MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Raglaia

2015.08.11UPDATE

2015年08月号掲載

Raglaia

メンバー:RAMI(Vo) K-A-Z(Gt) YOUTH-K!!!(Dr) ERY(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-デビュー・シングル発表後の周りの反応はいかがですか?

K-A-Z:僕が女の子と一緒にバンドをやることにまずビックリしてました。やったことがなかったし、ありそうでなかったラインだから。あとはサウンドですかね。すごく攻めてたじゃないですか?

-ええ、そうですね。

K-A-Z:YOUTH-K!!!とは一緒にやる機会も多いけど、それでも"YOUTH-K!!!をチョイスしたんだ!"という反応もありました。サウンドがメタリックだから、チョイスは良かったと思う。あと、僕の言うことも聞いてくれますからね。

全員:ははははは。

YOUTH-K!!!:まあ、そうですね。(笑)。

K-A-Z:女形2人は僕の周りに知らない人もいるから、"かわいいから、いいな!"って。音うんぬんの前に"キレイどころと一緒にやれていいな!"って。それが野郎の素直な感想なんでしょうね(笑)。あと、RAMIさんの歌声、ERYさんのキャラとかMVから入った人も多いので、"女の子ふたり、かっこいい!"という意見は多かった。音楽的にもひよってないし、"K-A-Z面白いこと始めたね"という意見が多かったですね。

ERY:私はずっとパンク畑でやってきたから、"周りからメタルやれるの?"と驚かれるばかりで(笑)。弾き倒すベースでもないし、でもいきなりK-A-Zさん、YOUTH-K!!!さんという先輩たちと肩を並べるわけで。あと、RAMIが復活するところにERYもいるんだという喜びの声も多くて、1stライヴも周りから観に行きたいと言われましたからね。

-RAMIさんはどうですか?

RAMI:私を待ってくれた人がたくさんいてくれたので、その声にやっと応えられたという気持ちでいっぱいでした。"ただいま!"と"おかえり!"のコール&レスポンスというか、それができたことが嬉かったです。

-改めて音楽ができる喜びを噛みしめた?

RAMI:Aldiousを脱退したときは二度とステージに立てないと思っていたけど、音楽への気持ちを拭い切れなかったというか......今後も歌い続けるんだ、という気持ちを噛みしめてます。

-今回の歌詞にも通じる内容ですね。

RAMI:あっ、そうですね(笑)。

K-A-Z:RAMIさんが1番ステージに立った感触は大きかったんじゃないかな。我々はちょこちょこライヴをやってるし、現場には慣れてますからね。でもRAMIさんはブランクがあった分、観客の待ってた感がすごかった!

-YOUTH-K!!!さんはどうですか?

YOUTH-K!!!:自分は今までメタル・サウンドをやってきたので、周りは"あいつらしいな"という反応ですね。ただ、1番驚かれたのはERYとリズム隊を組んだことで、それに興味を持ってくれた人も多くて。ライヴ前にリハをしたときにもバンドの全体像が見えたんですよ。寄り集まったバンドではなく、ずっと前から一緒にやってるような自然なグルーヴが生まれて。この前のツアーではお客さんにそのへんも見せられたんじゃないかな。

RAMI:心の距離はすごく近く感じられました。初対面のときはどんな人だろう?と思ったけど、定期的に飲み会というか、親睦会をやっていたから(笑)。K-A-Zさん、YOUTH-K!!!さん、ERY、お互いに歩み寄ろうという様が見えたから、そういう状態になれたのかなと。

-飲み会がバンドのグルーヴを高めたと(笑)。

ERY:肉を食べながら酒を飲んで......それがリハと同じ回数ぐらいありました(笑)。

YOUTH-K!!!:まだ会って半年という感覚はないですね。

-わかりました。そして、今回早くも2ndシングルが完成しましたね。

RAMI:もともとTrack.2「Promises」はデビュー・シングルで出す予定だったんです。Track.1「Aching Memories」が今回のリード曲になったのは、まだゴリゴリで行こうという話になって決まったんです。それもレコーディング中に決定したんですよ。実は「Aching Memories」は次に出るアルバムのリード曲にしようという話しもあったけど、出し惜しみせずに2ndシングルのリードにしました。

K-A-Z:「Aching Memories」を録りながら、すごくいい曲だと思ったから"どう考えてもこっちでしょ!"って。ロック・バンドのかっこよさを見せるなら、耳障りのあるインパクトの強い曲の方がいいなと。やっぱり、ロック・ファンを唸らせたい気持ちが強いんですよ。「Aching Memories」はMVも公開されているけど、有無を言わせずかっこいい!という反応をもらえているから、こっちを押して良かった。