MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

lynch.

2015.10.07UPDATE

2015年10月号掲載

lynch.

メンバー:葉月 (Vo) 玲央 (Gt) 悠介 (Gt) 明徳 (Ba) 晁直 (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-今作は今までの中で1番好きなアルバムです。

葉月:おっ!

-アルバム名は"D.A.R.K. -In the name of evil-"ですが、リズム・パターンもバリエーションに富んでいるし、表題とは真逆のことを言うようですけど、外に開かれた作風だなと。

葉月:なるほど。確実に外に向いてるアルバムだなと僕も思います。音楽的にコアなところは『GALLOWS』(2014年リリースのアルバム)から意識していたんですけど......自分たちのやるべきことをやろうと。結果、今までのlynch.のファンにも楽しんでもらえると思うし、lynch.を知らない人もわかりやすい作品に仕上がったんじゃないかな。そういう意味では全然ダークではないですね、ブライトです(笑)。

-いやいや、もちろん従来のlynch.らしいダークさやヘヴィさがあるんですが。意識せずに、聴きやすいものが出てきたのでしょうか?

葉月:キャッチーであることは僕の中のテーマですからね。誰もが聴きやすいキレイなメロディというわけではないけど、今回はより広いところに意識が向いているという(笑)。それは僕からするとですけどね。普通に歌ってもうまい人はたくさんいるし、僕らがやるべきことを詰め込んだ感じです。

-玲央さんはどうですか?

玲央:キャッチーにしようとわざわざ話すことはなくて、メンバーみんながバックボーンとして持ってるものですからね。ただ、手法としてはマニアックな構成や不協和音を使ったコード進行とか、そこからキャッチーな方向へアプローチしていくというもので。それを何年か前からバンドとして形にしたいと思っていたんですよ。それをスムーズにアウトプットできたアルバムだと思います。だから、荒金さんが言ってくれた感想は僕らが聞きたかった感想です。

-明徳さんは?

明徳:『EXODUS-EP』(2013年リリースのアルバム)からバンドの武器としてダークを突き詰めることが始まったと思うんですけどけど、今回アルバムはバラエティに富んでいる一方、"ダーク"、"イーヴル(=邪悪な)"というテーマが確固たるものとしてありましたからね。lynch.がやればTrack.10「INVADER」みたいな曲もハマる(笑)。自分たちの間口が広がったな、と再認識できました。

-"ダーク"、"イーヴル"というテーマは事前にあったんですか?

葉月:そうです。『GALLOWS』を作ったあとに、もう少しダークでイーヴルな部分を突き詰めれば良かったなと思ったんです。歌詞もメロディも普通なものもあったから、そこをもっと突き詰めたら、わかりやすい個性としてドンと出せるのではないかと。

-バンドの中でダークでイーヴルな面を突き詰めることができたからこそ、キャッチーな側面がより浮上してきたんですかね?

葉月:どうだろう......ダークと言っても曲調がどよんとしてるわけではないし。雰囲気やイメージというか、歌詞の世界は自分も演じているところがあるんです。なので邪悪なもの、闇的な何かを演じるのは楽しかったですね。

-悠介さんはどうですか?

悠介:lynch.はキャッチーさを大事にしていますからね。今回は聴く人それぞれ意見は違うだろうけど、それを楽しみにしているところもあります。"このアルバムはこう思う"という意見を素直に聞いてみたい。別に僕らに寄り添う意見は聞きたくないし、全然ダークじゃないという意見の人もいるかもしれない(笑)。ただ、今後の僕らのスタイルをこの作品で築くことはできたかなと。

-具体的には?

悠介:今までの作品はライヴをやって初めて完成するというところがあったんですよ。今回のアルバムはライヴを想定したので、作った時点で完結している。気は早いかもしれないけど、これを軸にしてもう次の作品に向かえるかなと。

-今回はそれだけ1曲1曲の完成形が見えていた?

葉月:曲作りの段階からライヴを意識したのは実は初めてなんです。

-えっ、そうなんですか?

葉月:今まではスピーカーで聴いて、かっこいいものを作ってきたんです。それをただライヴで演奏すると。今回はライヴでこういう展開、こういうテンポ・チェンジがあったら盛り上がるかな、とイメージしながら作りました。

-意外ですね。なぜこのタイミングでライヴを意識しようと?

葉月:パッと思いついたんですよ。逆に何で今までやらなかったのかなと(笑)。

-それも意識が外に向いてるからなんでしょうね。晁直さんはどうですか? 今回はドラムの音も鮮明に聴こえますね。

晁直:ドラムの音はでかいですからね。タイトルの"D.A.R.K."はメンバーそれぞれ解釈は違うだろうけど、曲ごとにダークな要素を部分的に盛り込んでいます。突き詰めるところは突き詰めて、引くところは引いているから、明るい印象も受けるし、ダークな印象も受けるのかなと。

-アレンジや展開は凝ってますが、全体的にかなりシンプルになってませんか?

葉月:そうですね、今までの中で楽器陣は1番シンプルですね。