MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

JESSE(RIZE/The BONEZ)×小澤"OZZY"正道×RYUTA(CHIMERA PROJECT)

2016.03.17UPDATE

JESSE(RIZE/The BONEZ)×小澤"OZZY"正道×RYUTA(CHIMERA PROJECT)

メンバー:JESSE(RIZE / The BONEZ/Vo/Gt) 小澤"OZZY"正道(プロ・スケーター) RYUTA(CHIMERA PROJECTオーガナイザー)

インタビュアー:荒金 良介 Photo by Shin Ishihara

-今回は"CHIMERA GAMES VOL.1"開催ということで、今日は主催者のRYUTAさん、RIZE、The BONEZのJESSEさん、プロ・スケーターの小澤"OZZY"正道さんにお話をうかがいたいと思います。まずJESSEさんとOZZYさんはお知り合いと聞いたんですが。お互いの印象から教えてもらえますか?

JESSE:OZZYはオリジナル・ギャングスタで、"ギャングスタ=怖い"じゃなくて、自分の道を何も考えずに突き進んでいるように見えて、超考えているんじゃないかな。OZZYはツッパってるのに優しそうで、優しそうだけど怖そうじゃん。

-ええ(笑)。

JESSE:そういう人は魅力があるんだよね。

-OZZYさんがスケボーをやるようになったきっかけは?

OZZY:アメリカの映画"バック・トゥ・ザ・フューチャー"や"ポリスアカデミー"を観て、"こういう遊びをやってるんだ、オシャレだな"って思ったのがきっかけですね。周りには野球、サッカーをやってるヤツらしかいなかったですからね。それでやってみようと思い、スケートボードの扉を開いたら、アメリカが見えてきたんですよ。アメリカはスケートボードで豪邸を建ててるヤツがいるんだって(笑)。単純にアメリカに行きたいと思いながら、スケートボードをやってきた感じですね。

JESSE:好奇心だよね。それでここまで結果を出すんだからね。

OZZY:今はアメリカだけじゃなく、アジア方面に行きたいと思ってるんですよ。まあ、プロになってからの方が大変ですね。無数の失敗を繰り返して、少しずつ成功して、ここまで来れただけの話ですからね。何もかっこよくないし、ほんとに大変なだけで。

JESSE:はははは。

OZZY:息子にはスケートボードなんて一切やらせてないから。一緒にやることもありますけどね。"大変だから、やめとけ"って(笑)。

JESSE:俺も親父に言われた。"おまえもこの道、来たかあ"って。

OZZY:はははは。

JESSE:俺は親父からギターを一切教わったことがなくて。一度だけ、RED HOT CHILI PEPPERSの「Under The Bridge」(1991年リリースの『Blood Sugar Sex Magik』収録)の弾き方がわからなくて。親父に聞いたら、"お前難しい曲聴いてるな。5分くれ、コピーするから"って。親父も自分と同じ道をまったく歩んでほしくなかったわけじゃないだろうけど、イージーじゃないから。違う道に進むものだと思っていたみたいで......しかも親父と同じギター・ヴォーカルという、まったく同じ道を俺は辿ってるからね(笑)。俺も娘にミュージシャンになってほしいとは思わない。なったら、それはそれで嬉しいんだろうけど。よっぽどハートがタフじゃないとできないから。

-では、OZZYさんから見たJESSEさんの印象は?

OZZY:最初に会ったときは、自分と似てるヤツだなって。ハートの部分でね。JESSEはすでにRIZEをやってて、有名なミュージシャンなのに子供の心を忘れてないんだよね。全然かっこつけてないし、そこが俺と似てるなと。ある日、JESSEが外にあったミニランプ(※スケートボード用のスロープ)でいきなり滑り出して、"ライヴ前なのに大丈夫?"って思ったんですけど(笑)。ライヴを観てないのに、スケボーしてるJESSEの姿を見てファンになりました。

JESSE:それは嬉しいなあ。

OZZY:JESSEのそういうところはずっと変わらないよね?

JESSE:うん、変われない(笑)。それこそOZZYとは音楽、スケート、BMXがひとつのカルチャーになった場で会ったんですよ。それで、毎回会うたびに"久しぶり!"って感じで。OZZYのパフォーマンスは目立つから、"さっきのライドすごいじゃん!"と言ったら、"ありがとう!"と言ってくれて。海外のそういうイベントでは、演奏してようが関係ねえみたいな感じだけど。日本では......。

OZZY:品行方正だからね?

JESSE:そうそう。演奏しているなら、止まろうかみたいな。

OZZY:とあるイベントでJESSEがステージから"ガンガン滑ってくれよ!"と言ってくれてね(笑)。

JESSE:ああ、言った言った。その方が絵になるし、かっこいいよね。バンドマンもスケートやった方がいいと思うしね。子供のころから、こういうものがカルチャーとして定着してほしいと思っていたから。例えば"メタル好き=悪魔好き"みたいな(笑)。ひとつのものを好きになると必然的についてくるものがあるんですよ。スケートでオーリー(※スケートボードでジャンプするテクニック)するなら、破れてもいい靴を買わなきゃみたいな。

OZZY:ふふふふ。

JESSE:スケートしてるときは耳にイヤフォンをつけて、勇気を出したいときは"頑張れ、俺!"みたいな曲をかけるしね。

OZZY:音楽があると、気持ちも変わるしね?

JESSE:そう! 全部でひとつなんですよ。アメリカに行くとそれが当たり前で、フェスにスケボー持って来るしね。日本にはそういうカルチャーがないから、今回のイベントにも期待したいですね。メンツ的にもライダー、スケーター、バンドも10年以上やってる人たちが多くて、好きだからやってる人たちばかりだから。そこにウチの娘を呼びたいと思ったのも、こういうカルチャーに触れてほしくて。

OZZY:俺はJESSEより少し上で40代なんだけど、周りにもそう思ってるヤツが多くて。