MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

KNOCK OUT MONKEY

2014.11.13UPDATE

2014年11月号掲載

KNOCK OUT MONKEY

メンバー:ナオミチ (Dr) dEnkA (Gt) w-shun (Vo/Gt) 亜太 (Ba)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-夏にリリースした『Wonderful Life』、『Greed』という毛色の異なる2枚のシングルですが、リリースを振り返ってみていかがですか?

w-shun:フェスでの反応が良かったです。お祭り騒ぎをしたいというかそういうのを求めて来る人には反応が良くて、そういう意味ではコンセプトと繋がってて、リリースできてよかったなって思います。

ナオミチ:今までとは違う明るいイメージの2枚だったので、どういう反応になるかな? と思ってたんですが、ライヴでやるとすごい盛り上がるんですよね。ジャンルとか関係なく、良いものを鳴らせば届くんだなってことが分かりました。

-ちなみにライヴでは「Wonderful Life」と「Greed」、どちらの方が盛り上がりますか?

w-shun:やっぱり「Wonderful Life」ですね。ソカ・ビートって夏にすごいハマって分かりやすいんだなって思いました。みんな"汗流しながら踊り狂ってるな"って。"踊れる"ってすごい大きなキーワードだと感じましたね。

-そういう意味では「Wonderful Life」は狙いどおりの曲なんでしょうね。

w-shun:そうですね。「Greed」は展開が複雑なんで、初見の人にはちょっと難しいのかな? って思いました(笑)。サビに来たら盛り上がりやすいんですけど。

-激ロックDJパーティーでは「Wonderful Life」がTOTALFATの「夏のトカゲ」と共に2014年夏のアンセム・ソングになってましたよ。

w-shun:あ、本当ですか! ありがとうございます(笑)。

-ちなみに「Greed」は"名探偵コナン"のオープニング・テーマに抜擢され、今までリーチできていなかった人たちにもKOMの存在が知れわたったのではないでしょうか?

w-shun:実家に帰ったときに近所のかたが"聴いたよ!"っておかんが言ってました(笑)。家族が1番喜んでましたね(笑)。

-ジャンルは違いますが、GALNERYUSのSyuさんもタイアップで地上波で流れてからの親戚や近所のかたからの反応が凄かったおっしゃってました。

w-shun:姪っ子がいるんですけど、"名探偵コナン"を見て気に入ってくれたみたいです。そうやって子供にもロックが受け入れられるんだなって、可能性をすごく感じましたね。

-英才教育で今から刷り込んでおけば10数年後楽しみですね(笑)。

話は変わりますが、『Greed』リリース以降はライヴの本数を絞っていましたよね。シングル2本をリリースしたあとだけにもっとライヴがしたいと少し欲求不満だったんじゃないですか?

w-shun:夏はレコーディングがメインで、頭がそっちの方に向いてたからあんまり気にならなかったですね。去年の夏は多かったよね?

dEnkA:去年はフェスが多かったね。

w-shun:去年の夏もレコーディング真っ最中で、ヒィヒィ言いながらライヴやってたんですけど、今年はレコーディングとライヴのバランスが取れていて、モードを切り替えながらやれたので良かったですね。もちろんライヴしたいって欲はありましたけど、作ってるものを最高のものにするためにしっかりと腰をすえて取り組みましたね。

dEnkA:ひとつひとつに集中して取り組むということが、去年以上にしっかりできていたと思いますね。

-9月に入ってからは同じ神戸出身のFear, and Loathing in Las Vegasと柏PALOOZA、横浜Lizardで対バンしてますよね?

w-shun:酸欠でえげつなかったですね。"もう限界......"って顔して扉を開けて出て行く子たちが見えました(笑)。でも、彼らの凄さをまた肌で感じれたし、酸素っていいなって思いました(笑)。

-同じ神戸のバンド同士が関東で対バンとは感慨深かったんじゃないですか?

w-shun:そうですね。あれ何年だっけ横浜Lizard?

ナオミチ:Lizardは2010年ぐらいかな? そのときもラスベガスのツアーで、NEW BREEDとかもいて。

w-shun:お客さんトータル何人だったっけ?

ナオミチ:70人ぐらい。

w-shun:そこから何年か経って、あんな地獄絵図みたいな感じだったから(笑)。すごいな、僕らも負けてられへんなぁって思いました。

-同じ神戸出身ですけど、近いところでやっていた印象は意外とないですよね?

w-shun:う~ん、どうなんでしょうね?

ナオミチ:ラスベガスが大きくなる前には、僕らがイベント呼んだりとか、呼んでもらったりとかはありましたね。

dEnkA:神戸でやるっていうときは一緒になることは多かったね。

w-shun:そのときに1回SiMともやってるよね。

亜太:ウチらとCrossfaith、SiM、ラスベガスもいて、神戸VARIT.がソールドしてなかったもんね(笑)。

w-shun:俺らのイベントのときも、ラスベガス、SiM、RUNNERS-Hiで120人とか(笑)。

-今じゃ考えられない話ですよね(笑)。さて本題に入りますが、夏の2枚に続きリリースするシングル『How long?』、たっぷり聴かせていただきました。まずはリード・トラックの「How long?」ですが非常にパンチのある攻め曲で驚きました。

w-shun:単純にやりたかったことをやりました。実は夏にシングルを出す際に最初はこれをカップリングに入れようとしてたんです。でもカップリングに入れるにはもったいない出来だねって話から、その段階でまだ秋以降のリリースの話が決まってなかったんで、秋にこれを出そうって話になりました。夏に2枚アッパーで元気のある曲を出して秋にもう1枚出すことになったとき、"え? これかい!?"って反応がある曲の方が面白いかなと思って。