MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×KEYTALK×SAKAEYA

2016.09.12UPDATE

2016年09月号掲載

Zephyren代表GEN氏×KEYTALK×SAKAEYA

KEYTALK:寺中 友将(Vo/Gt) 八木 優樹(Dr/Cho)
SAKAEYA:白川 敦(店長)
Zephyren:GEN(代表)
インタビュアー:米沢 彰 Photo by 濱谷 幸江

-続いて、みなさんから見たZephyrenのイメージをうかがえますか?

寺中:今すごい勢いで、いろんな人たちがバンバンZephyrenを着ていってるイメージですね。この前、自宅から駅まで歩いてたらZephyrenで身を固めた女の子が普通に歩いてきて、"どんどん広がってるな"って。その広がり方のスピード感がハンパねぇなって印象が強いです。あとは、個人的に着たい感じの服が多いんで、すごく好きですね。

八木:僕は結構地味な服を着がちなんですけど、こうやってZephyrenの服をGENさんに着させてもらって"あ、こういう服もあるんだ!"って、どんどん好きになってるところはあります。

GEN:なんか恥ずかしいですね(笑)。

八木:"今日は何着せてくれるんだろうな~"ってワクワクします(笑)。扱ってる服の幅は広いと思うんですけど、僕らのことをよく知ってくれているので、ちゃんと似合いそうで好きそうな服を着させてくれるんです。

GEN:作るときから考えてることもあるからね。

八木:そうなんですか?

GEN:"こういう感じで着てくれたら嬉しいなー"みたいなのはあるかな。展示会でも、"やっぱりこれ付けてくれたんだ"とか、"これ持ってってくれたんだ"とか。

-よくおっしゃってますよね。白川さんから見て、Zephyrenのイメージはいかがですか?

白川:そうですね。ストリートではあるんですけど、最近はデザインもクールな方に行ってて、大人も着られるブランドになりつつあると思いますね。

-それはすごく感じますね。

白川:最初は、どストリートのちょっとやんちゃな感じだったのが、最近はより振り幅が広くなってていいなと思います。

-やはり客観的にとらえていらっしゃいますね。話は変わりますが、KEYTALKといえば下北沢、下北沢といえば音楽や演劇などのカルチャーの街というイメージが非常に強いですが、みなさんにとって下北沢はどういう街ですか?

白川:アンダーグラウンドなライヴハウスとか演劇のハコはずっとあるんですけど、お店はほんとにコロコロ変わっちゃったりするんで。うちに来るお客さんがたまに、"おもちゃ箱をひっくり返したみたいで、新しいおもちゃがいつでも入ってるようなイメージ"って言ってますね。駅の工事が終わればもっと整備されてきれいにはなるのかなって思っています。あとは、生まれ育ったところなんで、なんていうか、"地元"ですね(笑)。ズバリ"地元"ってイメージなんですよ。いろんなものがコロコロ変わって、期待と絶望が混在してるのがリアルでいいんじゃないでしょうか(笑)。

-リアルタイムの下北沢はどういうイメージですか?

白川:まだまだ変わっている最中ですね。駅の前が広場になるんですよ。そこが整備されてから、しばらくしたらイメージが定着するのかな。今のところ、小っちゃいところがコロコロ変わりつつ、変化の多い街になってるんじゃないかなと。

-変化は続いていますよね。八木さんはいかがですか?

八木:高校生のときからバンドをやってたんですけど、そのときも好きなバンドがSHELTERでツアー・ファイナルとか初日をやってるらしいっていうのを知って。そういう憧れの街を僕らも練習場所にして、ライヴも最初は屋根裏やERAに出させてもらっていたんです。そういうのもあって、バンドとか音楽の街ってイメージは強いですね。

-シーンとしては圧倒的ですね。

八木:下北で何回記憶を失くしたかわかんないくらい酒飲んでるんで(笑)。お酒の街ってイメージもありますね。

-なるほど(笑)。ありがとうございます。

寺中:下北に住んでるわけではないので、地元ではないと思うんですけど。KEYTALKの所属事務所のKOGA RECORDSがあったり、南口商店街の方々にもすごく良くしてもらったりしているので。僕らはライヴで、"下北沢から来ました、KEYTALKです!"って言ってるんですけど、なんか住んでないのに地元感がすごくある場所だなって。最初はミュージシャンを目指してみんなで集まって、普通に遊んだり飲んだりっていう感じで来てたんですけど、最近では嬉しいことに仕事でも来るようになって。でも今もそんなにイメージは変わらず、あたたかい地元っていう感じですね。

-GENさんはいかがですか?

GEN:高校生のとき古着が好きでよく来てたんですよね。アパレルを始めたきっかけが、 古着とかヴィンテージものだったので。下北に来て古着を買い漁ったりしてて。実は今回撮影で使った靴も、下北の古着屋さんで見つけて買ってきた靴だったりするので、だから、昔から"古着の街"っていうイメージが僕の中ではすごく強いですね。そのあと、SHELTERとかのライヴを観に行くことが多くなって。昔、251でイベントをやったことがあるんだよな。もしかしたら、旧A.V.E.S.T.(※Zephyrenの前ブランド"Subciety"時代に開催)よりも前かもしれない。たしか、昔のうちの店長との初めてのイベントかな? 餃子の王将のそばですよね? その王将で食べて飲んだくれて(笑)。あ、あとはやっぱりメシもうまいですしね。今、カレー作ってるんで(笑)。勉強しに、下北沢へカレーを食べに来てるっていう(笑)。

一同:(笑)