MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

激ロック × ROACH

2015.08.19UPDATE

2015年08月号掲載

激ロック × ROACH

メンバー:taama(Vo) くぼっち(Gt) 勝也(Ba) Daisuke(Dr)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ) Photo by 石原 慎

ファッション・ブランド『Subciety』がラウドロック・シーンをサポートする本誌企画第1弾として、沖縄発のラウドロック・バンド"ROACH"に初のフル・アルバム『ROACH』について、そしてファッションに目覚めたきっかけやこだわりに至るまでを語ってもらった。

-フル・アルバム完成おめでとう。意外にも初のフルだけど、どんな作品になったのか教えてください。

taama:今まではミニ・アルバムやシングルをできるだけコンスタントに出し続けていきたかったので、フル・アルバムは録らなかったですね。結局みんなiTunesとかで曲単位で買っちゃうんで、だったら曲数少なくても数打てる方がいいかなって思ってたんです。でもやっぱり(フル・アルバムを)出せた方がいいなって(笑)。やっぱり戦略よりも大事なものがあるなって感じてます。

-楽曲制作や作詞で悩んでいるバンドの姿を以前はよく見ていたんだけど、今作ではそこまで長期間リリースが空くこともなく、12曲できたってことは、バンドが非常に良い状態の証拠なのかなと思ったんだけど実際のところどうかな?

taama:今までで1番いいような気はします。それに、今までの取材って僕がメインで受けてきたんですけど、今回の取材では半分ぐらいくぼっち(Gt)が答えられそうな印象があって。楽曲に関してはくぼっちに指揮をとってもらったので、自分はメロディと歌詞に専念してました。

くぼっち:そうですね、今のバンドの勢いと空気感、バンドの状態の良さを無理なく音で表現できていると思いますね。制作中にもツアーやイベントに出ていたんで、フロアとステージとの空気感だったりそういうことを改めて考えて作った楽曲もあったりして。僕らのライヴの空気感を音だけで再現したいと思って作った作品です。

-あがってきた楽曲を聴いてリズム隊のふたりはどうだった?

勝也:最初は5月ぐらいにレコーディングの予定だったんですが、いろいろあってリスケしたんですけど、リスケした後に5曲ほど作ったんですがそれは早かったですね。それまでもわりとたくさん作ってたんですが、なかなかまとまらなくて。後半に作った曲は昔のようにリフを持って来てスタジオで作りこんでいくという感じでやりました。その辺りからはすんなり進んでいくようになりましたね。昔やっていた方法ではあるんですけど、新鮮でしたね。

-楽曲制作を昔のやり方に戻したということかな?

くぼっち:昔に戻ったのかな? スタジオで作るっていう。

taama:俺は全部別物だわ。日本語詞を乗せる前提で作るメロディって今までずっと自分が作ってきたやり方なんですよね。今回はそれを全部無視して、出てきたリフとリズムにとりあえずメロディを乗せて、むしろ今までやってこなかった方向に寄せられたらいいかなって。自分的には今までとアプローチが違いましたね。おかげで日本語詞が乗らなくて大変でした(笑)。だから今回英語詞が増えましたね。

-なるほど。今までは"俺たちは日本のバンドだから、日本語詞に合うメロディを入れないと"っていう自分の中で縛りがあったのが、今作ではそこは気にせずにできたと?

taama:そうですね、そんなに縛られてるつもりもはなかったんですけど、今思えば縛られてたのかなって。とはいえ、できあがってみると"今までのROACHとは別物の全く新しいメロディだ"というほどではなかったんですが、自分たちの中では大きな変化を感じてますね。ROACHって厳密に言うと、1番初めに12曲入りのフル・アルバムを出してるんです。でもそれは以前在籍していた事務所に入りたてで、"とりあえずリリースするから今ある曲を全部出してくれ"って言われて出した作品だったんですよ。なので現メンバーでアルバムを作ったのは今回が初めてなんです。だからこれが最初のフル・アルバムだなって、完成してから改めて思ったんです。僕の中でセルフ・タイトルって1番最初のアルバムにつけるイメージが強いんですよ。できあがってから"セルフ・タイトルで今のメンバーだし、これが1枚目のフル・アルバムだな"って改めて実感していますね。

Daisuke:制作のやり方を戻したって話が出ましたけど、1度今までどおりのやり方で作ってレコーディングしようとしたんですが、でもうまくいかなくてレコーディングをリスケしたんです。そのあとTrack.1「SPEAK OUT」を作ったんですけど、ヴォーカルに裏声を入れてみたり新しいことにチャレンジしたのがすごく良くて。そこから5曲ぐらいどんどんできて。「SPEAK OUT」ですが、くぼっちがリズムを持ってきたとき、ハードロックのイメージだったんですよ。今までの楽曲って"ライヴハウスで目の前の人が暴れているような光景を想像して作ってたんですけど、この曲はそうじゃなくてどんなイベントでも、曲を全然知らない人でもノリやすいハードロックのイメージでテンポ感を大事にしてます。そういうことを意識して作ったらすごくいい感じになって、新しいことができたなって思いますね。

くぼっち:最初にパッとやった感じがそのまま曲になりました。

taama:メロディは仮歌で適当に歌ってたのがそのままになってるもんね(笑)。