MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ALL OFF

2016.02.08UPDATE

2016年02月号掲載

ALL OFF

メンバー:so-hey(Vo)

インタビュアー:山口 智男

-昨日、完パケしたそうですね(取材日:1月中旬)。

すみません、遅くて(笑)。早い段階で、今回のシングルでのタイアップのお話もいただいたので、前回の『One More Chance!!』(2015年リリースのメジャー1stシングル)以降すぐに動き始めてはいたんですけど、僕が無理を言って歌詞を書き直したせいで、結構ドタバタしちゃいました。最初にできた歌詞が、自分主体の話になっていたんですよ。わかりやすく言うと、"俺はこうで、こう考えてる"みたいな感じになってたんですけど、改めて聴き返してみたとき、曲が持っているパワーやスケール感に歌詞が負けてると思って。ちょっと独りよがりになっているなって思ったので、"もう一度トライさせてください"って無理を言わせてもらって、最終的に今の歌詞になりました。

-今回の「Never Gave Up」(Track.1)も前回の「One More Chance!!」同様、TVアニメ"ヘヴィーオブジェクト"の世界観をベースに歌詞を書き始めたってところは変わらないんですよね?

そこは変わらないです。ただ、歌詞が持っているパワーが足りなかった。もっと突き詰められるんじゃないかと思って書き直したら実際よくなりました。1番大きく変わったのはサビの出だしですね。今、"You always never gave up"ってなってるんですけど、そこは最初、"I always never gave up"だったんです。それだと作品のテーマには合ってはいるけど、"俺は諦めなかった"と言われても、お前の話なんか知らないよ(笑)って客観的に聴きながら思っちゃったんですよ。それで、これじゃないなと。作品のテーマに沿いつつ、もっと聴いている人にも寄り添えるものにできるんじゃないかと思って、最後に落ち着いたのが"You always never gave up"。"あなた諦めなかったでしょ、今まで"っていうより説得力ある言葉が出てきたので、"あ、正解はこっちだな"って。"今まで諦めなかったじゃん、ここでやめるの!?"っていう内容にしたいと思って書き直したことで、"ヘヴィーオブジェクト"の主人公ふたりが何かでくじけそうになったときにこの曲を聴かせたいとも思えましたね。

-"I"と"You"。単語がひとつ違うだけでずいぶん印象が変わりますね。

そこに気づけたのが大きかったです。

-今回の"Never Gave Up"ってタイトルなんですけど、"Give Up"じゃなくて、"Gave Up"って過去形になっているところがいいですね。

ありがとうございます。そこを指摘してもらえると嬉しいですね(笑)。

-"Never give up"はさんざん言われてきたじゃないですか。そこをあえて過去形にしたところがいい。

そうなんです。そのワンポイントでかなり変わりますよね。僕の中で"Never give up"はめちゃダサいんですよね。"諦めんな"なんて誰でも言える、中学生でも言えるじゃんって。"gave up"にすることによって、"諦めなかっただろ"っていう一周回った感じというか――人生ってそれぞれ違うと思うんですけど、"gave up"に変えるだけで、それぞれのいろいろな経験を汲んだうえで、"諦めなかったでしょ"ってもう一度再確認するようなニュアンスが出てくる。そこはこだわったところです。

-歌のバックグラウンドがぐっと深くなりますよね。ところで、前回の「One More Chance!!」はアニメの主題歌だったということもあって、アニメきっかけでALL OFFを知ったというリスナーも結構いたようなんですけど、so-heyさんご自身はどんな手応えがありましたか?

今まで普通に活動してたら出会えなかった人たちにいっぱい出会えました。特にリスナーの方々は、桁違いの数の人たちに出会えて、それはもう感激でした。こんなたくさんの人に聴いてもらったうえに、"「One More Chance!!」、作品にすごく合ってるね"って声も多くて、反響が大きかったのが嬉しかったです。僕ら、今までタイアップってやったことがなかったので、アニメのファンからどう見られるのかぶっちゃけ不安だったんですよ。でも、アニメ・ファンにも受け入れてもらえた。いい作品を作ってすごくたくさんの反応が返ってきたっていうことは、いろいろな人たちにとって大事な曲を作れたってことなのかなと思います。そこは自信にもなりました。たくさんの人に届いたんだっていう意味でも。それが1番大きいですね。

-そういう人たちがライヴにも足を運んでくれるといいですね。

それはこれから徐々に。アニメのタイアップといってもまだこれで2回目なので、アニメを観ている方たちにALL OFFがどんなバンドなのか伝えきれていないと思うんですよね。だから、作品を重ねて、アニメ・ファンにもどんどん認知していってもらえたらなって思いはあります。

-「One More Chance!!」をライヴでこれまでのファンにぶつけてみていかがでしたか?

今までの曲で反応が1番いいです(笑)。拳が上がる感じとか、イントロがドーンって鳴った瞬間、"うおー!"っていう反応が全然違うんですよ。"来たぞ! これ!"みたいな。知ってる人は相当アガッてくれるし、知ってる人たちの数も全然多いし。嬉しいですね、単純に。