MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

VANISHING LIFE

2016.12.20UPDATE

2017年01月号掲載

VANISHING LIFE

メンバー:Walter Schreifels(Vo)

インタビュアー:山本 真由

Jamie Miller(BAD RELIGION)、Zach Blair(RISE AGAINST)、Walter Schreifels(GORILLA BISCUITS/QUICKSAND)、Autry Fulbright(...AND YOU WILL KNOW US BY THE TRAIL OF DEAD)によるスーパー・バンド VANISHING LIFEが、デビュー・アルバム『Surveillance』を完成させた。別々のバンドでのキャリアを持つメンバーが集まったことで化学変化を起こしたと言える今作は、どのように制作されたのだろうか。フロントマンWalter Schreifelsに、1stアルバムの制作秘話と、今後の展望を訊いた。

-それぞれ素晴らしいバンドでのキャリアを持つメンバーばかりが集まったスーパー・バンド VANISHING LIFEですが、どういった経緯でこのメンバーが参加することとなったのでしょうか?

Autry(Fulbright/...AND YOU WILL KNOW US BY THE TRAIL OF DEAD)とJamie(Miller/BAD RELIGION)とは、TRAIL OF DEADとのツアーで知り合ったんだ。その後、ベルギーの"GROEZROCK"にソロ・アクトとして参加していたんだけど、ちょうどTRAIL OF DEADも出演していて、一緒につるんでいるときに、Autryが"Jamieたちと一緒にバンドをやろうぜ"って提案してきてね(Zach Blair/RISE AGAINSTの参加は後のこと)。それで、ネット上でトラックをやりとりしてシングルを完成させることができたんだ。その曲の出来がかなりよかったから、"アルバムも制作しよう"って計画したのさ。全員のスケジュール調整には時間がかかったけれど、こうして完成させることができてとっても嬉しいよ。

-"VANISHING(消える) LIFE"というバンド名には、どのような意味が込められているのでしょうか?

狂っているとしか思えないドナルド・トランプの大統領就任、気候変動の否定、オルタナ右翼に政治圧力、少数派排斥......我ながらVANISHING LIFEってバンド名はそれをうまく言い表していると思う。"あるべき人間の生活スタイルが環境と同様に消滅しようとしている"、そういった考えにもリンクしてる。一方で、"軍隊でも武器でもなんでも持ってきやがれ! 楽しいことやろうぜ! 人生思っているほど長くはない"って気持ちも込めているんだ。

-メンバーはそれぞれ、GORILLA BISCUITS、...AND YOU WILL KNOW US BY THE TRAIL OF DEAD、RISE AGAINST、BAD RELIGIONと、音楽性としては違う個性を持ったバンドに所属していますが、それぞれのバンドについてはどう思っていますか?

俺自身はどのバンドも大好きだよ。たぶん、メンバーそれぞれが互いに同じことを思っていると思う。

-VANISHING LIFEの音楽性は、QUICKSANDやTRAIL OF DEADに近い、オルタナティヴ・ロック、ポスト・ハードコア的なアプローチが強いように感じたのですが、バンドのサウンドの方向性はどの段階で決まっていったのですか?

サウンドは1stシングル(「People Running」)を起点に発展して、スタイルもごく短期間でまとまったし、コンセプトも必要以上に深く考えることもなく完成したんだ。どうすればいいかごく自然に理解できたし、やりながら徐々に広がっていった、そんな感じだったよ。

-デビュー・アルバム『Surveillance』の完成、おめでとうございます。今作は、タフなハードコアの一面と、アート・ロックのような繊細さも併せ持った作品だと思いました。ご自身では、この作品をどのように評価しますか?

ありがとう! 我ながら満足な出来さ。すごくしっくり、馴染んでいる感じ。ハードコアな面をベースにモダンで親しみのあるサウンドを作り上げることができたし、歌詞にも満足しているんだ。