MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

COURAGE MY LOVE

2014.03.12UPDATE

2014年03月号掲載

COURAGE MY LOVE

メンバー:Mercedes Arn-Horn (Vo/Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-2012 年7 月にはEP『For Now』にボーナス・トラックを追加した特別盤で日本デビューし、同年11 月にはカナダ大使館が主催するショーケース・イベント"CANADIAN BLAST"出演のため初来日公演を果たしていますが、日本での思い出や印象に残ったことがありましたら教えてください。

日本行きは今のところ私たちのキャリアの中でも最高の思い出の1つよ。日本に行ったのは初めてだったし、何もかもが夢みたいだったわ。飛行機から降りて、タクシーに乗って東京に行って、渋谷に行ったら街の灯りがすごくて......。映画や雑誌や本で見たクレイジーな風景が目の前にあるんだもの!まったく夢のようだったわ。日本のファンに会えたのも嬉しかったわ。どんな感じになるか見当が付かなかったけど、会場の入り待ちをしてくれている人もいて、すごく嬉しかったの。しかもレスポンスも素晴らしかったのよ!絶対に忘れないわ。1曲目でマイクを観客に向かって突き出したの。突き出した後で"しまった、みんなちゃんと歌ってくれるかしら"と思ったけど、みんな......500人くらいいたと思うけど、私たちの歌詞を歌い返してくれたの!初めての日本で、しかも英語の歌詞なのに、日本語の使われている国で!魔法みたいだったわ。涙が出ちゃった。あれは最高の思い出だったわ。日本でびっくりしたのは、案外英語が通じることと、みんなすごく親切なこと。私たちみたいにカナダから来たような子は東京ではすぐ迷子になっちゃうんだけど......実際何回か迷子になっちゃったんだけど、私たちが困っているのを見ると、みんな一緒に歩いてくれたのよ。夜道に迷ったときは、男の子が10ブロックも一緒に歩いて、地下鉄の駅まで連れて行ってくれたの。自分の行くのと正反対の方向だったのに。おもてなしの心も、人を助ける心も素晴らしい人たちよね。ファンたちの素晴らしさにも圧倒されたわ。

-前回のインタビュー時に日本の文化に関しての全てが大好きで特に日本のアートと寿司が好きとおっしゃっていましたが、日本のアートに触れたり本場の寿司食べることはできましたか?

もちろんよ!あの時は10日間日本にいたから、結構いろいろ見て回ることができたの。1番気に入ったのは、ホテルのすぐ近くにあった神社。実際にお参りにも行ったのよ。平和な空間を体験できて、美しい像や旗(のぼり?)を見ることができたわ。お祈りの声も聞こえて、すごく素敵な体験だったの。あまりに気に入ったから、滞在中はほぼ毎朝通っちゃった。

-祝詞を聞くことはそうしょっちゅうはないですから、ラッキーでしたね。きっといいことがありますよ。

そうなるといいな(笑)。それから、コンベアに乗ってやってくるお寿司(回転寿司)も初めて食べたのよ!トロントにはああいうのはないの。あったとしてもとっても珍しいと思うわ。あれを体験できたのもクールだったわね。あと、新宿......じゃなかった、原宿にも行ったの。そこではクレイジーなものをたくさん見たわ(笑)。あれも楽しかった!

-今作『Becoming』の日本でのリリース決定おめでとうございます。前作に続いて日本でのリリースとなりましたが日本でリリースされることに対してのコメントをお願いします。

もう、心から楽しみにしているのよ。北米ではEPしかリリースしたことがないからね。いつも必要な数よりずっとたくさんの曲を作るんだけど、その中から曲を選びぬくのは本当に大変なの。日本盤はフルレングスだから、大好きなのにリリースできなかった曲も入れることができるのが嬉しいのよね。日本のファンにはスペシャルなことをしてあげたいと思うから、やっと聴いてもらえるのが嬉しいし、みんなにも私たちと同じくらい曲を気に入ってもらえたらいいなと思ってるの。

-今作『Becoming』は去年6 月に欧米ではリリースされていますが、ファンやメディアからの評価、評判はいかがですか?

すごく良かったのよ。とても嬉しかったわ。というのも、ファンの反応の予測がまったく付かなかったの。スタイルもサウンドも『For Now』とは全然違うから。もちろん私たちのサウンドであることは変わらないけど、この2枚の間に私たちもたくさん進化できたと思うから。今度はベーシストも変わったし、Phoenix(Arn-Horn)と私も新しい経験をいろいろしたしね。曲の書き方も、構造も変わったのよ。だからリリースした当初はどんな風に受け止められるか予測がつかなかったんだけど、すごく力強い反応をもらったわ!みんな、歌詞に前よりも強い親しみを感じてくれているみたい。おかげでWarped Tourにも出られたし、初めてツアーでヘッドライナーを務めることもできたの。メディアもみんな好意的で、すごく誇りに思っているわ。