年にバンド結成20周年を迎えたTHE SLUT BANKS。彼らが、12月21日に3枚組仕様となるアニバーサリー的アルバム『1996 FIND MY WAY』をリリース! DISC1はバンドのヒストリーを網羅したオールタイム・ベストという内容で、全23曲がCD容量ギリギリまで収録されている。対して、DISC2は現メンバーでレコーディングされた最新ミニ・アルバムとなり、現在進行形のバンド感を堪能できる。DISC1からDISC2という流れで聴くと、さらに味わい深いだろう。そして、DISC3は全MV集に加え、特典映像として最新インタビューも収められているので、ファン必携のアイテムと言えるだろう。

-今作は20周年記念盤で豪華3枚組仕様ですね。これまでの期間を振り返っていかがですか?

DUCK-LEE:気づいたら、20周年という感じですかね。

TUSK:バンドを始めたころは、20周年を迎える人たちは周りにいなかったけど、今は20、30周年のバンドが当たり前にいますからね。マーケットが広がってるし、すごいなと思っちゃいます(笑)。ライヴハウスが若い奴らだけのものじゃなく、40、50代のバンドがガンガンやれる環境なのはありがたいですね。

DUCK-LEE:ちんたらやっても20年経つから、年数は関係ないかな。今まで爪痕を残せたかなと思ってたけど、何も残せてないし(笑)。まぁ、区切りとしてはちょうどいいかなと。

-改めて聞くことになりますが、THE SLUT BANKS立ち上げのときにやりたかった音楽とは?

TUSK:戸城(DUCK-LEE)さんから"バンドやろうぜ"と言われて曲を聴いたら、歌いたいなと思ったんですよ。

-どこに惹かれました?

TUSK:サウンドもそうだし、戸城さんの人となりだったり......当時、自分も何がやりたいかわからなかったところに、"あっ、かっこいい!"と思える音が目の前にあったから。

DUCK-LEE:今も一貫してるけど、キャッチーだけど、うるさい音楽。ノイジーで速くてうるさくて、1曲3分以内を目標にしてました。

-それは、自分が聴いていた音楽の影響ですか?

DUCK-LEE:いや、そんなこともないですよ。メロディ・ラインがはっきりしているのはTHE BEATLESが好きだから。時代的にはTHE JON SPENCER BLUES EXPLOSIONとか流行っていたから、かっけぇなぁと思ったし。かといって、同じものというわけではなく、ああいう生々しいものをやりたいなと。時代的にはLAメタルも終わったころだし......。

TUSK:好きが高じて、Steve Albini(※レコーディング・エンジニアとしてNIRVANA、PIXIESなどを手掛ける)にプロデュースしてもらったこともありましたからね。

-じゃあグランジ、パンク、メタル、ガレージなど、何でも取り入れようと?

DUCK-LEE:そうそう。嫌いなものは、シャレた80年代の産業ロックみたいなやつですね。

-BOSTONあたりは嫌いですか?

DUCK-LEE:そのへんは全然いいんだけど、売れたJOURNEYとかね。

一同:ははははは(笑)。

-「Don't Stop Believin'」(JOURNEYの7thアルバム『Escape』収録)は苦手ですか?

DUCK-LEE:無理無理! ああいうわざとらしいものは嫌いなのよ。だから、売れたCHICAGOも嫌いなんだよね。売れてないCHICAGOは好きなんだけど(笑)。

-はははは(笑)。でも好き嫌いがあるとはいえ、THE SLUT BANKSの音楽性は柔軟ですよね。

DUCK-LEE:単純に歳とってるからじゃない? 子供のころにTHE BEATLES、LED ZEPPELIN、DEEP PURPLEを聴いて、高校生のころにSEX PISTOLSとか聴いて、"パンクかっこいい"と思って。それからAEROSMITHがかっこいいと思ったりね。このバンドでStingみたいな大人っぽい音楽はできないし。パンクもメタルも何でもありでやりたかったから。でもパンクは楽器を持って数ヶ月、みたいな奴がやるからこそかっこいいわけで。俺みたいに何年も楽器持ってる人間が"パンクだ!"と言っても、かっこ悪い気がするしね。

-1996年結成当時の音楽シーンはどんな感じでした?

TUSK:ヴィジュアル系と言われるバンドが出てきたころかな。1997年ごろにSHAZNAが盛り上がって、無理言って(同じ)イベントに出させてもらったけど、ビックリするくらいどっちらけでした。

DUCK-LEE:はははは(笑)。誰? って顔されたもんね。

ACE DRIVER:THE SLUT BANKSでやったときに?

TUSK:うん、観客がピクリとも動かなかった。

DUCK-LEE:あと、野音のイベントに出たときも、"死ね、骸骨!"と言われたからね。

一同:ははははは(笑)。