MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SECRET 7 LINE

2014.03.11UPDATE

2014年03月号掲載

SECRET 7 LINE

メンバー:TAKESHI (Dr/Vo) SHINJI (Ba/Vo) RYO (Gt/Vo)

インタビュアー:沖 さやこ

-5thアルバム『LIVE HARDER』は1年9ヶ月ぶりのニュー・アルバムですが、この期間はバンドにとってどんな時期でしたか?

RYO:ライヴをとにかくやってました。去年は100本近くやっていて、ライヴをやりながら音源の制作をしてたから、制作期間も長かったんです。もともとはリリースのタイミングを決める前にレコーディングをしていたんで、1年9ヶ月あいてるんですけど、その間で時期をわけて、ライヴと並行してずーっとレコーディングを行っていたんで。だから例年よりも長い制作期間で作ったという感じでしたね。今作では次のステップに進みたいし、とにかく満足のいく、絶対にこれで次に行けるぞと思えるアルバムを作りたかったんで、いいものができたところで出そうというスタイルだったんですよね。

-そういうスタイルで制作をことはあったのでしょうか?

RYO:制作期間としてはいちばん長かったと思います。いままでが短かったというわけではないんですけど。

TAKESHI:それまではリリースの日が決まってて、それに向けてレコーディングしていたんですけど。今回みたいに長い期間あると曲もたくさん作れて、そこからよりいいものを厳選してアルバムに入れることができるから。

SHINJI:こういう作りかたをしたのは良かったですね。余裕があったから、1回録ったものも聴き直してみて"こういうのが欲しいな"と思ったらまた曲を作って入れたりすることもできたんで。

RYO:以前までなら後で録りたくても間に合わなかったりしてたことが、今回はプラスアルファで録りたいものがぎりぎりでも間に合って録れました。でも(そういう作りかただと)録ってからリリースまでが相当あくんで、最初はその感じを経験したことがなかったから不安はあったんです。でも実際やってみると、そうでもなくて。良かったですね。

-昨年CLUB CITTA' KAWASAKIで2デイズ開催されたTHICK FESTIVAL 2013は両日ソールド・アウトとなりました。

RYO:開催日前は大変でしたけど、2日間はイベント自体を自分たちも楽しみつつ、すごくいい形で終われました。

SHINJI:とにかく楽しい2日間でした。出てくれてるバンドは自分たちで呼んだ自分たちの好きな人たちだから、バンドに絶対に楽しんでもらいたいなと思って、裏のケータリングとか、ビールとかの銘柄も自分たちで選んで自分たちで買って。ビールが少なくなったらクーラー・ボックスに足したり。バンドをもてなすためにバタバタしてました。

-へえ!そんなことまでご自分たちでなさるんですか。

SHINJI:やってましたね(笑)。

TAKESHI:UZUMAKIの楽屋にテキーラ置いたりしました(笑)。

-(笑)これだけのバンドを集められるのは人望だと思います。

RYO:嬉しいですね。先輩から後輩まで、いろんなバンドが出てくれたし。今年のTHICK FESTIVALにもいろんな人が出てくれるんで。去年もお客さんから良かったという意見をたくさんもらったんで、去年足りなかった部分を詰めていこうと思ってます。

TAKESHI:1回目の2012年があって、2回目の去年が2デイズになって。それがひとつの基準値というか。去年で"シクフェス(THICK FESTIVAL)ってこういう感じだね"というのがまとまったというか。

RYO:お客さんは当然ですけど、出演者も楽しめるようにもっとしたいですね。

SHINJI:やる前は不安要素もあったんですよ。ステージをふたつ作ることによって、キャパをどれくらいにするかとか、出口がひとつ塞がれちゃうから通り道がひとつしかなくなる。そういうことでお客さんがしんどくないかな、という不安はあったんですけど、やってみたら意外と全然平気で。だから今年も去年より更に楽しくしていきたいですね。

TAKESHI:......ビール足りたんだっけ?

SHINJI:ビールは足りんかった。けど(UZUMAKIに)テキーラは要らんかった(笑)。

-(笑)すごく楽しそうですね。

TAKESHI:ただ、僕らが主催だから飲めないんですよ......。

RYO:終わってからは結構ぐったりしちゃってるしね。2日目終わるまでは気は抜けないです(笑)。