MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

WANIMA

2015.11.05UPDATE

2015年11月号掲載

WANIMA

メンバー:松本 健太(Vo/Ba) 西田 光真(Gt/Cho) 藤原 弘樹(Dr/Cho)

インタビュアー:西廣 智一

-この機会に藤原君と西田君に訊いてみたいんですが、ふたりは松本君が書く歌詞についてどう感じてますか?

藤原:クサい言葉を使わないように意識してるのも伝わってくるし、見ていて照れちゃうような言葉もないし、素晴らしいと思います。それに聴き手によっていろんな解釈ができる内容だと思うし単純に好きです。

-それこそ西田君は、松本君との付き合いが1番長いわけですが。

西田:内容も共感できるところが多くて。僕、歌詞をもらってからじっくり読むことが多いんですけど、そのときに"ああ、これはこういうことを想像して書いたんだな"ってある程度わかるというか、歌詞の風景がなんとなく見えてくるんです。それは同じ町で同じものを見て育ってきたからかもしれない。あと、例えばオケができてメロディを乗せた時点で"この曲の歌詞はエロ系だな"というのがわかるというか。ちょっとスカっぽい裏打ちを使ったリズムの曲だったらエロっぽい歌詞かなと想像してると、本当にそういう歌詞が上がってくるし。Track.2「夏の面影」だったらイントロを聴いてちょっと懐かしいなと思ってたら、そのメロとオケに対してピッタリの歌詞を持ってくるし......あの、ちょっと......トイレに行ってきていいですか(苦笑)?

-どうぞどうぞ(笑)。

松本:"あの、ちょっとトイレ......うっ......"って書いておいてください(笑)。

藤原:あははは(笑)!

-藤原君も曲を聴いて歌詞の世界感がある程度想像できる?

藤原:はい。それに健太は歌詞ができる前に、まずその曲の雰囲気に合わせて思いついた仮の歌詞で歌うんですけど、その雰囲気から"今回はエロ系だ"とか"あ、今回は真面目な感じなんだ"とかいろいろわかります。

-松本君はみんなで音を合わせてるときに、なんとなく歌詞のテーマは見えてるんですか?

松本:例えば「夏の面影」は、たぶん"夏の面影"ってワードがスタジオで出た気がしたんですよね。たまたま曲の中に夏の雰囲気があったのか、そういうコードだったのかわかんないけど。今回はわりとそういうのが多かったです。とはいえ、歌詞を書くときはすごく悩むんです。Track.3「いつもの流れ」のときは歌舞伎町の街の流れを見たかったので、ひとりで怪しい顔しながら散歩してて、職質もされました(笑)。だから"夜の東京"やったり"路地裏の喧嘩"やったり、そういうフレーズが入ってるんです。

-では何かキーワードになるものがひとつ出てきたら、そこから広げていくと。

松本:そうです。あとは自分の中でどうにも解決できないことを歌詞にしたり。今すごく苦しかったり悲しかったり、本当にどうにもできなかったりする人に届いて欲しいという想いを込めて、個々に生きていますが一緒だと伝えたいんです。俺は言葉を安っぽく考えてなくて。"言霊"っていうものがあると信じてるので、言葉遊びは大好きですけど、言葉ひとつひとつの意味をちゃんと考えて大切に思ってます。

-と同時に、Track.9「いいから」みたいなエロ系の歌詞も出して売るわけですね。

松本:そうです。"エロにも真面目"です。ちからー!!

-"エロにも真面目"。すごくアカデミックな響きですね。

松本:やっぱり気持ち良くなりたいですし、気持ち良くさせたいです(笑)。

-これは1月のKen Bandと10-FEETとのツアーでWANIMAのライヴを観て感じたことなんですが、この3組は地続きで繋がってるなって。90年代にハイスタが作った道があって、その道を10-FEETが2000年代もずっと繋いでいき、今はWANIMAが自分たちの音と言葉で引き継いでいる。そう考えたら、すごく感慨深かったです。

松本:あのときは10-FEETやKen Bandが"出ろよ"と快く言ってくれて。俺、自分があの歳になったとき、後輩に対して同じように優しくできるかなってちょっと悩んじゃったんですよ(笑)。そのとき、俺は2バンドの音楽も大好きですけど、それ以上にあの人たちの人柄がすごく好きなんだなって気づいて。そういうことをあの先輩たちから教わった気がしますし救われてます。

-その人柄って絶対に音に出ますもんね。でもそれはWANIMAも同じだと思いますよ。

松本:おお、それはすげえ嬉しかとです!!

-だからこそ信頼できるんですよ、WANIMAのことが。本当にこの作品の反響が楽しみですね。

松本:全然反響がなかったりして(笑)。"日本語かよ!"みたいな。

藤原:ここまで語っておいて、それ(笑)?

松本:(笑)ちょうど今、このアルバムの曲を練習したり、次の作品に向けていろいろ動いたりしてるんですけど、このアルバムを経てWANIMAはどうなるのかなって。でもまた、あっという間なんだろうなって気もします。ワンチャン狙いながらではあるんですけどね。そして、夜の方のワンチャンもバシッと決めていきますよ、俺は!