MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

a crowd of rebellion

2014.07.09UPDATE

2014年07月号掲載

a crowd of rebellion

メンバー:宮田 大作 (Vo) 小林 亮輔 (Gt/Vo) 丸山 漠 (Gt) 高井 佑典 (Ba) 近藤 岳 (Dr)

インタビュアー:小林 詩央里

-GEKIROCK TOUR Vol.10へのご出演ありがとうございました!過去3回出ていただいてますが、観るたびにファンの熱気が増しているように感じます。ご自身たちで感じられる点はありますか?

小林:ダイバーが恐くなりました(笑)。

宮田:俺が飛べ!って煽るんですけど、実際に上がってこられると"ヒィ!"ってなりますね(笑)。

小林:マイクとかにぶつかりそうになってしまうんですよ。でも前回の激(GEKIROCK TOUR)のときはセキュリティの方がめちゃめちゃ守ってくださったので、すごく歌いやすかったです。

高井:回を重ねるごとに、だんだん後ろのほうまで届いているような気はしています。

宮田:そうかな? そんなことないよ。

高井:え?......じゃあ俺の間違いだわ(笑)。

宮田:もっと頑張んないとダメですね。

-まだまだ満足はしないぞということで。

宮田:まだまだっす。

-わかりました。今までは自主で活動してきたところから、今作から事務所がついたことで心境の変化はありますか?

宮田:大人たちが頑張ってくれてるので恩返ししたい、俺たちがいい夢見させてあげたいという気持ちです。

高井:エッチな店にも連れていってもらわないとね。

宮田:そう!(マネージャーと)約束したんで。

高井:5桁のところにってね。

宮田:それが目標ですから。それだけのために頑張ります。

-(笑)皆さんのいろんな活動を見たいファンとしては、夢はもっと大きく持ってほしいでしょうけど(笑)。

宮田:じゃあ100万円代のところに連れてってもらいます!......あるのかな?

マネージャー:ないと思うよ。

一同:(笑)

-新作のお話の前に前作のことから伺わせてください。前作ミニ・アルバム『Zygomycota』は、ジャンルの殻を打ち破るような挑戦作だったと思いますが、リリース後のファンの反応はいかがでしたか?

宮田:やっぱり、なんだろうな、ファン層が......すごく若くなりました。前々作『Hydrangea』のころにはあまりいなかった"キッズ"が、『Zygomycota』を出してからは増えてきたかな。それでダイバーとかも増えて。それまではメタルコアとかそういうジャンルのバンドとしか一緒にやってこなかったのが、THREE LIGHTS DOWN KINGSとかANGRY FROG REBIRTHとかキャッチーなバンドと一緒にやらしてもらうようになって、お客さんが一回り広がったかな、という感じは受けています。

小林:正直、来なくなったお客さんもたくさんいます。

高井:それはしょうがないよね。

宮田:音楽性もかなり変えたんですよ。ガチガチのメタルコア、スクリーモから『Zygomycota』でレンジを広げたので、エモーショナルなのが好きな人にとっては"変わっちゃったな"って思われるような作品だったんでしょうね。

小林:実際、『Zygomycota』が1枚目って思われたこともたくさんありましたし。

高井:俺たちも"こんなに振り幅広げて大丈夫か?"って悩むくらいの作品だったんですよね。結果的に評価はしてもらったんですけど、出す前はすげー不安でした。

-なるほど、よくわかりました。改めまして『Calendula』完成おめでとうございます。トレーラー映像を600RTで公開という企画をしていましたが、かなり反応が良くすぐに公開となりましたね。

小林:完全に追いついてなかったよね。

宮田:1時間以内でいっちゃったんで"1000(RT)にすればよかった!"ってなりました。そのあとMAKE MY DAYが1000やってたんで"チクショー!"って(笑)。

-嬉しい悲鳴でしたね。トレーラーをアップした時に、新作への反応も見えたかと思いますがいかがでしたか?

丸山:再生回数も思った以上に伸びたし、本当にたくさんの反応をいただけて嬉しい限りです。

小林:今作は僕たちも"かっこいい!"っていう自信はあったんですよ。さっきも言いましたが本当に振り幅が広がって、僕個人としても歌詞が日本語になっていたりとか、さらにキャッチーになったり、いろんなことを試したのですごく不安だったんですけど、"いいね!"っていう声をたくさんもらえたので、このままの勢いでいければと思ってます。