MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

IN THIS MOMENT

2014.11.14UPDATE

2014年11月号掲載

IN THIS MOMENT

メンバー:Chris Howorth (Gt)

インタビュアー:米沢 彰

-『Black Widow』の完成おめでとうございます。かなりダークな作品ですが、この世界観に到達したのも前作までの流れから考えると自然かなと個人的には思いました。制作前に"こんな作品にしよう"という明確な方向性を確認し合ったりしたのでしょうか?

そんなに多くは話し合わなかったけど、コンセプトにまつわるゆるいガイドラインは作ったな。コンセプトは、Maria(Vo)が自分のダークな面を探求するというものなんだ。恐れとかを、歌詞的な面でね。それからサウンド的には、前作『Blood』と同じものを作らないにしても、クオリティは同じにしたいと考えた。あまりその路線からクレイジーな転換をしないで、つかず離れずな感じで。『Blood』を気に入ってくれた人なら『Black Widow』もきっと気に入ってくれると思うよ。

-リリースを重ねるごとに世界観の深さと広がりが増してきて、今作は最大限に世界観が深まった作品になっているように感じました。ご自身では作品の"世界観の表れ"についてどのように考えていますか?

今回は色んなものが表れていると思う。とてもシリアスな題材からひたすら楽しい曲まで。どれもダークな雰囲気はあるけど、例えば嫌なことを題材にしたとしても、必ずポジティヴなひねりは入れるようにしているんだ。ダークなものでも、トンネルの先には光が差しているって感じかな。

-ただのダークに終わらず、それを超えた何かがあるってことですね。前作のリリース時にはメンバー・チェンジが完了していましたが、制作にはタッチしていなかったと聞いています。今作が新メンバーでの本格的なアルバムと考えて良いですか?

そうだね。ただ、今回は『Blood』に似たアプローチで曲を書いたわけだけど、全く新しいメンバーで作ったわけではないんだ。今回もMariaとプロデューサーのKevin Churkoと俺が一緒に曲を書いて、それからプロセスの終盤に向けて他のメンバーにも参加してもらって、彼らのフレーバーを足してもらった。だから雰囲気は違うけど、曲作りへのアプローチという意味では、『Blood』に似ているアルバムだと思う。『Blood』の場合はあまり曲としてまとまっていない状態でスタジオ入りしたんだ。俺がギター・リフ、Mariaが歌詞のアイディアを頭の中で温めていたり、Kevinがメロディのアイディアを考えていたりと、まだ形になっていなかったんだ。その中から気に入ったものをピックアップして曲作りを始めた。1曲ずつ取り組んでね。『Black Widow』も同じような感じで、スタジオ入りした時点ではまだあまり書き溜まってなくて、その場で書いたものが多かった。俺たちはそういう感じにマジックをとらえるんだ。前回掴みきれなかったマジックを今回はとらえたいと思ったから、プロセスも同じにしたんだ。

-できたての雰囲気をその場でとらえて曲にするような感じですね。

その通りだね。

-そのKevinとは4枚目の制作で6年以上のパートナーシップになりますが、もう6人目のメンバーみたいな感覚だったりはしないですか?

ホントそうだよね。『Blood』を彼とやったときは、Mariaと俺だけになってしまっていたんだけど、Kevinは最大のサポーターだったね。いつもすぐ傍にいてくれて"心配するな、他のメンバーがいなくても大丈夫だ、俺たちだけでやれる"って感じに、本当にポジティヴだったんだ。Kevinは俺たちと同じ目線に立って、このバンドはまだ終わりじゃない、まだまだやれるってことを証明しようとしてくれた。『Black Widow』までの過程も全部一緒に通ってくれたよ。Atlantic Recordsと契約するときもそうだった。だから『Black Widow』では彼も同じプレッシャーを感じていたんだ。もっといいものを作らないといけないってね。アルバムができあがって、レーベルに聴かせるときも一緒に行ってくれたよ。

-パートナーであり、プロデューサーであり、6人目のメンバーであり、時にはマネージャーみたいな存在でもあるんですね。

そして、最高の友人の1人でもあり、アドバイザーでもある。彼には何でも話すんだ。マネージャーではないけど、アドバイスをもらったり、どの曲をシングルにしようか一緒に考えたりしてくれているよ。

-完璧ですね。それほど関わっていながらも第三者的視点も持っているでしょうしね。

まさにそうだよ。Mariaと俺は彼を信頼しているんだ。俺たちの考えが合わないときは、まずはKevinに電話して意見を訊くくらいだよ。時には決断を仰ぐこともある。

-『Black Widow』というタイトルはクモの名称でもあり、戦闘機のペット・ネームとして使われたこともある、かなり意味やストーリーを感じさせる名称ですが、タイトルに込められた意味やストーリーを教えて頂けますでしょうか?

クモの"Black Widow"はメスがオスを誘い込んで、最後は食べてしまうんだ。大抵は殺してから食べるらしい。Mariaのパワフルな雰囲気や、客を自分の世界に引き込む力に似ているところがあるよね。まぁ彼女の視点だといろいろ違う意味合いがあるだろうけど、バンドのイメージとしてはパワフルでいいなと思ったんだ。『Blood』からの進化として考えてもね。