MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×ヒステリックパニック

2016.11.10UPDATE

2016年11月号掲載

Zephyren代表GEN氏×ヒステリックパニック

ヒステリックパニック:とも(Vo) Tack朗(Gt/Vo) $EIGO(Gt/Cho)
Zephyren:GEN(代表)
インタビュアー:米沢 彰 Photo by 木場 ヨシヒト

-つまり、GENさんがA.V.E.S.T. project vol8に誘ったときが最初なんですね。

とも:バンドとしてちゃんと挨拶させてもらったのは、A.V.E.S.T.のときですね。

-初出演となったA.V.E.S.T. project vol8のときの思い出って何かありますか?

Tack朗:トップバッターだったんで。

$EIGO:おかげさまで、(お客さんに)たくさん入ってもらえて。

GEN:入場規制かかってたよね。

とも:ステージ袖で、ホルモンのナヲさんが観てくれていたっていう。

$EIGO:僕らはあとから知ったんですけど。

とも:おかっち(Ba)が"ナヲさんみたいな人がいたよ"って言ってて、"いやいや、俺らのことなんて観に来ないだろう"って言ってたんですけど、打ち上げのときにナヲさんにご挨拶させていただいたら、"観てたよ"って言ってくださって、それがびっくりでした。当時、東京でのライヴで(渋谷TSUTAYA)O-WESTって、キャパ的には一番大きかったので、結構不安だったんです。あんな名だたるバンドばっかりなメンツのトップバッターで、"人いんのかな......?"みたいな。そしたら満杯に埋まってたんで、そのときの光景はすごくよく覚えてますね。嬉しかったです。

-それがインディーズの最後で、その翌年のA.V.E.S.T.に出たときはもう同じO-WESTのトリで。こうしてどんどんステップアップしていくのは、A.V.E.S.T.ならではのマジックみたいなところがありますよね。

GEN:自分で言うのもなんですけど、結構いいイベントだなって思います。次のA.V.E.S.T.では、ロックもヒップホップも会場分けずにやりたいな、なんて思ってますけど。

とも:僕も、もともとヒップホップから音楽を始めてるんで。A.V.E.S.T.は般若さんとか餓鬼レンジャーさんとか、"俺が青春時代に聴いてきた人が全員いる!"って感じです。空き時間に観に行ったりして。こんなイベントってたぶん、A.V.E.S.T.しかないんですよ。ヒップホップの中でも結構コアっていうか、ちゃんとジャパニーズ・ヒップホップの中の重鎮みたいな人も呼んでて、そこもGENさんがしっかり繋がってるからこそできるイベントだと思いますね。

GEN:あれは昔、FLOW、10-FEET、妄走族、ラッパ我リヤが出てた旧A.V.E.S.T.があっての流れで。

とも:ヤバい! じゃあ般若さんは妄走族の時代から。

GEN:そうだね。昔から現場にはいたんだけど、距離はあった気がする(笑)。あと、全員尖がっていたせいもあるね。今の方がだんだんみんなに近づいていってるね(笑)。当時は全ブランド、ディレクターがいたからデザインもしていない時代で。イベントも手伝ってはいたけど、基本的にはやってもらってたから。まぁ、昔の方が社長で偉かったんだよね(笑)。

一同:(笑)

-今は全部やってますよね。撮影に営業、プレスも......。

GEN:やってるね。まぁ、やる人がいないので、いいのかどうかわかんないけどね(笑)。

とも:ご自身のTシャツを出すぐらいですからね。もうGENさん自身がブランドになってますよ。

GEN:あれはね、マジで売れるんだよ(笑)。

とも:なんかGENさんに女性がしがみついてるみたいなTシャツあるじゃないですか。あれもパンチ効いてますよね。

GEN:あれはまた別のスナックなんだけど。

一同:(爆笑)

GEN:あれは89歳のママで、実はダイスケはん(マキシマム ザ ホルモン)が写真を撮ったような。それか写真の加工をしてくれた気がする。とにかくプロデュースはダイスケはん。

とも&$EIGO&Tack朗:ええーー(笑)!?

GEN:当時は"お茶を飲んでいます。"は本職じゃないから、プリントを少しケチったんだよね。それを見たダイスケはんに"GENさん! このクオリティじゃダメです!"って言われた気がする(笑)。それからは一番いい工場で刷ってるから、無駄にクオリティが高い(笑)。


▼今回の下北沢取材で4人が訪れた店③

ニユーすずらん

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-9-3
TEL:03-3467-7506