MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2014.08.18UPDATE

2014年08月号掲載

ROACH

メンバー:taama (Vo) くぼっち (Gt) 勝也 (Ba) Daisuke (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-まず前作『GET MORE!!』レコ発ツアーから振り返ってもらえますか?

Daisuke:いつだっけ?年中ツアーしてるからわからない(笑)。

taama:いいツアーだったんじゃないですかね。ぶっちゃけ、あまり覚えてないんですよ、半年以上前だから。でもいろいろ試したツアーだった気がします。セットリストもああしよう、こうしようって。

くぼっち:前より一体感は増したと思う。あと、単純にセットリストも組み方を考えて、今まで通りオリャー!って行く感情も大事だけど、そこだけじゃなくて、曲の振れ幅で見せたりとか、それは初じゃないかな。勉強になりましたね。やっぱりバラードを間に入れたから......。

Daisuke:そうだそうだ!聴かせる曲を入れたりして、いろいろ試したから。対バンもあまりバラードはやらないし、面白いんじゃないかと思って。その後に「HIGH FIVE!!」をやると、盛り上がり方がまた違うし、新しい反応が見れました。

-『GET MORE!!』の曲をセットリストに入れることで変わったと?

taama:というより、マンパワーで貫き通すことに一旦限界を感じて、曲の機能性に目を向けなきゃいけないと思った時期だったんですよ。結局マンパワーに戻って来てるけど(笑)、流れをどう作ればいいのか、どうやったらもっと伝わるのか、何も知らないでマンパワーを使うのと、知っててマンパワーを使うのでは全然違うから。ライヴの組み方を学んだツアーでしたね。

-バンド的に得るものは大きかった?

taama:自分たちの走り方が『GET MORE!!』のツアーが終わってから、わかってきた気がする。

くぼっち:セットリストの組み方を考えてなかった頃と比べたら、全然違いますね。こうしたら、こういう反応が来るんだって、緩急を付けるようになった。それをわかった上でやると、ライヴのときの気持ちも違いますね。

taama:もっと音でお客さんと会話できてる気がする。前はぶつけてぶつけて、ついてくる奴にさらにぶつける感じだったから。

-ははは、確かに。

taama:今はちゃんとキャッチボールできてる気がします。

-なぜそれができるようになったんでしょう?

taama:1度ぶつけるのは止めようとしたのかな。音を垂れ流していないと不安なバンドだけど、音を止めたときに、お客さんは何をしてるんだろと考えるようになった。主張するよりも、1度受け止めなきゃいけないなと。

-それは大きな変化じゃないですか。

taama:そうですね。自分たちはこうじゃなきゃいけない、みたなものがなくなった気がする。毎回言ってるかもしれないけど、リスタートみたいな気持ちはありますね。今回昔の曲(「CALL ME LAZY」)を入れたことも大きいし、『GET MORE!!』は自分たちにないものをやってみようという感じだったけど。今は引き出しにあるものしかないんだから、この武器を磨くしかないじゃんって。

Daisuke:俺、今年の3月にケガして、2ヶ月くらいバンドはサポートを入れてライヴをやってたんですよ。そこで生まれて初めて自分のバンドを外から見る機会があって、こうした方が流れがいいとか、第3者的に見れたし、それで良くなった気がする。

taama:1人ずつ定期的にケガした方がいいね?

-それはダメでしょ(笑)。バンドがよりお客さんやフロアを向くようになったんですね。では、今作はどんな気持ちで臨みました?

くぼっち:「CALL ME LAZY」が昔の曲なので、いい意味で振り返ることができました。昔の曲をやることで自分たちの良さはこういうところなんだって、再確認できたんですよ。ライヴや音源もこのバンドは"進化"ではなくて"深化"だなと。taamaも言ってたけど、毎回初心に戻れてる感じがするから。でもやってることはブレてないと思います。

-今回はどの辺に深化を感じます?

くぼっち:「CALL ME LAZY」は昔の曲だけど、ほかの2曲は『GET MORE!!』のリリースで経験したものを曲に反映できたと思います。ライヴを意識したので。

taama:キャッチーだけど、ポップにならずにすんだというか。『GET MORE!!』は俺の中でポップに寄りすぎた感じがあったし。もう少しヘヴィな感じにしたかったけど、そうならなくて。今回「CALL ME LAZY」以外の2曲は、そのバランスがうまく取れてるなと。

-ええ、ROACHらしいヘヴィさとメロディアスな要素をきちんと1曲に落とし込めてる印象です。

Daisuke:『GET MORE!!』はライヴ感というより、一体感を求めてましたからね。沖縄ってお客さんのノリも自由で、例えばこっちはスカだったら、スカダンスしたり、みんなでサークルモッシュしたり......。 taama:沖縄はバラードでもダイブするからね(笑)。

Daisuke:そう、ノリがむちゃくちゃなんですよ。で、こっちにツアーで来て、初めてそういうノリ方があるんだって、知ったんですよ。

taama:むしろ最初の頃は一体感があるノリに違和感を感じて。えっ、ロックでしょ?って。無駄な反発心がありましたね(笑)。