MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

lynch.

2016.09.09UPDATE

2016年09月号掲載

lynch.

メンバー:葉月(Vo) 玲央(Gt) 悠介(Gt) 明徳(Ba) 晁直(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-1年ぶりのニュー・アルバム『AVANTGARDE』が完成しました。今回は、バンドとしてはどういったテーマで作品に向かっていったんでしょうか。

葉月:ここ最近の流れの中では唯一、テーマがないアルバムになったかなという印象で。キーワードとしては、"パンク"とか"ハードコア"という言葉が出てきていたんですけど、まったくそうじゃない「PLEDGE」(Track.3)や「PHANTOM」(Track.7)、「FAREWELL」(Track.12)とかも入っていますし。ノー・コンセプトで、思い浮かぶままに曲を完成させていった感じです。

-それは、好きなことをやろうということで?

葉月:まぁ、そうですね。なかなかかっこよく表現できないんですけど。

-その中で、最初にできた曲はどの曲ですか。

葉月:「UNELMA」(Track.6)という曲なんですけど、アルバムの軸になり得る曲では全然なくて、むしろ軸じゃないところにいることがいいと思っていた曲だったんです。また困ったな、と。曲はできたけど、これを機にガーッと曲ができていくことはないなという感じで。

-では、さらにアルバムを作るきっかけになった曲というのは。

葉月:「DAMNED」(Track.5)ですね。

-アルバムの中でも、特にパンキッシュなライヴ・チューンですね。

葉月:ここ最近の激しい音楽を聴いていると、すごく作り込まれていて頭で考えているサウンドというか、激しさが多いと思うことがよくあって。でも、そもそも自分がのめり込んだロックってそうじゃなかったなと。もっとシンプルで、単純なリフで、勢いでドカンと飛ばすようなものだった。SLIPKNOTの1stアルバム『Slipknot』(1999年リリース)みたいな勢いが欲しかった。そういうところをヒントにしてできたのが「DAMNED」だったんです。そこからはわりと、曲ができていきましたね。

-リフで押していく曲というところで、葉月さんからギターのイメージや提案はあったんですか。

玲央:提案というよりも、作曲者の葉月と悠介と僕の3人で集まって、"こんな感じで考えてるけど、どう?"って打ち合わせしました。基本的に、弦楽器は前打ち合わせだけして、そのあとは各々バラバラで録っていく形なので。漠然と、"こういう感じで"というオーダーは最初にもらって、それを録って確認してもらうという流れですね。

-みなさんが各々自由に色を入れていくという。

玲央:そうですね。

-アルバムのイントロダクションとなるTrack.1のインスト曲「AVANT GARDE」は、アルバムを象徴するものとして作っていると思うんですが、これはかなりゴリゴリに攻めた曲ですよね。

葉月:昔はよく、みんなこういう感じのSEを流してメンバーが入場してライヴが始まるという形があって、僕らはそれを避けていたところがあったんです。こういう、ちょっとデジタル色のあるへヴィな四つ打ちで登場するのはやめようって言っていたくらいだったんですけど。時が経って、今は誰もそんなことをやっていないので、逆にこれを今やったら面白いかなと思って作りました。

-当時は周りへのアンチ精神みたいなものがあったと。

葉月:ものすごく流行っていたんですよね。そのときに僕らは、玲央さんが昔の――

玲央:ポジパンだね。

葉月:逆にヘヴィでもないようなポジパン系の音をSEにして始めていたんです。常に逆行したがるというか。

-このイントロの「AVANT GARDE」でアルバムのイメージがガツンと入ってくるので、今回はかなり攻めたアルバムなのかなという印象はありました。そして、いきなりTrack.2「EVIDENCE」のメタルコアで始まるという。

葉月:(笑)たしかに「EVIDENCE」はそうですね。唯一、メタルコアと呼べる曲かもしれないです。メタルコアは逆に抜きたい要素だったんですけど、この曲は思い切りやっちゃいました(笑)。

-それぞれの曲についてもうかがっていきますが、まず「EVIDENCE」はどんなふうに作られたんですか。

葉月:この曲はもともと、イントロの2ビートから頭のブレイクダウンまでは1年前くらいからあったんですけど、止まったままでずっと放置されていて。それを、前回のツアー・ファイナルの新木場STUDIO COAST公演(※5月8日開催)が終わったあとに作り直したんです。STUDIO COASTでのライヴがすごく良かったので、その熱をそのまま活かせるような曲を作りたいなと思っていたら、あのイントロがあったなと思い出して、そのまま仕上げた感じですね。メタルの要素を抜きたいと思う前に作っていた曲だったから、メタルコアの要素があるのかもしれない。

-どこかで期待をどんどん裏切っていきたいという気持ちは、曲を作っていてもあるんですか。

葉月:期待には応えたいんですけど(笑)、予想は裏切りたいというか。予想は裏切らないと期待には応えられないですからね。"あぁ、またこれか"ってなっちゃうから。