MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

キバオブアキバ

2014.11.04UPDATE

2014年11月号掲載

キバオブアキバ

メンバー:ふとし (Vo) みつる (Ba)

インタビュアー:米沢 彰

-1stフル・アルバム『YENIOL』のリリースおめでとうございます。まだフル・アルバム出てなかったっけ? という気もしましたが、初のアルバムをリリースする感想を教えてください。

ふとし:アルバムって単純に"曲がいっぱい入ったCD"というだけなので、アルバムを出すこと自体にはあまり思い入れはありませんが、これをきっかけに既存曲の再録や多様な曲へのチャレンジができたので"アルバム、いいじゃん"と思いました。

-タイトルを見たときにまさか、とは思いましたが、やっぱり"イエニオル"って読むんですよね? このタイトルは誰が言い出しちゃったんですか?

ふとし:WATEGOWATH。

-既発曲6曲に新曲5曲ですが、既発曲も完全に録り直してますよね? 今作でのアレンジはどのようにして作っていったのですか? ライヴで演る中でフィードバックもあったりしましたか?

みつる:そうですね。ベースとギターは基本的に撮り直してます。でも、実は細かいアレンジってほとんど変えてないんですよ。恐らくアレンジが変わったんじゃないかと思わせるほど音の解像度が上がったということだと思います。ライヴで演る中でのフィードバックというのはあまりないですが、自分たちがライヴをこなせばこなすほどライヴ・バンドじゃないなって実感したので、音源ぐらいは頑張ろうって思って『YENIOL』を作りました(笑)。

-改めて録り直すのは新曲を録るのとはまた違う大変なところもあったと思いますが、実際やってみていかがでしたか?

みつる:大変でした。再録って大抵賛否が分かれると思うんですよ。絶対みんな"前の方が勢いがあって良かった"とか言うじゃないですか? でも、そう言わせないために原曲を活かしつつ説得力のある音を目指してってな感じでいろいろと試行錯誤しました。あとは、前のレコーディングのときの音源を聴いて"こんなことしてたっけ!?"っていう発見がたくさんありました(笑)。

-そもそもどういった意図で再録しようとしたのですか?

みつる:当初は今回収録されている新曲のみのミニアルバムを出す予定で曲作りをしていたんですが、どういうわけかフル・アルバムを作る流れになって。そしたら、新曲のみでアルバム作るには曲足りねえし間に合わねえ。昔の曲入れよう!って(笑)。でも、ぶっちゃけこれまでの音源の音には納得ができていなかったので、どうせもう一度過去の曲を発表するなら自分たちが納得する形でもう一度発表したいなという思いがあったので再録することを決めました。

-新曲では最初にでてくるTrack.2「はかせをめざせ」ですが、これは誰かの実体験ですか? キーボードと併せて蘭学を担当している青木昆陽さんを勝手にイメージしてましたが。

ふとし:たしかに昆陽先生は語学堪能でむっつりでガチ留学もしていますが「はかせをめざせ」に関しては僕の実体験というかルーツを歌った曲です。

-図鑑のくだりを始め歌詞も強烈ですが、歌詞はどなたが書かれたのですか?

ふとし:SESSYA-DEATH。

-サビがキャッチー過ぎてそっちに印象が持っていかれますが、Track.2「はかせをめざせ」メロデス~メタルコア的なサウンドのツボをかなり押さえていて、メタルが好きなんだなと強く感じられました。曲作りで意識したことや目指してたサウンドは具体的にありますか?

みつる:ありがとうございます。この曲に関しては具体的に目指していたサウンドは特にないのですが、"キャッチーで歌えるリフ"を意識してます。とにかく口ずさんでほしいです。

-この曲のギター・リフだったり途中のビートなどの展開は主にどなたが作っているのですか? 

みつる:基本はギター・リフも展開も僕がほとんど作っています。あとは、ところどころスタジオで意見を出し合って展開を変えたり、ふとしが口ずさんだリフをギターで弾き直したのを追加してみたりって感じです。全体を通して歌に合わせて展開やリフを作り直すことが多いですね。

-対照的にTrack.7「Firewall」は基本がモダンなハードコア調で今のラウド・シーンのポイントがしっかり抑えられてるのがすごく面白く感じました。結構細かく作りこまれていますよね? 

みつる:ありがとうございます。そうですね。なんだかんだ1年ぐらい温めていた曲だったので、レコーディングするまでにかなり展開なども変わりました。

-この曲はどのようにしてできたのでしょうか? ISSUESを髣髴とさせるような音楽的なセンスをかなり感じます。

みつる:まず発端はチューニングを下げて曲を作ってみようっていうチャレンジ的なノリでした。今までドロップCチューニングだったのを、ドロップA#というチューニングに変えて曲作りをしてみたらこんな曲になりました。リフはKORNなどのヘヴィ・ロック的な影響が強く出てると思います。ISSUESも含め最近のこのシーンのバンドはヘヴィ・ロック、モダン・ヘヴィネスの影響がかなり強いと思うので、そういう意味では僕たちも結構近いものからインスパイアされているのかなと思ったりもします。