MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NOISEMAKER

2016.05.13UPDATE

2016年05月号掲載

NOISEMAKER

メンバー:AG(Vo) HIDE(Gt) YU-KI(Ba) UTA(Dr)

インタビュアー:山口 智男

-メジャー・デビューから1年が過ぎましたが、この1年間を振り返ると?

AG:インディーズのころよりは、いろいろなスケジュールが入ってきてめまぐるしいというか、忙しいというか......もちろん、それはいい意味でね。制作のスピードも上がってきて、あっという間の1年だったっていうのはありますね。

YU-KI:札幌から東京に出てきたのもちょうど1年なんですよ。札幌にいたころは時間がかかっていたことが、こっちに来てからはポンポンと進むようになりましたね。忙しくなったぶん、充実感はあります。

-いろいろなスケジュールっていうのは例えば?

AG:こういう取材とか(笑)、撮影とか、フェス出演とか、今までなかったものが増えてきました。ラジオも、一番すごかったのは1日何本だったっけ?

HIDE:30何本とか40本とか(笑)。

-え、1日で?

AG:はい(笑)。もちろん収録なんですけど。

HIDE:喉が嗄れるかと思いました(笑)。

AG:あとはMVの監督さんを始め、いろいろな人と出会って、一緒に物を作ってるという実感もあって。音楽を作る環境としてはすごく充実している1年だったんじゃないかな。

-同時に、自分たちの音楽がこれまでよりも多くの人に届いているという実感もあるんじゃないですか?

HIDE:ちょっとずつですけど、手応えは感じてます。楽曲も進化してるし、さらに進化していこうって気持ちは常にあるので、それに対する反応はいつも楽しみです。

AG:"どうやったら立てるんだろう"って言ってた大きなステージにも立つことができるようになって。少しずつ広がっているのかなという感覚はありますけど、自分たちの中ではまだまだ満足はしてないです。

YU-KI:いろいろなフェスにも出させてもらいましたけど、その経験をどう自分たちの血肉に変えていくかですよね。

AG:そう。だから、今回のアルバムを作るときも、ライヴ会場にいる全員が歌ったらどうなんだろうと考えて、全部の曲にそういう要素を入れてみたんです。それでタイトルを"ROAR=吠える、大声を上げる"にしたんですけど。みんなが歌ったときに響き渡る声が、まだ俺たちの音楽を聴いたことがない人にも響き渡って、届いていけばいいなという思いを込めました。それが全曲に一貫しているテーマなんじゃないかな。テーマっていうか、それが俺たちの音楽の一番の強み。自分たちの音楽の良さは、自分たちが一番わかっているから、強みって何だろうって考えたとき、自然にそっちの方に向かっていったんだと思います。

HIDE:そのうえで1曲1曲、どれも被らないような曲を作っていったんですよ。

-『ROAR』を聴くと、もはやラウドな要素もあるガツンとくるロック・バンドですよね。

HIDE:そう言ってもらえると嬉しいです。

-収録曲は4thミニ・アルバムの『NEO』(2015年リリース)をリリースしたあとに作ったものなんですか?

HIDE:『NEO』のときに作った曲も何曲かありますけど、ほとんどはそのあとですね。ボツにした曲も結構あるんですよ。フェスに出たことで心境が変わって、やっぱりこっちの方がいいんじゃないかなってどんどん作り直していって、そうやって残った10曲なんです。結果、すごくバリエーションがある10曲になったので満足してます。