MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NoGoD

2016.03.31UPDATE

2016年04月号掲載

NoGoD

メンバー:団長(Vo) Kyrie(Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-昨年は結成10周年でベスト盤(『VOYAGE ~10TH ANNIVERSARY BEST ALBUM』)も出しました。今作は1年半ぶりのオリジナル作ですね。

団長:昨年は感じたものが多かったですね。自分たちはアニバーサリー向きのバンドじゃないなと。新曲少ないから寂しいみたいな(笑)。今作はベスト盤を出すときには、Kyrieさんが作ろうと言っていたんですよ。

-ベスト盤のころにすでに今作の構想が?

Kyrie:ベスト盤を構想してるときには、今作のアイディアの原形はありましたね。前作の制作段階で翌年に10周年を迎えるにあたって長期的なスケジュールを考えてたんですけど、最初にこのアルバムを作ろうと思い始めたのはそのときでした。ベスト盤は今まで発表した楽曲の中から選りすぐるわけじゃないですか。それとは真逆のことをやりたいなという発想で。つまり、発表してない楽曲の中から選りすぐったものを形にしようということですね。それが最終的に裏ベストになったわけでもなく、未発表音源集というわけでもなく、新譜という形に落ち着いたんです。

-では、昔に書いた曲もかなり入っているんですか?

Kyrie:半分ぐらいはそうですね。

-そんなにあるんですか!

Kyrie:曲の断片や歌詞だったり、それを元に作った曲が多いですね。

-なぜ昔作った曲に再び光を当てようと?

Kyrie:ベスト盤を出すことがきっかけだったから、タイミングはいつでも良かったんですよね。毎回アルバムを作るときに、作品のカラーにそぐわない曲やその当時上手く消化しきれなかった曲が溜まっていってたんですよ。アイディアは悪くないのに、自分たちが上手く見せることができず、収録しなかった曲もあります。いつも新作を作るたびに過去のデモを聴き返すことはあるんですよ。前作はそういうことはなかったけど。

-前作はゼロから作ったと言ってましたよね。

Kyrie:そうですね。ネガティヴな発言かもしれないですが、10周年を経て、そんな特別なものを僕は持ってないんですよ。自分たちの音楽観が変わったわけでもなければ、真新しい音楽をやろうという意気込みではなくて。今まで自分たちがやってきたことを高い次元で消化したものを作ろうという気持ちだけなんです。

-なるほど。

Kyrie:要するにひと癖もふた癖もある曲ばかりだったんですよ。逆に今だからこそ、ひとつの作品としてまとめ上げることができるなと。培ってきたからこそ、こういうこともできるようになったという。

-たしかに個性の強い曲たちばかりですが、作品トータルでは不思議と違和感なく聴けるんですよね。

Kyrie:今のNoGoDの作品であることは間違いないですからね。ただ、当時は「キラー・クラウン」(Track.8)とかどうしたらいいかわからなくて。ピンポイントのアイディアは面白いけど、曲全体で見ると面白味がないなと。「イピカイエ」(Track.5)は『欠片』(2010年リリースのメジャー1stアルバム)のときにあったものなんですけど、ここまでストレートなハード・ロックを自分たちの中で消化できなくて。バンド自体も今ほど土臭くないというか、もう少しゴシックだったといいますか。

団長:昔の方がしっかりしてたね(笑)。

-そうですか?

Kyrie:作品ごとの世界観をちゃんと作ってましたからね。形から入っていたから、それにそぐわない曲は見送っていたんです。「桃源郷へようこそ」(Track.11)もアレンジが難しくて、いい曲にブラッシュアップすることができなくて。

-前作からコンセプトを決めずにやってましたので、今作はその流れにはありますよね?

Kyrie:最近は出たとこ勝負ですね。できたものが自分たちの音楽になるという。

団長:今作もトータリティはないんですよ。曲がとにかくクドい。10年やってなかったら、今回入ってる曲はできなかったと思います。10周年を越えて、チャレンジしたかった気持ちはあります、自信はありましたからね。「キラー・クラウン」もずっとやりたいと思っていたけど、こんなにアクの強い曲をいつやるのかと。それで何年も出番がなくて......こういうふうにうまくパッケージングできたのは成長できたからですね。