MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

KNOCK OUT MONKEY

2015.01.14UPDATE

2015年01月号掲載

KNOCK OUT MONKEY

メンバー:ナオミチ (Dr) dEnkA (Gt) w-shun (Vo/Gt) 亜太 (Ba)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-KNOTFEST出演いかがでしたか? 前回のインタビューの際にかなり気合が入っていましたが?

w-shun:下積みをしてて良かったなって思いましたね。やってなかったらたぶん精神的にもたなかった(笑)。それぐらいのメンツだったし。洋楽メインのメタル・フェスなわけじゃないですか。そこに対してどんなライヴをしようかって考えたときに、今までやってきたことを信じるしかなかったんですよ。結果がどうあれ、そこに全部出すぐらいの気持ちでやるのが、自分にとって1番清々しいと思って。ライヴが終わってからもその攻める姿勢はどういうライヴであれ持ち続けておかないと絶対ダメだなって、改めて教えてもらったフェスでした。終わってから風邪ひきました(笑)。

-緊張感から開放されたから(笑)?

w-shun:終わってから放心状態で(笑)。直後も少しの間、頭真っ白でしたもんね。このタイミングで参加できて経験させてもらえたことはすごく糧になりました。

-dEnkAさんは出だしからギターを弾きまくってましたがいかがでしたか?

dEnkA:そうですね、歯でギターを初めて弾きました(笑)。どでかいフェスに出れて光栄でした。30分やり切ってホッとしたのもあるし。お客さんにどう響いたかは分からないけど、やるべきことはやったっていうのが1番かな。ライヴ中に気持ち的に後ろ向きになることもなかったですね。

-ゲスト・エリアから観てましたが、3曲目に演奏した「How long?」で会場の雰囲気がガラッと変わったように感じましたが実際ステージから観ていていかがでしたか。

dEnkA:ステージ上では必死でしたけど、わりと落ち着いてはいましたね。闘志はむき出しにしようと思ってたんですけど、ふたを開けてみたらそんなにアウェイじゃなかった。なんだかんだ音楽ですし、温かい声援ももらったし嬉しかったですね。

w-shun:自分は「How long?」で安心した部分はありましたね。お客さんがどう観てくれてるかというよりも、「How long?」があることが安心感に繋がりましたね。昔の曲じゃなくて、これが今の俺たちのリアルタイムだって思いながら演奏できたので、そこで緊張がほぐれました。もしかしたらそれがお客さんに伝わったのかもしれないですね。

-KNOTFESTで他のバンドを観ることはできましたか?

ナオミチ:関西から移動して来たんですけど、1日目の途中のSiMがちょうど始まったぐらいから観れました。その後PAPA ROACHで痛恨の一撃を食らいましたね(笑)。

w-shun:会心の一撃じゃなくて痛恨なんや(笑)。

ナオミチ:(笑) そのあとLIMP BIZKITを観ましたね。気合いは入ってたんですけど、ライヴは自分たちらしくできたらいいかなって感覚で落ち着いてやろうって本番に挑んだんですけど、1日目を観てすごい影響されたのか、1、2曲目はガムシャラで突っ走ってしまいましたね(笑)。ライヴの次の日に体を痛めるのって、ワンマンぐらいでしかないんですけど、30分のライヴであんなに疲れたのは久々でしたね。2曲目終わったぐらいでもうゼイゼイ言ってて(笑)。

w-shun:ギター直すときにナオミチと目が合って、"ヤバい、ヤバい!"って顔してて(笑)。

ナオミチ:変に力が入ってしまいました(笑)。3曲目の「How long?」の前にMCがあって、そこですごい落ち着くことができました。安心して一息ついて「How long?」に入れましたね。

-リラックスできたのがお客さんに伝わったのかもしれないですね。

ナオミチ:そうですね。それは感じました。

-w-shun君のMCではお客さんが共感してくれてましたよね。

w-shun:そうですね。でもMCで"さんざん聴いてきた"って言っておきながら、"LIMP BIZKITのCDを2枚買った。"って言っちゃったけど、CDじゃなくTシャツを2枚買ったんです! 完全に言い間違えてて(笑)! PAPA ROACHとLIMP BIZKITのライヴを観てからオフィシャルのグッズに並んだんです。ちゃんとオフィシャルで売ってる物を買いたいと思って。久々にグッズに並んで、Tシャツ2枚買って"やったぁ! これ明日MCで言おう!"と思ってたのに、終わってからメンバーに"MCでCD2枚買ったって言ってたけど、Tシャツやんな?"って言われて! "今更LIMP BIZKITのCD買うはずないやん! 持ってるわ!"って(笑)。

dEnkA:俺も"あれ? 持ってなかったんかな?"って思って(笑)。

w-shun:もう大後悔ですよ(笑)。なんとかして今からでもそこのMCだけ変えたい(笑)。

-にわかファンみたいになっちゃいましたね(笑)。

w-shun:この場をお借りして、ぜひこれは書いて欲しい(笑)! テンション上がりすぎて間違えたけど、Tシャツを買ったんだって!

-さて本題に入りますが、1stアルバムから約1年を経て、2ndフル・アルバム『Mr. Foundation』がリリースされますね。環境面でも精神面でもメジャー1stアルバムをリリースしたときとは大きく変わっていると思いますが実際いかがでしょうか?

w-shun:1stをリリースした経験があってこそ、このアルバムができたんだと思ってます。1stを作って、ツアーに行って、その間に曲作りをしてたんですけど、そのときの経験がすごく活きたなと思いますね。前回チャレンジした部分があったからこそ、改めて自分たちのベーシックな音を鳴らしたいと立ち返ることができました。その点は良かったですね。今はベーシックな部分をより強固なものにしたいという思いでこのアルバムを作りました。