MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

あゆみくりかまき

2016.04.12UPDATE

2016年04月号掲載

あゆみくりかまき

メンバー:あゆみ(Vo) くりか(DJ/Vo) まき(盛り上げ/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

−今回は1stアルバムにして、ベスト盤と言える内容ですね。

あゆみ:いろんな人の手に渡って、1曲でも引っかかってくれたら嬉しいですね。

くりか:あゆみくりかまき(以下:あゆくま)の今までのすべてを詰め込んだ、自己紹介的な作品になったと思います。

まき:今回は1人でもたくさんの方にこのアルバムが届いてほしいなと思っています。

−くりかさんが言う"今までのすべて"とは?

くりか:3頭になってからの集大成的な作品っていうことですね。メジャー前の3頭になってすぐのインディーズ時代の曲も入ってますからね。やっぱりあゆみが入ったことが大きくて。"くりかまき"時代とは全然違います。

まき:うん、あゆみが入ったことで、"この3頭で私たちの生涯を捧げるぞ!"と思いましたからね。ライヴのパフォーマンスが1番変わったと思います。力強くなりました。DJが後ろにいて、フロントが2頭いることでさらに自分たちの良さが出たと思います。

あゆみ:普通のアイドルはいつも笑顔で、あまり汗をかかないイメージがあるけど。あゆくまは自分たちの顔が汗でぐちゃぐちゃになっても、全力のパフォーマンスを心がけてますからね。

−3頭でライヴをやり始めたころはどうでした?

まき:最初は探り探りでした。自分を出すのは、グループ的にどうだろうという悩みもあって。そんな中でtvk(※テレビ神奈川)の音楽情報番組"saku saku"のレギュラーをやらせてもらえたことが大きくて。そこで自分らしさを発揮できたし、それがライヴにも活かされたんですよ。

−最初はお互いに遠慮し合っていた?

まき:そうですね。あゆくまの中で、まきはどうすればいいかなって考えて、声が枯れるまでみんなを煽ることが"らしさ"なのかなと。それはライヴをやりながら気づけたことですね。

くりか:私は正直まだわからなくて......模索中ですね。

あゆみ:私も遠慮していました。すでに"くりかまき"で2年ぐらいやっていたので、まず自分が入っていいのかな、という気持ちがあったから。でも、入ったら2頭が背中を押してくれたし、いっぱい話も聞いてくれたから。2頭にも悩みがあって、3頭の気持ちは一緒でしたしね。悩みながら、ここまで進んできた感じです。

−なるほど。

まき:昔のライヴ映像を観ると、悩んでいるのが自分でもわかりますからね。最初はそんなことも考えずに、ただ歌いたかっただけなんですよ。でもどうしたら、観ている人に届くのかなって。それを突き詰めていかないと、自分たちも成長しないなと。

−今はレコーディング中もライヴやお客さんの顔が見える、と以前に言ってましたよね?

まき:はい。「アナログマガール」(2013年リリースの1stシングル表題曲)を録っていたときは、うまく歌えないという理由だけで泣いてましたけど。それからライヴを重ねることで、歌は届けることが大事だなと思えるようになりました。

−今作はメジャー時代の楽曲をメインに、インディーズ時代の楽曲も2曲入れてますよね?

まき:「ジェットクマスター」(Track.3)はライヴでも鉄板で盛り上がる曲だし、初めて観る人も一緒に楽しんでもらえそうな曲だから。「ナキムシヒーロー」(Track.12)に関しては、この作品の最後にメッセージとして、どうしても入れたかったんですよ。みなさんそれぞれ夢があると思うし、自分たちも目標に向かって頑張っているけど、何かを始めることに手遅れなことはないと思うから。自分たちのやりたいことを口にして、頑張って努力し続ければ夢は叶うんだよ、という気持ちを伝えたくて。「ジェットクマスター」はあゆみが入ってから最初のシングル(2014年リリース)なので、この2曲は3頭の原点ですね。

−インディーズ時代の曲を今振り返ると、どんな印象がありますか?

あゆみ:くりかまきのファンに受け入れてもらえるのか、という不安はありました。で、「ナキムシヒーロー」の歌詞を見たときに、自分の当時の気持ちそのままで。この曲を聴くたびに初心を思い出すし、ライヴでも歌いながら泣きそうになるんですよ。3頭の気持ちがリンクした曲ですね。

−改めて今聴くと、曲の印象は違います?

あゆみ:当時、自分はひとりぼっちなんだと思っていたけど、今は泣いても2頭がいるし、スタッフがいるし、またぎ(※あゆくまファンの呼称)に背中を押してもらってる、応援されてると思えるようになったかもしれない。だけど、今の方が泣くことが多いかもしれないですね。

−というのは?

まき:年末に交通事故に遭ったときに、目の前が真っ暗になったんですよ。そのときに光が見えて、それはまたぎの笑顔だったんです。「ナキムシヒーロー」の歌詞にも......(涙ぐんで)すいません!