MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

WANIMA

2015.11.05UPDATE

2015年11月号掲載

WANIMA

メンバー:松本 健太(Vo/Ba) 西田 光真(Gt/Cho) 藤原 弘樹(Dr/Cho)

インタビュアー:西廣 智一

-1stミニ・アルバム『Can Not Behaved!!』のリリースから1年経ちましたが、WANIMAを取り巻く状況はかなり変わりましたね?

松本:そうですね。でもあっという間でした。正直に言えば、そんな状況を確認する暇もなく1年が過ぎていった感じです。

-今年の夏には数多くの夏フェスに出演して、WANIMAを初めて観る人も多かったと思います。

松本:以前はそれこそ2~3人のお客さんから始まって100人ぐらいが限界だったんですけど、CDを出してからはそれが何倍、何十倍にもなって。

-自身のツアーでもTSUTAYA O-WESTや渋谷QUATTROを満員にできるくらいになった、そういう現実にみなさんは追いつけているんですか?

松本:でも振り返るまでもなくって感じで、ファイナルが終わる前に次のツアーが決まってたり、『Can Not Behaved!!』のツアー・ファイナル前にはもう次のシングルやフル・アルバムのレコーディングに入ってました。時間に追われてるようで、逆に追ってたような気もします。『Can Not Behaved!!』をリリースする前はちゃんと活動できてなかった時期が長いぶん、今は音楽をやれてる喜びと、いろいろ課題もあり、本当にあっという間の1年でした。

-じゃあ今の状況というのは、本当に待ち望んでいたものだと。まだその余韻に浸ってる状態ではないわけですね。

藤原:僕たちは、まだまだそんな段階じゃないです。

松本:全然です。浸るときが来るのかなってぐらいで。でもそういうときが来ちゃったら、もうWANIMAはダメかなとも思うし。もし俺らが余韻に浸り始めたら、周りにいる方に東京湾に沈めてもらいます。

-でも本当にWANIMAのこの1年は、常に突っ走ってる印象でしたよ。

松本:とにかく周りをがっかりさせたくなくて、ただ驚かせたいんです。応援してくれてる人や初めて知ってくれた人に対しても。

-そんな1年を経て完成した1stフル・アルバム『Are You Coming?』ですが、本当に素晴らしい作品に仕上がりましたね。

松本:ありがとうございます! "ヴォーカル、嬉し泣き!"って書いておいてください!

-(笑)今作はこの1年間で書かれた新曲が中心なんですか?

藤原:Track.7「1CHANCE」とTrack.12「THANX」以外は全部新曲です。

松本:自分たちが"今"好きな歌を詰め込んだ感じです。

藤原:ちなみに今作のレコーディングは『Can Not Behaved!!』のリリース・ツアー中に始まって、終わったのはツアーが終わる4月ごろでした。

-すごいペースですね。みなさんは"レコーディングを集中してやりたい派"ですか? それとも今回みたいに"ツアー中にレコーディングが入っても特に問題ない派"ですか?

藤原:"特に問題ない派"の方ですね。

松本:とはいえ、ずっと気は張ってました。ツアー先でも"歌詞を作らんといかん"とかありましたし。その合間でワンチャンも......。でも音楽をやれてるってことは、それさえも望んでたことなので。歌詞で悩んだりはよくしますけど、ツアーとレコーディングを分けるのはこれから先もしなくていいかなって気はします。

-じゃあライヴ活動の延長に音楽制作があると。

松本:目立ちたがりな性格で、音楽するのが誠に好きです。ニヤリ。

-曲作りに関して、以前みなさんにお話を訊いたときは"全員でスタジオに入って作っていく方法"だとおっしゃっていましたが、今回もまったく一緒ですか?

藤原:はい、基本的にはスタジオでセッションしながら固めてくやり方です。最終的なジャッジは(松本)健太が下すんですけど、最初に3人で音を合わせて、そのとき3人のうちひとりでもピンとこなかったら全員が納得できるまで変えていきます。

松本:本当に初歩的なスタイルです。難しいやり方は一切なし。俺はパソコンも使えないですし、携帯の録音機能を使って録るときに、携帯をバッグに入れて録ると音が割れないことに気づいてテンションが上がるくらいの初心者ですから(笑)。