MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×ヒステリックパニック

2016.11.10UPDATE

2016年11月号掲載

Zephyren代表GEN氏×ヒステリックパニック

ヒステリックパニック:とも(Vo) Tack朗(Gt/Vo) $EIGO(Gt/Cho)
Zephyren:GEN(代表)
インタビュアー:米沢 彰 Photo by 木場 ヨシヒト

-このままだと、カレーの話だけで1日が終わりそうですね(笑)。ところで、ヒステリックパニックのみなさんは2015年開催のZephyren主催イベント"A.V.E.S.T. project vol8"に出演していますよね。

$EIGO:3月ですよね、覚えてます。

とも:メジャー・デビューする直前、インディーズ最後のライヴだよね。

Tack朗:だよね。ホルモン(マキシマム ザ ホルモン)とか10-FEETがいたヤバいイベントで。タイムテーブル見て震えてました(笑)。

とも:Zephyrenを立ち上げてから最初の回ですよね。

GEN:あれはいいイベントでしたね(笑)。

$EIGO:僕たちからしたら本当によかったですよ! あの空間に呼んでもらえるなんて!

GEN:あれは俺も超興奮しました。楽しかったでしょ?

とも&$EIGO&Tack朗:楽しかったです!

Tack朗:打ち上げ会場も、ラウンジみたいなところを貸し切って。すごかったよね。

とも:すごかった! レッド・カーペットだったもんね。外国人が真ん中で常に飯作ってる、みたいな(笑)。田舎もんの僕らとしては、"おぉ、東京すげぇ......"って。

GEN:何人いたかわかんないもんね(笑)。

$EIGO:100人ぐらいいたのかな?

とも:僕らは隅の方で震えてましたけど(笑)。

GEN:やっぱ緊張した?

Tack朗:当時は、そういう大先輩とはまだ一緒にやったことがなかったんで。

とも:本番より打ち上げの方が緊張しました。

$EIGO:GENさんは、ひたすらテキーラ祭りしてた記憶があります。

とも:打ち上げと同時進行で、別の会場でアフター・パーティーもやってて、GENさんがそっちで猛威をふるってから来るっていう。

一同:(笑)

GEN:そうそう(笑)。タクシーで行き来してて。いやぁ、たしかに飲み散らかしたなぁ......。

とも:あの日はいろんな意味ですごかったです。

GEN:あのときって、俺的にはZephyrenを立ち上げたばっかだから必死で。這いつくばっていたからね。そういうときだったから、あんまり覚えてないな。そういうときはいつも覚えてないんだけど(笑)。

一同:(笑)

GEN:でも、面白かったよね。

$EIGO:あれは面白かったですね。

-もともと、知り合ったきっかけってなんだったんですか?

GEN:バンド名も曲も前から知っていて"A.V.E.S.T.に誘おう"って話になって、そのころからですね。昔から若い子を応援したい気持ちは強かったので、勢いのあるバンドってことで声を掛けさせてもらいました。

とも:最初は$EIGOがその話を受けて。

$EIGO:たしかそのとき、僕がまだライヴハウスのマネージャーをやってた時代で。他のバンドのリハやってたら、知らない番号から電話がかかってきて、"GENです"って言われて。"えぇ!? GENさん!? お疲れ様です!"みたいな(笑)。

GEN:俺、結構普通に番号聞いて電話するからね。俺のことは知ってた?

$EIGO:はい、もちろん知ってました!

GEN:なんか懐かしいね。

$EIGO:ほんと、そのときからフランクに接してくれて。絶対怖い人だと思ってましたけど(笑)。

一同:(笑)

GEN:なんか怖いイメージあるよね......。

$EIGO:1回喋ったら、もう全然大丈夫なんですけどね。

とも:なんか得体がしれないというか、"どういう人なんだろう?"って思ってて。


▼今回の下北沢取材で4人が訪れた店②

Music Bar ROCKAHOLIC -Shimokitazawa-

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-6-5 ルイビル4F
TEL:03-5738-7669
http://bar-rockaholic.jp/shimokita/