MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Dizzy Sunfist

2016.03.15UPDATE

2016年03月号掲載

Dizzy Sunfist

メンバー:あやぺた(Vo/Gt) いやま(Vo/Ba) もあい(Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-本当に素晴らしいアルバムができましたね。間違いなく最高傑作だと思います。一体、バンド内で何が起きたんですか?

一同:はははは。

あやぺた:ギリギリの"瀬戸内際"で作ったアルバムですね。

-"瀬戸内際"?

もあい:"内"はいらないから。"瀬戸際"だから(笑)。

あやぺた:あはは、瀬戸際に立たされました。

-自分たちでも作品の最終的な完成像が見えないまま進めたということですか?

もあい:今まではレコーディングする際に下準備をしていたけど、それすらも全然間に合わなくて。連日レコーディングになったときは、明日どうなるんだろうって。

-そうなんですか?

あやぺた:ドタバタでしたね。構成が決まらない曲もあったし、前日までメロディが決まってない曲もあったから。

もあい:レコーディング期間に入っても、ちゃんとできてない曲が2曲ぐらいあったから。



あやぺた:レコーディング後は安堵感がすごくて。もう、"ゴー・トゥー・ヘヴン!"みたいな。

-ん? SPEEDの曲ですか?

あやぺた:いや、わかんないですけど(笑)。

もあい:それは「Go! Go! Heaven」(SPEED の1997年リリースの3rdシングル表題曲)ですね。

一同:はははは。

-では、自分たちでは今作はどんな作品になったと思いますか?

いやま:今まで培ってきたバンドのいいところを、ふんだんに盛り込めたと思います。

もあい:去年の後半はレコーディング期間で、前半はいろんな先輩バンドのツアーに同行することが多かったんですよ。そこから学んだことが大きいですね。しかも参加した先輩バンドのツアーは、序盤ではなく中盤のスケジュールが多くて。これからいかにツアーを展開していくのか、という現場の雰囲気がよくわかるタイミングだったので、それは自分たちの作品に対してもめっちゃ活かされてると思います。

-どのバンドと一緒に回ったんですか?

もあい:大阪はGOOD4NOTHING、Northern19。

いやま:HEY-SMITHとか。

あやぺた:NUBOとか。Ken Yokoyamaさんのツアーにも参加しました。Kenさんのライヴを観て、やっぱりすごいなと。説得力が全然違いますね。

いやま:曲や存在感もすごいけど、ライヴを観るとグッときてしまうんですよね。

もあい:あとHEY-SMITHのツアーでCrossfaithとウチらが呼ばれて3マンで何ヶ所か回ったんですよ。Crossfaithはウチらと年齢も近いんですけど、"なんだ、このバンドは!?"って衝撃的でしたね。

あやぺた:Crossfaithはほぼ同世代ですからね。ベース(Hiroki Ikegawa)とドラム(Tatsuya Amano)は同い年なんですよ。衝撃でした。"マジで? 世界やっ!"って。

-そのままの感想じゃないですか。

あやぺた:はははは。

もあい:歳も近いし、世界規模で活動してるバンドを目の当たりにして、視野が広がりましたね。

あやぺた:"井の中の蛙大海を知らず"みたいな。まだまだやなって思い知らされました。でも悔しい思いをしたときは自分が成長できるチャンスですからね。WANIMAのツアーに参加したときも悔しさしかなくて。

もあい:久しぶりに対バンしたときに、"WANIMAはこの1年でこんなふうに変わったんだ、俺らこのままじゃアカン"って。

あやぺた:いろんなバンドにケツを叩かれて、この作品ができました。でも初のフル・アルバムだったので、苦戦することが多かったですね。13曲もあったら、同じ曲調じゃダメだし、味のある作品にするために手間暇かけてバリバリ煮込みました。

-バリバリ煮込んだというと?

あやぺた:半年ぐらい熟成させたカレーみたいな。

もあい:ウチは曲を作るのに時間がかかるんですよ。

-今作は1曲1曲のクオリティも高いですが、作品トータルで見てもバラエティに富んでいて、そこが素晴らしいなと。

あやぺた:作品を作るうえでのヴィジョンはなくて。ただできた曲を入れていった感じですね。

もあい:意見がまとまらないときはジャンケンで決めて。

あやぺた:みんなワガママなんですよ(笑)。