MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ギルガメッシュ×ALL OFF

2015.03.06UPDATE

ギルガメッシュ×ALL OFF

メンバー:ギルガメッシュ:愁(Ba) ALL OFF:Yukio(Gt)

インタビュアー:TETU★KID

-今回ギルガメッシュのツアー[girugamesh 2014-2015 tour "gravitation"]にALL OFFが参加されていましたよね。ツアーを通してどんな関係値が築けたのか、ツアーやライヴをお互いがどんな目線で観ていたのかというところをお聞きしたいのですが、いかがでしょう?

愁:もともと今回のツアーは関係値の深いバンドを呼べたら1番よかったんですけど、まあ、僕らもある種の友だち作りライバル作りじゃないですけど、いろんなバンドと関わってツアーをしていきたいと。その中でいろんなバンドを聴いて、紹介されたものを聴いてALL OFFっていうバンドを知ったんですね。そこからメンバーもスタッフもぜひブッキングしたいなというところから始まったんです。だからそこまではお互いにそんな情報はないですね。出てもらえることになってツアーで打ち上げしたりとか話したりして、年齢も世代も一緒で、聴いてきた音楽もなんとなく一緒だったりしてて、そういう意味ではすごくいい関係性ができたひとつのバンドですね。

-なるほど。Yukioさんは、ギルガメッシュからツアーに参加して欲しいというお話を初めてもらったときとかはいかかでしたか?

Yukio:実は、僕は昔からギルガメッシュを知ってたんですよ。偶然なんですけど、僕らのライヴにずっと来てくれるお客さんがギルガメッシュも好きだったんです。そこでギルガメッシュって知ってて。昔から結構僕らにとっては目線は高かったんです。すごいキャリアもあって、まさか一緒にやれるなんてっていう感じだったんです、当時は。だから話が来ただけで個人的にはめちゃくちゃテンション上がりました(笑)。ツアー初日の渋谷clubasiaとか一緒にやれたというのがすごく嬉しかったですね。

-僕は渋谷clubasiaでの公演を拝見させていただいたのですが、ALL OFFからも熱が伝わりました。最初のMCで"ALL OFF出てくれてありがとう!"って言っていましたし。そのライヴも盛り上がっていたのですが、他はどこを一緒に回られたのですか?

愁:渋谷のあとは大阪と福岡ですね。

Yukio:初っ端から3連チャンで大きい都市を回らせていただきました。非常に嬉しかったですね。

-ツアー初日の打ち上げでお互いに意気投合したようですが、それを踏まえて回った地方都市での公演の反応はいかがでしたか?

愁:僕らの印象としては、ALL OFFの曲ってダンサブルっていうか。四つ打ちもあったりするし、踊れるし、ハッピーな楽曲なんで、まあ僕らの楽曲にもそういう面はあるから通じるものがあって。ギルガメッシュのファンも盛り上がってる印象がありました。だからいい組み合わせなんだなって。僕自身も盛り上がれたし、移動中とかもだいたいiPodでALL OFF聴いてたし(笑)。

Yukio:主要都市じゃないですか、だからギルガメッシュのお客さんが多い中でやらせてもらって。今までやっぱり自分たちがラウドっていうジャンルでやってきた客層と全然違いますし。だからお客さんの反応とかも違ってて。どういうふうにお客さんを巻き込んでいくかっていうのをその3連チャンの中でかなり試行錯誤したんですよ。すごい貴重な経験だったなと。バンドとしてもステップアップするきっかけになったという感じですね。

-おふたりは3/8(日)激ロックDJパーティー15周年スペシャル@渋谷clubasiaにてDJとしても共演します。今想像している中で、どんな曲をかけようとかこの曲は絶対かけたいとかありますか?

愁:僕は過去2回他の場所でDJやらせてもらったとき、何をかければいいのかわかんなくなったからコンセプトを持とうと思って。例えばその日は"俺が聴いてきた音楽"とか、この日はツアーの前だったので"ツアーで対バンするバンドを流す"とか。そういう意味では今回も新木場の通過点の位置でやらせてもらえるので、僕らがお世話になったり、一緒にやってきたライバルたちや仲間たちの、僕の好きな曲を中心にやれたら意味はすごくあるかなって。

Yukio:僕はDJ初めてで何をかけたらいいのかもわかんなくて、ふわっとしてるんですけど。ひとつはやっぱり激ロックっていう音楽シーンで中心となるイベントなので、普段自分たちがお世話になってるバンド、それこそギルガメッシュもそうですけど、仲間たちの楽曲をキッズたちに浸透させるじゃないですけど。そういう発信する役割もあると思うので、シーンを盛り上げられるような選曲をして、普段お世話になってるバンドたちの楽曲をふんだんに流したいなと。