MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HONE YOUR SENSE

2016.08.09UPDATE

2016年08月号掲載

HONE YOUR SENSE

メンバー:Toru Bara(Vo) Kousuke Matsuzaki(Gt) Satoshi Matsushima(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-バンドは2006年結成ですよね。当時はSatoshiさんとKentaさんだけでしたが、どんな音楽をやろうとしていたんですか?

Satoshi:最初はあまり深く考えず、たまたまバイト先にKentaがいて、一緒にスタジオに入って遊ぶようになりました。それからメンバーを集める中で、みんなメロデスっぽいものが好きだから、そういうものをやろうと。今はメタルコアっぽくなってますけど。

-メタルコア要素が強くなったと。

Satoshi:それも深く考えたわけではなく、ちょうど時代的にメタルコア・ショックが来ていたので、それに影響を受けました。で、メロデスから徐々にメタルコアに寄っていきました。

-最初にスタジオに入ったときは何かのバンドのコピーをやったんですか?

Satoshi:初期のドラマーもいたんですけど、みんなでMETALLICAの「Battery」(1986年リリースの3rdアルバム『Master Of Puppets』収録曲)をコピーしました。

Kousuke:いいじゃん(笑)! 高校生みたいなノリだね。

Satoshi:Kentaは、見た目はシュッとしてるけど、ギターを弾いたら迫力があったから、なんとかメンバーに入れたいなと。で、次の週にKentaが"オリジナルの曲があるから、これをバンドでやりたい"と言いだして。

-オリジナルはどんな曲調でした?

Satoshi:メロデスでしたね。ARCH ENEMYの3枚目(1999年リリースの『Burning Bridges』)、CHILDREN OF BODOMの4枚目(2003年リリースの『Hate Crew Deathroll』)みたいな、やんちゃに速い感じではなく、ギターがメロディをしっかりと主張するタイプの曲でした。メタルはギター2本が前面に出ているものが好きですね。

-そして、翌年にKousukeさんが加入したんですよね。

Satoshi:メンバー募集をかけて、とりあえずギター持って来いよって。

Kousuke:そこでコピーをやった記憶がないんですよね。

Satoshi:コピーはやってない。俺らがやっていたオリジナルをいきなり弾かせて、その曲ができたからこいつを入れようと(笑)。

-それから2012年にBaraさんが正式に加入するわけですが、最初はサポートだったんですよね?

Bara:前のヴォーカルが突然抜けて、1ヶ月半後にライヴがあると言われてサポートをお願いされて。必死に覚えました(笑)。ちょうど僕のバンドも活動できなくなって、歌いたいという欲求が溜まってたんですよ。やるやる! って即答しました。もともとHONE YOUR SENSEは好きでしたからね。メロディを主張するギターと、当時から今に通じる跳ねるようなリズムを使っていたんですよ。

Satoshi:あのころからシャッフル・ビートを使っていたからね。

Bara:あと、片方のギター・ソロが終わったら、もう片方のギター・ソロが始まるみたいな(笑)。それが面白くて、笑っちゃったんですよ。最近のバンドでこんな奴らがいるんだと。で、すぐ"Wacken Open Air"(※ドイツで毎年開催されている世界最大級のメタル・フェス)の予選に出場したんですよね。

バンドに加入してすぐにWacken Open Airの予選というのもすごいですよね。

Bara:そうなんですよ! で、Satoshiから"一緒に最高のアルバム作ろうぜ!"とくどかれました。

Kousuke:はははは(笑)。

Wacken Open Airの話は追って聞きたいんですが、当時から跳ねるビートを使っていたんですか?

Satoshi:1曲通してはないけど、部分的に使ってましたね。

Bara:あいつ(Kenta)はSTRAY CATSやBrian Setzerが大好きで。僕も昔STRAY CATSは好きだったんですよ。ただ、それの感じを自分たちの曲に織り込んでくるから、それにはビックリしました。

-ギター・ソロの応酬はどのへんの影響ですか? IRON MAIDENとか?

Kousuke:あぁ、絶対そのへんですね。

Satoshi:80年代のメタルはギター・ソロがおいしいですからね。今もなくなったわけじゃないんですけど、昔はもっと強かったですね。

-それでWacken Open Airの予選で優勝できる自信はありました?

Satoshi:僕はめちゃくちゃありました。音源を送った瞬間に"勝った!"と思ってました。

Bara:ウソッ(笑)!?

Kousuke:そう言ってたよね。アーティスト写真には3人(Satoshi、Kenta、Kousuke)しか写ってなかったけど。