MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

I Promised Once

2016.12.12UPDATE

I Promised Once

メンバー:George(Vo) Flo(Vo/Key) Kunio(Gt) Nils(Gt) Joe(Ba/Manipulator) Sho(Support Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-日独混合バンドということですが、結成はどんなふうに?

Joe:GeorgeとNilsがドイツ育ちの幼なじみで、このふたりがもともと一緒にバンドをやっていたんですよ。で、Georgeは日本に戻ってきて、Nilsはアメリカに行ってしまったので、Georgeは日本でKunioと一緒にバンドをやっていたんです。

Kunio:最初にふたり(George&Kunio)でバンドを始めたときは、"世界一かっこいい曲を作ろう!"って。

Joe:それからもっと面白いことをしたいってときに、Nilsもアメリカから日本に来ていたので"バンドに入れよ"って誘って。それで、George、Kunio、Nilsが母体となって、モデル兼DJのFloにも声を掛けました。僕は自分で会社を経営しているんですけど、それを全部捨ててでもこのバンドに入りたいなと。で、ドラムがいなかったので、Shoにサポートをお願いしたんです。

George:スタジオで1曲合わせようと言ったときに、Shoは『DUST TO DUST』(2016年4月リリースの2ndミニ・アルバム)に入ってる6曲を1週間で全部覚えたんですよ。その時点で確定だなと(笑)。

Sho:単純に好きな音楽だったので、すんなり入ってきたんですよ。

Nils:シンセはどうすればいいかなと思っていたから、Floにやってもらうことにして。

Kunio:Floは歌も上手かったから、"じゃあ歌ってよ"ってヴォーカルもお願いしたんで
す。
Flo:そう、最初はシンセだけだったけど、途中から歌うようになりました。

-このバンドで目指した音楽性は?

Kunio:ESKIMO CALLBOY、ASKING ALEXANDRIAとか、あのへんですね。

Nils:僕はアメリカでメタルコア・バンドをやってました。2007、2008年あたりはメタルコアが流行ってましたからね。

George:ただ、Nils以外はメタルコアとは全然違うジャンルをやっていたんですけどね。バンド編成は日本人、ドイツ人が完全にミックスされた形なので、海外のメタルコアと日本の要素をうまくブレンドさせて、新しいことをやりたいなと。

Kunio:リズムは日本人にはないものだったりしますからね。

George:海外バンド寄りになった方がいい、日本寄りのバンドになった方がいいとか、いろいろアドバイスされたけど、僕らはどっちにも偏るつもりはないし、そこは貫きたいですね。

-自分たちで思う日本人らしさ、ドイツ人らしさとは?

Joe:基本的にメインのリズムは日本人っぽくないなと。サビのメロディ・ラインは日本人の特長を活かして、聴きやすくなるよう意識しています。音を作り込んでいく几帳面さは日本人らしいし、音のパワーはドイツ人らしさが出ているかなと。最初はそのギャップで、よく喧嘩してましたけど、徐々に固まっていきました。

George:育った環境が違うと、聴こえ方も違いますからね。

Kunio:日本人は細かいリフが好きだけど、ドイツ人はパワー・コードのシンプルな刻みだけでかっこいいものを作ってきますからね。

Flo:ドイツはハード、力強いというイメージですね。あと、思いつくメロディも全然違います。私はもともと音楽的にはヒップホップ、エレクトロ・ミュージックを聴いていて、プロデューサー的な仕事もしてたんですよ。

George:本当にいろんな音楽をやってきた人間が集まっているので、最初は大変でした(笑)。

-改めてひとりひとりの音楽的背景を聞いてもいいですか?

Flo:最初はアメリカのヒップホップから入って、それからBUSHIDOとか、ジャーマン・ヒップホップを聴くようになりました。それで18歳からクラブに行くようになり、もともとパソコン・オタクだから、打ち込みで音楽を作るようになりました。EDM、ディープハウス、プログレッシヴ・ハウスとか聴いてきたなかでも、DEADMAU5は私の神様ですね。

Kunio:自分は15歳まで、B'z、X JAPAN、SIAM SHADEとか日本の音楽しか聴いてなくて。15歳を過ぎてから洋楽を聴くようになりました。METALLICA、速弾き系のYngwie Malmsteen、Chris Impellitteriとかを聴いてきて、今はメタルコアですね。ASKING ALEXANDRIAを聴いたときに、こういう音楽をやりたいなと。それまではシンセを使った曲をあまり聴いたことがなかったんですよ。

George:メタルコアとエレクトロのブレンドが良かったんでしょ?

Kunio:そうそう。シンセの中でギターがシンプルにリフを刻んでいるところにも衝撃を受けて。ギター・ソロはそっち系の音は少ないけど、気づいたら弾きたくなっちゃってたんです。