MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith

2016.07.27UPDATE

2016年08月号掲載

Crossfaith

メンバー:Kenta Koie(Vo) Kazuki Takemura(Gt) Hiroki Ikegawa(Ba) Tatsuya Amano(Dr) Terufumi Tamano(Prog/Vision)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-ニュー・シングル『New Age Warriors』完成おめでとう。まずは今回のシングル・タイトルだけど収録曲にはないものだよね。あえて収録曲ではないものをタイトルに持ってきた真意は?

Teru:今回収録されてる3曲どの曲も特徴的だったので、あえて曲名ではないものにしたいなという考えがありました。

-タイトルを収録曲から取ると、その曲がリード・トラックで、他の曲はカップリングという扱いになりがちだよね。

Koie:そうですね。今回のシングルは3曲全てが俺たち的には挑戦した曲ばかりで、新しいアイデアも取り入れてるので、"New Age Warriors"ってタイトルがぴったりなんじゃないかと思います。

-ちなみに、3曲すべて前作『XENO』(2015年リリースの3rdフル・アルバム)リリース以降に作られた楽曲?

Koie:そうです。

-どういった環境下で制作したのかな?

Koie:いつもどおり、奈良にあるMORG(※レコーディング・スタジオ)で行いました。メンバー全員がギリギリまでこれって思えるものになかなか出会えなくて。だからたくさん作ったものの......採用に至らないものが結構ありました。「Revolution」(Track.3)はレコーディングで渡米する2日前にできたんですけど、結果的にいいものに仕上がりましたね。楽曲制作を始めて、レコーディングに入ってからもとにかく作曲、アレンジ、作詞をずっとやってた感じですね。

Kazuki:レコーディングまで根詰めて、さらにレコーディング中もずっと、"やっぱりこういうアイディアの方がいい"とか、"いい形にしよう"って試行錯誤していたところもあって。それを理想的な形にできたのも、気心知れたJosh Wilbur(※今作のプロデューサー)とやれたところもありますね。

Koie:前作『XENO』のときと同じ環境でしたね。渡米してレコーディングが始まっても、Joshは楽曲制作できるように環境を整えてくれる人なので。

Teru:『XENO』リリースの翌月から取り掛かったんですが、『XENO』とは違う見せ方や、新しいものをどうやって作るかと考えてましたね。やっぱりシングルってこともあったんで、何か特別なことをしたいなと思ってて。レッドブルのタイアップの話とかもあったんで、全然曲ができなくて結構大変でした。

-結構苦労してできた3曲なんだ。

Teru:そうですね。流れに乗ってしまえば、パズルがきれいにハマッていくような感じではあったんですけど。

Kazuki:「Rx Overdrive」は、日本にいたときにだいたいの形を作っていって、アメリカでレコーディングしながら編曲とかアレンジをガッツリしてました。向こうでみんなで詰めてから完成型ができた感じですね。

Teru:ちなみに、ムラオカさんはこの3曲でどれがいいと思いますか?

-このタイミングで聞く(笑)?「Kill 'Em All」(Track.2)かな。この曲は誰の手によって?

Teru:俺です。俺的には、激ロックDJパーティーで「Rx Overdrive」の四つ打ちを爆音で流してほしいなと。

-なるほど(笑)。「Rx Overdrive」もカッコいいよね。この3曲全てシングル収録を念頭に作った楽曲ということだよね。

Teru:そうです。

-じゃあ前作リリース直後に次にリリースする作品はシングル形態で、ということが見えていたということ?

Koie:そうですね。

-1stシングルの『MADNESS』(2014年リリース)は"トリプルAサイド・シングル"と、3曲すべてがリード曲という打ち出し方をしてたけど、今回は特にそういった打ち出し方をしてないよね。でも実際、今作の方がトリプルAサイド・シングルらしいんじゃないかと個人的には思ったんだけど。

Koie:ですよね。

Kazuki:実際、曲を作る中で、リード以外とかそういう考えはあまりないんです。リリースするものすべてに全力投球なのがCrossfaithのスタイルなんで。

Koie:だから、どれがリード・トラックになってもおかしくない3曲だと思いますね。

-なるほど。ではある程度こういう3曲を収録しようという"画"は最初からあったのかな?

Kazuki:だいたいありましたね。そういう部分は、個人的にはわかって作ってるというか。今回のシングルでは振り幅を出せたらいいなと思っていて。そういう意味では、3曲とも違う方向性の曲にしようという意識は最初からバンド内でも共有してましたね。

-なるほど。ちなみに「Rx Overdrive」がミュージック・ビデオになるのかな?

Kazuki:はい。

Koie:ビデオにするのに一番映像的にパンチが出てスタイリッシュなものになるのは「Rx Overdrive」なんじゃないかなと。それはバンド内の共通認識としてありましたが、最初は意見が割れたりもしましたけどね。

Teru:「Kill 'Em All」がいいんじゃないかって意見もあったし。

Koie:今回は友達とか外部の人の意見も聞きつつやったんですけど、最終的にはバンド内で「Rx Overdrive」で制作するイメージが固まってきてたんで「Rx Overdrive」にしました。