MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

WANIMA

2016.08.02UPDATE

2016年08月号掲載

WANIMA

メンバー:KENTA(Vo/Ba/ワンチャン) KO-SHIN(Gt/Cho/無口) FUJI(Dr/Cho/食いしん坊)

インタビュアー:山口 智男

-今回のシングルも、より多くの人に届けたいという大きな目標に一歩近づいた作品になりましたね。

KENTA:はい。またみんなと大声で歌える曲が4曲増えたので、それはすごい喜びです。だから、またみんなと歌えるように一生懸命練習しています。今回は自分たちの中で挑戦していることがたくさんあったんですよ。リズム面でも、2ビートっていうパンク/メロディック・パンクにありがちなリズムを封印したわけではないですけど、また新しいステージにパンク/メロディック・パンク/ロックを持っていくために、それを使わずにどれだけ自分たちの音楽をお客さんに届けられるか3人で考えました。だから、"WANIMAらしい"ってみんなに言われるんですけど、自分たちでは結構挑戦したシングルです。今までのWANIMAだったらここはこういったけどってところを、今回はリズム含め、ちょっと違うところにいってみました。

FUJI:「For You」(Track.4)はちょっとハネるリズムを使ってますしね。

-たしかに新しいことに挑戦していると感じました。今回、ダブル・タイアップがついたことで、さらに多くの人に届くんじゃないかと思うのですが、曲を作るにあたってタイアップであることは意識したんですか?

KENTA:コアな部分も入れつつ、それだけにならないようにわかりやすくするとか、ライヴやフェスを意識しながら作るという意味では、いつもどおりではあったんですけど、今回、Track.1の「ともに」は初めてのCMソングの書き下ろしだったんです。"青春、部活、汗"というテーマをもらったんですけど、テーマありきで曲を作ることも初めてで。CMで流れることを考えると、本当は"青春"とか"頑張れ"とか"大丈夫"っていうワードを何回も連呼した方が伝わると思うんですけど、なんか僕の中では青春ってキラキラしたイメージももちろんある一方でその裏には......実際、部活の練習もきついことがたくさんあったし、笑う人ほど暗闇を持っていると思うので、"頑張れ"とか"大丈夫"って言葉を使わずに作れないかなと思って、今回は言葉を詰め込んだんです。CMソングという意味では、言葉を詰め込んだぶん、若干聴き取りにくい部分はあるかもしれないんですけど、スポンサーさん含めCMサイドの方たちも歌詞とCMの映像がすごく合っていると言ってくれたので、とてもありがたいと思いました。

-みなさん部活の経験ってあるんですか?

KENTA:あります。KO-SHINと僕は4歳から一緒で、小学校はソフトサッカーと言って、夏はサッカー、冬はソフトボールというふうに半分ずつやる部活をやってました。中学校は陸上、サッカー、水泳。高校はサッカーを中途半端にやりながら、バンドを真剣にやってました。サッカーは中学で全力でやって、それで終わりましたね。

FUJI:僕は小中がバスケットボールで、高校はハンドボールをやってました。

-あ、みなさん実は体育会系なんですね。

KENTA:体育会系ですよ。"ワンチャン、ワンチャン"って言うてますけど、わりと上下関係は重んじてきた方なんです。

-じゃあ、部活というテーマは身近なものだったわけですね?

KENTA:いやぁ、今の僕たちより下の世代は、どんな上下関係があるのかわからないし、僕は都会の部活を知らないので。田舎の部活の青春ならわかるんですけど、共通するところを、自分の中で何回もイメージしながら探すのが難しかったですね。僕ら、都会生まれではないんですよ。FUJI君は熊本市内なんで都会ですけど、東京に比べると――

FUJI:全然、田舎ですよ。

KENTA:だからどんな感じなんだろうなって。

-都会の部活と田舎の部活って違うのかな。

FUJI:いやぁ、違うと思いますよ。

KENTA:全然違いますよ!

FUJI:田舎は泥臭い。

KENTA:着てる物も履いてる物も違うでしょうし。

-部活やるときは、みんなジャージじゃないんですか?

FUJI:いやぁ、お洒落なジャージなんてないですからね。

KENTA:出身どちらですか?

-僕は東京ですけど。

KENTA:じゃあ、わからない。わからないですよ田舎の部活は。だから、そういう人にもわかってもらえる共通点を探すのが大変でした。

FUJI:山走ったり海泳いだりしないですよね?

KENTA:坂道ダッシュしたあと、疲れてへたりこんで、パッと顔を上げたら猪がおったことはないですよね?

FUJI:命の危険を感じたことはないですよね?