MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2015.03.20UPDATE

2015年03月号掲載

ROACH

メンバー:taama (Vo) くぼっち (Gt) 勝也 (Ba) Daisuke (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-2枚立て続けでシングルを出すのは初ですね。

taama:そうですね。前作はOne-Coin recordsから初めて出したから、"よろしくお願いします!"という1枚で。今回はこれからを見据えたシングルというか、未来のイメージを描きながら作りました。とはいえ、まだ何も作ってないんですけどね(笑)。今回フワッとしたヴィジョンは出せたかなと。

-そのヴィジョンというのは?

taama:音像ですね。日本語詞やメロディの良さを気にせずにガンガン出しちゃえって。ロックは響きも大事だったりするじゃないですか。かっこ良く聴かせたいときは耳触りの良さを大事にするけど、それを無視して、出てくる言葉をしっかり歌詞にして、ちゃんとメロディにバッチリ乗せられた気がします。初期のROACHが戻って来た感じはしますね。過去と現在がクロス・オーバーしてるのかなと。

-前作の表題曲「CALL ME LAZY」も5年前の曲でしたけど、ちょっと振り返るモードになってるんですかね?

taama:きっと原点回帰したいんでしょうね。最初のころの衝動やヴィジョンを見つめ直したいのかな。今より昔の方が日本語の響きを大事にしてたから。

くぼっち:今回のシングルは今まで持っていたROACHの持ち味と、今持ってる技術を入れつつ、ハイブリッドなROACHを見せられたかなと。

勝也:同じことになるけど、ベーシックは初期っぽいけど、上モノというか、サウンドのアプローチは新しくて、それがうまく融合してると思う。

Daisuke:今回は新しく同期を入れて、ひとつ上にいったシングルだと思うんですよ。さらに進化して、今までにない僕らの音源になった。

taama:"ROACH、武装しました!"って感じだね。

-ああ、バンド的にはそういう印象なんですね。

taama:ベーシックはどストレートに戻ってるけど、サウンド・アプローチは同期をガンガン入れてますからね。今までは自分たちが同期をガンガン使うことに対してはアンチだったので、ライヴでもコーラスぐらいしか入れてなかったから。ヘンに4人で出す音にこだわってました。でも何か足りない、何か必要だなと思って、今回は振り切ってやっちゃおうと。で、入れてみたら"いいな"と思って。

-今のラウド・シーンだと、同期を入れてないバンドの方が少ないかもしれない。そういう意味でROACHは敬遠してたんですか?

taama:というより、どんなに悪い環境でも音が出せないとダメみたいな意地があったんですよ。

Daisuke:沖縄でずっとやってたからじゃない? 米兵の前で演奏するときはドラムは生音だし、アンプも音が小さくて、その中でいかに乗せられるかに挑戦してたから。それで米兵が暴れすぎて、そのお店のビリヤード台が壊れたもんね(笑)。

taama:やべえ、怒られるかなと思ったら、オーナーが来て、"めっちゃロック!このビリヤード台にサイン書いて"と言われて(笑)。

-ははは、いい話ですね。

taama:昔はリハも大嫌いだったし、こないだリハを念入りにやったんですよね。あんなに出音をちゃんとチェックしたのは初めてかもしれない。いい経験でした。

-今回の同期も違和感なく馴染んでて、曲の流れの中でスムーズに聴けました。

taama:これは勝也さんが作りました!

勝也:感覚だけに頼ったので、そこまで大変じゃなかったですね。それよりも全体の構成を考えるのが大変でした、Aメロ、Bメロ、Cメロみたいな。