MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BAND-MAID

2016.05.13UPDATE

2016年05月号掲載

BAND-MAID

メンバー:小鳩 ミク(Gt/Vo) 彩姫(Vo) 遠乃 歌波(Gt) 廣瀬 茜(Dr) MISA(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-前作以上にヘヴィさが増してビックリしました。

廣瀬:ヘヴィになりましたね(笑)。

小鳩:前作より、さらにいろんなところで成長を見せようと。

-Track.1「the non-fiction days」のイントロからインパクトがあるし、演奏も爆発してますね。

小鳩:そうですね。MVも爆発してますからね(笑)。メンバーみんな炎の演出を一番やりたかったんですよ。それをやっと形にできました。

-炎の演出はやりたかったことなんですか?

彩姫:浜辺で炎を使ったら、かっこいいじゃないですか?

-そう言われたら、ハイとしか言えません(笑)。

彩姫:(笑)それもギャップに繋がると思うから、ずっと考えてたことなんですよ。だけど、撮影当日はめっちゃ寒くて。

小鳩:炎が出るたびにずっと出続けてほしいなと。で、近づきすぎて怒られた人もいて。

MISA:ベース弾きながら炎に近づいたら、スタッフさんから"危ないから離れてください!"って言われました。でもあまりにも寒かったから。

彩姫:一番衣裳的に露出してたのがMISAちゃんだったからね。

小鳩:あと、(廣瀬)茜は撮影の合間にストーブに当たりに行ったとき、近づきすぎてベンチコートが燃えちゃいました。

廣瀬:燃えました(笑)。

遠乃:だけど、その極寒を乗り越えて、めっちゃいいMVができたね。寒かったから、意外といい表情になってたし(笑)。

小鳩:それも曲の雰囲気に合ってるなと。メンバーの曲に対するイメージは"闘い"だったので、それもうまく出てる。

彩姫:初めてスタジオで音を合わせたときも、これは闘いだなって(笑)。ドラムも私の歌も成長に繋がった曲ですね。歌詞の言葉数が多くて、息継ぎする場所どこ?って。

-全体的に歌詞の量は多いですもんね。

彩姫:はい。だから、茜のドラム・パターンを聴いて、どこで合わせるかを相談しました。

廣瀬:始めのカウントを出すときも戦闘態勢でしたからね(笑)。

-曲に前のめりの気持ちが表れていると。

MISA:いかにゴリゴリ感を出すかというのを考えました。フレーズも今までとは違ったし、ノリも激しいから、ベースとドラムで勢いを出せるように意識しました。

廣瀬:うん、疾走感重視で前ノリでやりましたね。

彩姫:あと、「ORDER」(Track.3)はBAND-MAIDがゴリゴリの方向性に進むきっかけになった「Thrill」(2015年リリースの2ndミニ・アルバム『New Beginning』収録曲)の後継曲なんですよ。歌割りも同じ感じにして、ギター・ソロ、スラップ・ベース、ドラムもツイン・ペダルが増えたし、楽器陣もレベルアップしてますね。

廣瀬:「Thrill」からツイン・ペダルを始めたので、この曲はさらに入れまくろうと。歌を含めて全楽器が成長したのが、わかりやすく出てると思います。

小鳩:「Thrill」が好きだった人に好きになってもらえたらいいなと。

彩姫:今回は全部違う"ゴリゴリ感"を持ってる曲が揃ったから、飽きないで聴ける1枚かなと。「ORDER」のMVはライヴ映像を使っているので、まだ公開されてないけど、ライヴに来たことがない人にもライヴの熱さを感じてもらえると思います。

小鳩:BAND-MAIDはあまりライヴ映像をネットにアップしてないので、見てもらいたいですね。