MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MAKE MY DAY

2014.06.17UPDATE

2014年06月号掲載

MAKE MY DAY

メンバー:Julian (Gt/Vo) U-ske (Ba) Nori (Dr) Isam (Vo)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-前回はMAKE MY DAYの軌跡をJulian君に語ってもらった単独インタビューでしたが、今回はメンバー全員でのインタビューとなります。よろしくお願いします。まずは1stアルバム『Relentless』完成おめでとう。

全員:ありがとうございます!

-今の気持ちをぜひ皆さん教えていただきたいのですが。

Julian(以下J):めっちゃ嬉しいですね。これがリリース後にどういうリアクションを得るか不安ではありますが。

U-ske(以下U):俺は楽しみでしかないですね。

Nori(以下N):僕とJulianはASHLEY SCARED THE SKY時代を含めて、やっと初めてフル・アルバムを出せるということで、もう感無量です(笑)。

Isam(以下I):まあ、お互いのバンドがいろいろあったけど、最終的にこうやってアルバムを作れたっていうのは俺のなかでもすごい大きな一歩です。嬉しいし、僕のシャウトが全国に行き渡るのは嬉しいですね。

-紆余曲折があったからこそ1stフル・アルバムというものは余計感慨深いのではないかと。

J:本当感慨深いですね。ただ、今まではシングルを出したときのリアクションしか経験してないんで、アルバムを出すことによってのリアクションがどれくらいの感じでくるのかっていうのが、楽しみであり、不安でもあります。

-レコーディングは飛び石で行っていったのでしょうか?それとも期間を決めてまとめて行ったんですか?

J:数日空いたりはしましたけど、1ヶ月の間でっていう意味ではまとめてやってましたね。

-シングルの2曲とアルバムの11曲じゃ全然ボリュームも違うから、まだ終わらないのってなりますよね。

J:はい、大変でした。アルバムを制作するのはこんなに大変なのかと実感しました(笑)。自分を褒めているわけではないですけど、内容以前にアルバムを作ること自体が、1つの才能がないとできないなって思っちゃいました。

他メンバー:(拍手)

J:それくらいエネルギーいることだなって思いました。

-なかでもヴォーカル2人は体調管理も大変だよね。

J:はい。しかも制作の合間にライヴもあったりして。シャウトは喉を使うし、それでちょっとスケジューリングを変えたりもしました。

-声の様子がよくないという日もありましたか?

J:そうですね。だから、今日は先にこっちの曲をやろうだとか。

I:むしろライヴとか全部含めていい日のほうが少ないですね。

J:そうなの(笑)?

I:少なくない?歌はわからないけど、シャウトって本当機械的なものだし。普通のエモーショナルなシャウトをするだけのヴォーカルに比べたら、機械のホコリ1つ1つ綺麗に掃除するかのように気を遣わないと、ちょっとでも喉を保てていないとローが出なくなったりシャウトが微妙なものになるので、本当に完璧な状態をキープするのは難しいです。今は飯とかいろいろと気を遣ってますね。

-アルバムに一貫したコンセプトやテーマがあったら教えてください。

J:アルバムに縛りを与えるようなテーマはないんですけど、強いて言うなら、一辺倒にならないようにというテーマを自分の中に設けましたね。ずっと同じようなBPMで同じようなブレイクダウンばかりじゃなくて。1曲だけ同じBPMがあるんですけど、今回他の曲は全部BPMが違うんですよ。あとはキーを変えて、曲に変化を持たせたり、普通の4拍子の曲じゃなくて3拍子の曲を作ったりとか。デスコアみたいな曲やバラードみたいな曲もあったりとか。今、この狭いジャンルの中で考えられる振り幅をなるべく持たせたいなって思いましたね。だから一応ラウド・アルバムって書かれ方をしてますけど、ロック・アルバムなのかなって。

-そういった振り幅を持たせることができたのはシングルやEPではなくてアルバムだからこそっていうのはあったかな?

J:そうですね。やっぱりシングルやEPってバラバラにするとなんのこっちゃ分からないってなるじゃないですか。どんなバンドなのって。でもアルバムだからこそできる振り幅と表現方法を意識しましたね。

-アルバムありきで楽曲も制作された感じですか?

J:そうですね。

-前回のインタビューで、1、2曲はASTS時代の曲もあったりだとか。

J:Track.3「What Are You Fighting For」とTrack.9「Once」ですね。ただASTS時代にやっていたわけではなくて、アルバム用に制作して僕のパソコンに入れていたというだけです。

N:全部がそのまんまっていうわけじゃない。

J:そう。それもMAKY MY DAYになってまた煮詰め直しました。