MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Fo'xTails

2015.07.16UPDATE

2015年07月号掲載

Fo'xTails

メンバー:takao (Vo) 鳴風 (Gt) テラ (Gt/Prog) 坂本 尭之 (Ba) 峻洋 (Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-Fo'xTailsがメジャー・デビューをして約5ヶ月になりますが、メジャーでの活動はいかがですか?

takao:デビューしてから初めてのツアーを経験して......メンバーの良さとか自分に足りないものとか、ツアーに行ったからこそ気づけたことがたくさんあったので、悔しい思いもしたんです。今回のCDを作るにあたっても課題がすごく見えて、俺は作詞の壁に何度もぶち当たったり。なので刺激がたくさんあります。

鳴風:前よりも、自分にも周りにも厳しくなった気がします。もともと上を見て活動してきたんですけど、より具体的に見えてきたというか。まず目先の目標がひとつ見えた気がします。

峻洋:1stシングルから2ndシングルに向けて音源にするときや、ツアーやイベントを通じてメンバーから意見をもらったり、先輩方と対バンしたりして自分の弱点や良さが見えて、一打をどう出すかとか、"バンドが次のステップに行くために自分が何をするべきなのか"がはっきりしてきて。次のツアーをやるときや、次に音源を出すときにそれをしっかり克服していけるように......という気持ちは強くなったかな。

坂本:スタッフさんやFo'xTailsを見てくれてる人たちの期待値の高さが以前よりも増しているなと思うと同時に、自分たちが自分自身に課す期待値の高さというか......"これじゃだめだ!"というような精神的な目標が高くなっているのはすごく感じます。ツアーやイベントで自分たちが持っていない良さを持つ人とたくさん関わることができたので、そのときに自分たちに足りないものが具体的に見えてきて。それをより良くしていきたいという気持ちでひとつひとつのスタジオやライヴのたびに考えたりしています。

テラ:これまでも新しい出会いはたくさんあったんですが、メジャー・デビュー以降、また新しい出会いがあって......自分たちより先輩の人たちや、自分たちよりもひとつ上のステージでやっている人たちとお話できる機会やライヴを観る機会が増えたかなと思っていて。そういう人たちのストイックさや考えていることは、自分たちが悩んで考えてることよりも先を行っている感じがすごく伝わってくるんです。だから自分たちに対して厳しくなったり......そういう精神面の変化が大きいですね。

-ではFo'xTailsは"もっと頑張らなきゃ"というモードだと。

takao:そうですね。いつもそうなんですけど(笑)、特に気が引き締まった感じです。

-わかりました、ありがとうございます。そして今回の2ndシングル『Innocent Graffiti』、表題曲はTVアニメ"純情ロマンチカ3"のオープニング主題歌ということで。takaoさんはどういう観点から歌詞を書いていったのでしょう?

takao:テーマや要望がしっかりとあったので、最初はそこに対して書いていって、第三者目線で書いたりもしてたんですけど、鳴風から"takaoっぽくない"と言われたんです。

鳴風:最初書いてた歌詞は言葉の選び方が全然takaoらしくなくて。別にtakaoが書いて歌わなくてもいい、誰が歌ってもいいような歌詞を書いてたんです。だからこれはちょっと違うんじゃないかなと思って。

takao:そこでいろいろ提案もしてくれて、行き着いたのが"自分の恋愛観"だったんです。学生のときの恋愛観をバッ!と書いて。いただいたテーマもありますけど、最終的には自分の感じたことをちゃんと書きました。時間かかりました。何度も書き直して、最終的には全部まっさらにして書き直して。

坂本:takao君の気持ちが素直に出てる歌詞だと思います。いい意味でなんですけど、歌詞だけを見てると恥ずかしくなるような(笑)。ひとつひとつの言葉がキュンとする。文字をあえてカタカナにしたりするところとか、こういうところは僕は好きですね。誰を思い浮かべたのかな?

takao:中学校のときに好きだった子(笑)。

坂本:ああ、いいね~。

-やっぱり"純愛"というとそれくらいのころですよね。

takao:本当に学生のころですね。なんでもときめいてたときの気持ちをこれにギュッと入れました(笑)。......今回は"自分を殺すことも必要かな"と思ったりもしたんですけど、鳴風から"takaoじゃなくてもいい歌詞だ"と言われて......俺はやっぱり自分の言葉で言いたいなと思ったんですよね。だからそういう意味では、これは俺の良さなんだなと思って。だから今回はテーマに寄り添って、自分の言葉で自分の思ったことを書いていきました。

-そうですね。「Innocent Graffiti」は曲も書き下ろしなんですよね?

takao:そうです。いろんなものを出していたんですけど、この曲をテラちゃんが持ってきたときに"これを作者さんも選びそうだし、俺らもこれが合うんじゃないかな"と思ってたら案の定そうなって。テラちゃんもアニメを観て作って、そしたらすごくマッチしたというか。この曲に決まるのもすごく速かったんです。

テラ:自分もタイトルと大雑把なことしか知らなかったんですけど、最初から"オープニングだから明るめで、ちょっとアップテンポでキャッチーな感じ"というテーマをいただいて......でもそのテーマだけだとわりとオープニングではよくある感じだから、曲調絞るのは難しいなと思って、第1期のときのアニメをひと通り観たんです。そしたらイメージがすぐ湧いてきて、その勢いでばーっと書いたやつを(アニメ製作側に)送ったら結構いい反応だったんです。