MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NOISEMAKER

2016.01.13UPDATE

2016年01月号掲載

NOISEMAKER

メンバー:AG(Vo) HIDE(Gt) YU-KI(Ba) UTA(Dr)
イベント・プロデューサー:森田 大介(TOWER RECORDS)

インタビュアー:荒金 良介

-今回、TOWER RECORDSの新たなライヴ・イベント"TWINTOWER"が代官山UNITにて3ヶ月連続で開催されます。その記念すべき第1回のホストにNOISEMAKERが抜擢されました。まず、仕掛人である森田さんにこのイベントについて説明していただいてもいいですか?

森田:全国にその地を代表するモニュメントが必ずあると思ってまして、それをアーティストに見立てて、ご当地で名前が知られているバンド同士が2マンをやったら面白いんじゃないかというところが出発地点です。地方で輝いているバンドはたくさんいますからね。名前は聞くけど、全国区ではないバンドもいるし、そのアーティスト同士が東京でライヴをやれば何かすごい化学反応が起きるんじゃないかと思って企画しました。

-なるほど。

森田:まあ、NOISEMAKERには帰るべき故郷・北海道がありますので、きっと錦を飾りに帰ると信じて、今回はNOISEMAKERを軸に企画をさせてもらいました。

-このアイディア自体はいつごろから温めていたものなんですか?

森田:"TWINTOWER"というイベント名のアイディアは、実は2~3年前からあったんですよ。それから具体化するタイミングを逃してしまい......初めてNOISEMAKERのライヴを観たときにライヴハウスも似合うけど、大きなステージが似合うバンドだなと思ったんです。その後、何かのインタビュー記事で大きな会場を意識してるみたいな発言を読んで、"ほら見ろ!"と。

一同:ははははは。

森田:それで自信がつきました。今回の代官山UNITもライヴハウスだけど、天井も高いし、彼らの楽曲に似合うんじゃないかと。それで一緒にやろうと思いました。

-NOISEMAKERはこの話をもらったときはどう思いました?

AG:自分たちでは出てこない発想なので、純粋にワクワクしましたね。何か面白いことが起きそうだなと。でも任せっきりでもダメだから、自分たちからもアイディアを出せたらいいなと。

森田:それで考えすぎた結果、頭が緑に......(※AGを指差して)?

AG:はははは、そうですね。

-企画内容に関してはバンド側と一緒に話し合う機会はあったんですか?

森田:面と向かって話したのは今日が初めてですね。まあ、他のイベント会場で立ち話したり、マネージャーを介して話をさせてもらうことはありましたけど。

-TOWER RECORDSというと、現在は"Bowline"というライヴ・イベントをやってますよね。そことはまた差別化を図りたい、という気持ちもどこかにありますか?

森田:"Bowline"と比較するつもりはないんですけど、2マンは出演するアーティストの比重が高いので、たくさんアーティストが出るイベントとは違う濃さを出したいとは思ってます。"Bowline"は"Bowline"ならではの良さがありますからね。"TWINTOWER"に関しては2組でどれだけやり合ってくれるかなと。

-そういう気持ちも込めて、"TWINTOWER"というネーミングに?

森田:それもあるんですけど、"TWIN"には"TWO(TO) WIN=勝つために"みたいな裏テーマがあるんですよ。お互いにやり合った結果、認め合って勝ち上がっていこうっていうような意味を込めてます。

AG:それ、すごくいいですね!

森田:3年越しですから(笑)。そこはあえて前に出すつもりはないです。2つの塔がお互いに刺激し合うというイメージですね。僕はタイトルを付けるのが苦手なんですけど、普段とモノの見方を一度変えてみて、それからタイトルを決めました。今、テーブルの上に飲み物がありますけど、味より先に色からまず考えた発想です。"TWINTOWER"という言葉の前に、お互いがバトルして勝ち上がるという色が先で、イベント名があとから出てきました。

AG:ライヴのMCで言っちゃおうかなあ。

一同:ははははは。

-それで先ほども触れましたが、改めて"TWINTOWER"の第1回にNOISEMAKERをホスト役に立てようと思った決め手は何だったんですか?

森田:自分でよしやろう!と決めたのは2015年の頭にNOISEMAKER、Survive Said The Prophet、Crystal Lake、wrong cityの4組でスプリット作を出して、それに伴って北海道から福岡までツアーをやったときですね。そこで観て改めていいバンドだなと。いい意味で昔と今で観た印象が変わらなくて、このスケール感は行くんじゃないかと。それもあり、やりましょうと。

AG:嬉しいですねえ。

森田:でも第1回なんで、これがコケたら続けられないからね?

YU-KI:いきなりプレッシャーじゃないですか!

森田:はははは。あと、1月19日にNOISEMAKERがニュー・シングル『Butterfly』を出すということで、(1回目の)イベントの開催日も1月19日に設定したんですよ。もう今回のリード曲のTrack.1「Butterfly」はカラオケで歌えるくらい聴き込んでますからね。すごくいい曲だと思います。NOISEMAKERらしい仕上がりの楽曲だなと。まだ歌詞はきちんと読んでないので、それも楽しみにしてます。