MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×ROTTENGRAFFTY

2016.10.11UPDATE

2016年10月号掲載

Zephyren代表GEN氏×ROTTENGRAFFTY

ROTTENGRAFFTY:NOBUYA(Vo) N∀OKI(Vo) 侑威地(Ba)
Zephyren:GEN(代表)
インタビュアー:米沢 彰 Photo by 木場 ヨシヒト

-では、N∀OKIさんから見たA.V.E.S.T.の面白いところは?

N∀OKI:ぎょうさん出てるけど、ライヴがいいバンドを呼んでるっちゅうのが、GENさんみたいに普段から観てんとできないし、俺らの知らないような若い世代のバンドとかも、GENさんなりのチャンスとかフックアップ......っていうと偉そうに聞こえるかもしれないですけど、そういうこともやってて、ちゃんとシーンとかロック・バンド、ミュージシャンに対してリスペクトしてるっていうのを感じますね。ちゃんと盛り立てようとしてるところがGENさんはすごいなって。アパレルやっててサーキット・イベントまでやってる人は他にいないと思う。

-でかい会場でドーン! っていうのはありますけどね。

N∀OKI:狭い会場でいろいろ混ぜて、とかはないんとちゃいますか?

-そうですね、ライヴ・シーンがわかってないと組めないっていうところはありますね。では逆にGENさんから見て、ブランド立ち上げ一発目の節目でもありましたが、ポルノ超特急はいかがでしたか?

GEN:あのときはライヴもほとんど観てないし、もちろんロットンは観てますけど、なんで他のバンドの記憶があまりないんだろう? って考えたら、俺ずっとブースにいたんだよね。ブランドを知ってもらわないといけないっていうのがあったから。いつもだったらライヴ観て、自分のブースはちょこちょこっと顔出すくらいだったんだけど、その日はホントにスタートだったし、お客さんも心配してくれてたというか、そういうのもあったから。だから、ライヴはほとんど観てなかった。それが逆に印象に残ってて。いつもだったら、フェス行ったら好きなバンド観て、新しい若い子とか観たいバンドとかを考えて行くけど、そのときはガチで自分の仕事をして、ロットン観てっていう、それがすべてだったよね。あそこがお披露目だったし、そんな余裕がなかったというか。コラボの話もそうだし、出店の話もそうだし、Zephyrenが成立するかなんてわかってなくて、状況も悪かったし。でも、なんとか這いつくばってここまで来れたっていうのが良かったなと思う。

-お互いにずっと続けてきたってところがリンクするというか、重要なポイントですね。

NOBUYA:そうですね。僕らは音を鳴らしますけど、GENさんは服を作ってて。お互い、へこんだ時期とか苦しかった時期とかも近いので。人間ってそういう時期が必ず来るし、そこで言葉は交わしてないですけど、やっぱり周りから聞くじゃないですか。そうやって這いつくばって頑張ってるっていう話を聞くと、こっちも力もらうし。僕らが一生懸命やってたことも、たぶんGENさんの耳に届いてて、"ロットンが頑張ってるなら俺も頑張らなあかんな"って思ってもらえてたんやったら、最高の関係やとは思いますね。

GEN:ロットンって、不器用っていうか、不完全な物を感じるんです。完璧がいいってことは絶対ないし、俺も足りないところがいっぱいあって、自分の得意なところでしか戦えないじゃないですか。不器用なところって絶対変わらないから。そんなに器用だったらなんでもうまくいっちゃうし、やっぱりうまくいかないところもあって、そういうところを見ると、人間らしいっていうか。なんでもうまくいったら、そんなの面白くない。そういう方がコケるかもしれないけど、上がっていくときはカッコいいと思うんだよね。......そりゃ賢くやりたいですけど(笑)。

N∀OKI:そりゃね、ちょっとずつ気づいちゃってるから(笑)。

GEN:不器用さが慣れてくるから(笑)。俺はこんな奴だなって感じになるじゃない、絶対。だから、俺はそんなに器用にやろうとはしてないし、俺は変わらないって決めたんだよね。ある種、学習しないようにしてる。自分の得意なところは集中してやるけど、うまくいかないものはしょうがないなって思って。あと、自分の意志に逆らう気がする。

N∀OKI:もう治んないっすよね。

NOBUYA:もうええ歳ですからね(笑)。

GEN:でも、まだまだ上は目指すし。

NOBUYA:そうですね。それを止めたら終わっちゃうし。

-では、ポルノ超特急が今年も近づいてきましたが、Zephyrenは出店やコラボでの関わりは予定されていますか?

NOBUYA:今年は何かできないか相談中ですね。

N∀OKI:HIROSHI(Dr)から謎の電話がありましたよね(笑)?

GEN:HIROSHIから電話がきて、珍しいなと思って。そのときは忙しくて出れなかったんだけど(笑)。

一同:(笑)

GEN:なんだろう? (一緒に)飲みたいのかなーとか思って(笑)。でもやっぱ、疲れてるのかな? とか心配になって、やっぱ掛けなきゃいけないなと思って電話したら、ちゃんとした相談でびっくりしました。(笑)。

NOBUYA:僕らのメンバーの中で唯一、GENさんが心配してるメンバーがHIROSHIなんですよ(笑)。プライベートも含めてね。なんで、ここはHIROSHIが電話したら面白いなと思って(笑)。

GEN:いや、HIROSHIは心配だよ。

-ちなみに、どういうところが心配なんですか?

GEN:HIROSHIは、ダメだからなぁ(笑)。

N∀OKI:いろんな意味でアウト(笑)。

GEN:唇とかもイヤだもん、HIROSHIとチュー。

NOBUYA:毎回やられてますもんね(笑)。

GEN:なんなの、あれ。

NOBUYA:あの甘えキャラ。マジでぞっとしますよね。それを横目で見てて止めないですけど(笑)。

GEN:路上で飲んでて、ふたりで死んでたりとか。

NOBUYA:ありましたね。なんかの打ち上げの途中とかで。

GEN:ちょいちょいふたりで飲むことあるからね。

侑威地:あいつ、clubasiaで運ばれてなかった?