MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

UMBERBROWN

2015.10.09UPDATE

2015年10月号掲載

UMBERBROWN

メンバー:So(Vo/Gt) Toshi(Gt/Vo) Yasuhiro(Ba/Vo) Ryo(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-"歌を届けたい"という気持ちはどこから?

So:このギターがかっこいいと思うこともあるけど、好きな曲は歌から気に入ることが多くて。このサビの歌がいいなって。あと、ツアーを重ねる中でメンバー内で歌を押したいという気持ちが強くなったんですよ。普遍的にいい歌があるうえで、後ろのアレンジは面白くみたいな。歌も聴かせたいし、アレンジも演奏も聴かせたいですからね。

-バンドの最終目標はMr.Childrenとか?

全員:はははは。

So:でも仰っていただいた通り、サウンド的にはそういうところですね。最終的にどうなりたいのか、こないだも話し合ったんですけど、若い人でも年配の人でも一緒に楽しめるロックを届けたい。だから、いつか日本武道館でライヴをやりたいですね。

-世代問わずに響く音楽をやりたいと。前作は"歌って踊れるエモ・ポップ"みたいなものを目指していましたけど、今作に向かう過程で考えたことは?

So:歌って踊れる感じは好きなので、それもありつつ、今回は1stアルバムのような尖った感じというか、ライヴハウスの勢いや衝動を意識しました。

-それは原点回帰みたいなニュアンスですか?

Yasuhiro:ラウド系の激しいバンドと対バンする機会も多いので、そこから刺激を受けた部分もありますね。

So:歌って踊れるポップ感ももちろん好きなんだけど、ライヴハウスで何バンドか出演するイベントがあったらその中で1番にならないとダメだと思うので、ライヴのバリエーションを考えたときに疾走感やエッジも大事だなと。今までもやっていたけど、制作前にちゃんと話し合ったのは今回が初めてかもしれない。去年の8月から制作に取り組んでいたから、1年ぐらいかかっちゃったんですけどね。

Yasuhiro:だけど、満足のいく作品ができたと思います。尖ってる曲とメロディアスな 曲がお互いに引き立て合ってるから。

-ギター・ロック的なアプローチの楽曲もありますからね。

Yasuhiro:いい意味で実験的というか、新しいことをやりたくなる性格だから(笑)。

So:どんどん曲もバージョンアップするから、今回はそれで時間がかかったのかもしれない。14曲ぐらい作って、それから8曲に絞りました。収録曲はバンドだけの意見になると主観が入るから、レーベルの方に選んでもらったんですけどね。僕自身はすごく納得してます。

-前作で歌って踊れるポップ感が確立できたからこそ、そこにもっとスパイスを加えたかった?

So:というよりも、僕らはその時々でやりたいことをやっているんですよね。なので統一性があるかと言われたら、あまりないかもしれないです(笑)。

Yasuhiro:以前にやったようなアレンジは無意識に避けてるところはありますね。なるべく自分たちにとって新鮮なフレーズを取り入れたくて。今回は身体というよりも、心から躍ってもらえるような作品になればいいなと。

So:盛り上がってくれるのは嬉しいけど、暴れるだけがライヴじゃないからね。心にちゃんと響けばいいなと。全体的に開放感溢れるサウンドにはなってると思います。自分が聴いたときにテンション上がる曲を作ったつもりだからね。1stアルバムのころはオルタナティヴ、エモみたいなサウンドだったけど、今回はわりと自然に明るくなりました。

Yasuhiro:晴れた日に聴いてくれたら、さらに良く響くかなと。

Toshi:マイナーの曲よりも、メジャー志向の曲の方が残ったという。キラキラ感はありますよね。

So:1stアルバムを出して、ツアーを回っていたころはマイナー調の曲が多くて、お客さんと距離があったんですよ。だけど、ライヴでお客さんを身近に感じたいし、俺らはそんなにシリアスな人間ではないですからね。ピースフルな素の人間性をライヴで出した方がより空間を共有できるんじゃないかと。前作からその流れはあったので、今回は特に意識したわけではないんですけど。