MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BRAHMAN × SiM

2015.02.23UPDATE

BRAHMAN × SiM

メンバー:BRAHMAN:TOSHI-LOW (Vo) SiM:MAH (Vo)

インタビュアー:荒金 良介 Photo by 石原 慎

-今回はキュレーター同士の対談でおふたりに集まってもらいました。2回目はSiMが務め、今年4回目はBRAHMANがキュレーター役になります。まずMAHさんから、2回目を振り返っていかがですか?

TOSHI-LOW:アドバイスを聞きたいね。

MAH:そうですね(笑)。1回目のキュレーターはMAN WITH A MISSIONでそこにBRAHMANも出てましたし、オールスターみたいなとんでもないメンツだったので、それをどう払拭しようかなと。まあ、タワーさんの力も借りて、すごく面白いメンツを集められたと思います。

TOSHI-LOW:誰とやったの?

MAH:イギリスからSKINDREDを呼んで、ほかにはNAMBA69、サンボマスター、BiS、キュウソネコカミ、ACIDMAN、DJ TAKAKIさんとか、お客さんとしては初めて観るアーティストも多かったかもしれないけど、楽しかったですね。DJ TAKAKIさんがやってるときもノリ方がわからないなりにキッズたちも楽しんでる感じが嬉しくて。SiMのイベントだったら、ここまでのメンツは集められないですね。Bowlineという名前を借りて、また違うことができたので良かったです。

-SiM主催イベントでもジャンルにこだわらないメンツを集めている印象はありますが。

MAH:そうなんですけど、やっぱりここはハズせないという項目が自分たちにあるので、また違うんですよね。

-なるほど。2回目をやり終えた感想は?

MAH:1回目のMAN WITH A MISSIONで、"Bowlineはこういうもの"というものができたとするなら、それを壊せたと思います。それが狙いだったので成功でした。

-成功というと?

MAH:何でもアリのイベントと思ってもらえたかなと。"Bowline×●●"というものをちゃんと提示できたと思います。

TOSHI-LOW:どのバンドは呼ばなくて良かったかなと思ってる?

MAH:いやいや、いませんよ(笑)。

-MAHさんからTOSHI-LOWさんへ何かアドバイスがあれば?

MAH:TOSHI-LOWさんにアドバイスですか!? そんなめっそうもないです。Bowline×BRAHMANでどうなるのか、めちゃくちゃ楽しみですね。

-Bowlineの1回目でもBRAHMAN、SiMは共演しているわけですけど、そのときの印象は?

TOSHI-LOW:Bowlineも初めてだったから、何もわからないじゃん。こうして繋いでやっていくことで、初めて意味が出てくるからさ。横浜アリーナは呼びたいメンツと言ってもキャパの大きさもあるし、ある程度決まってくると思うんだよね。で、MAHは2回目でどうハズすのか考えたと思うし。1回目は王道だったから、それが良かったのかなと。

MAH:そうっすね。逆に1回目でいろんなメンツを呼ばれていたら、難しかったですね。

TOSHI-LOW:1回目は1回目で面白かったね。ただ、まだフェスの延長に近かったかな。

-話は逸れますが、BRAHMANとSiMはこれまで何回ぐらい対バンしてるんですか?

TOSHI-LOW:SoulPowerだよね?

MAH:そうですね。富山のSoulPowerというライヴハウスでBRAHMANが決まってて、その一枠にライヴハウス側から俺らが呼んでもらったときが初めてです。それが2、3年前かな。その後にフェスで何度か顔を合わるようになって......ライヴハウスはそれ以来ないですね。

TOSHI-LOW:最初の出会いがライヴハウスで良かったなと。フェスですれ違うバンドはたくさんいるけど、そこからグッと深くなるのはまた時間がかかるから。ライヴハウスって、距離が近くなるのが早いからね。もしフェスで最初に会って、今みたいに上り調子のときに出会っていたら"まあいっか"となっていたかもしれない。ライヴハウス・レベルで対バンできたのは良かったなと。

-そのときはどんな会話をしたんですか?

TOSHI-LOW:当時バイトしてたもんね?

MAH:してましたねえ(笑)。"最近どうしてるの?"、"バイトしてます"って話しました。で、西片さんもいたので、同じ席に座っていろいろと話しました。ちょうど(震災)直後でしたかね?

TOSHI-LOW:まだ世の中がわさわさしてたときだった気がする。

MAH:ちょうど(東北ライブハウス大作戦の)ホームページができて、いろんなバンドのメッセージが掲載されはじめたタイミングでした。

TOSHI-LOW:SiMは"東北ライブハウス大作戦"に食いついてくるのが早かったんだよね。だから、嬉しかったんだよ。"いや、僕らはいいっすわ"という雰囲気もまだあったころだから。まだ1年経ってなくて、何をするにも勇気がいるころだったと思うのね。その中で"俺らライヴハウス好きだから、やらせてください"と言ってきて、あっ、こいつらの出所はライヴハウスなんだって。そこでシンパシーを感じたしね。俺はSiMが大きくなる前の最後のあたりで出会えたから、インディー感、DIY感が伝わる距離で話ができたのも良かった。"なんだ、男っぽいんじゃん"って。